製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/12/13 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
12/13:全国バスコレクション 仙台市交通局・京福バスを追加
12/13:千葉内陸バス TOMIXデザインバスを追加
11/11:西武バス MP38オリジナル仕様(A品番)他を追記
11/11:JRバス発足30周年記念各種セットを追加
11/11:中鉄バス新旧カラー2台セットを追加
11/25:バスコレパーツ構成一覧表更新
11/07:バスコレパーツ構成一覧表更新
11/06:バスコレパーツ構成一覧表更新
10/25:バスコレパーツ構成一覧表更新
10/15:バスコレパーツ構成一覧表更新

2010/04/28  都営エアロスター車体完成~^^ (加工箇所など)

左:MBECS3 右:CNG

どうも~
先日に引き続き、エアロスター4台を塗装前完成状態まで工作してみました。 なんだかんだ言いながらやっぱり好きな三菱車、結局いろいろ手を入れてしまいました。 今日はグダグダと細かい事を書いてますが、あくまで一例ですのでその点はご理解下さい。 ちょい画像多目+無駄に長いです(w

コンデンサ一体のゴツいクーラーが乗るCNG車のカッコ良さと言ったら… 暫しニンマリ^^

こんな情報も・・・(ニヤリ



=車体の加工=

加工箇所:左側面

基本的には短尺化した上で、各所の蓋やパネルラインなどの修正を施しています。
短尺化の際に詰める位置は、屋根はクーラーが載る範囲に(屋根肩だけ仕上げれば良くなる)、左側面は中扉前中ほどに走るパネルラインを無くすように詰めます。

・中扉前の蓋を埋める → 都市新バス仕様
・中扉前の蓋を埋めて蓋を移設(移植) → MBECS3・CNG
・アドブルー注入口を埋め、パネルラインを新設(両工程を兼ねてパネルラインを移植) → 全車
・後輪後ろに蓋を移植 → 都市新バス仕様

MBECS3仕様でD代車にする場合は後輪直後の縦に走るパネルラインを埋めるとより実車に近くなります。(C代車はそのまま) また、都市新バス仕様もパネルラインはありません。画像編集中に気付きました^^;

加工箇所:右側面

こちらは製品のPKG-仕様から初期の頃の仕様に修正する事が主たる工作です。

・エンジングリル下辺の形状を修正 → 全車
・蓋の位置を下げる → 全車
・タイヤ間パネルの製作 → 全車
・窓の寸法調整 → 全車
・後面に手摺を設置 → 全車
・屋根上前頭=角型/後ろ=丸型通風機を乗せる
・クーラーを加工の上換装
・画像青丸部分のリブの凸モールドを最小限まで薄く仕上げ(マスキングの都合・左側面も同様)

*テールランプに関しては塗装後にパーツを取り付ける予定です。

えー、先日やらないと書いた蓋の移設、無視しようと思っておりましたが、他の部分は辻褄合わせているのにぃ~などと誰かに囁かれまして、結局ここも弄ってしまいました。 実車を観察してみると、三菱エンジンを積むKC-~PJ-は基本的にこのようになっているようです。 今回窓を捻出する為に切り取り用の種車は山のように用意出来るですが、それ以前にマンドクサ過ぎ。 富さん、やっぱりKL-辺りでもう一回作ってくれないかなぁ…

で、その窓の話し。 流用前提で考えると関東・神姫・北海道中央のドア間にある窓を4個繋げて使うのが手っ取り早いのですが、現物を作ってはめてみると…残念、若干寸足らずなようです。 もっと大きな窓を種に左右を削って作る?? この方法は数を考えると絶対完成しない予感がするので却下。 そこで禁断の手法?車体側に0.5mmほどのプラ片を接着して調整してみました。 都営バスは非常口周辺が黒に塗装されている事から、視覚的に誤魔化しが効くかも?と期待してみます。

話しついでに、左側面のドア間窓も関東バスの前から2枚でばっちりなんです。
~と言う事は、1台につき都合5台分以上窓を消費すると…( ゚д゚ );

→実際作ってみると寸足らずでした。2枚目は丁度良い窓が無いので加工するしかないようです。


タイヤ間パネル概寸

都営バスしかり、他事業者でもツーステップ車を作る場合は右側面のタイヤ間パネルの造作が異なります。 この図は実際に作ってみて感じたイメージを考慮して一部を弄っています。 主にグリルの間隔をスケールの0.3mmから若干太めの0.4mmにしている点ですが、これは個人的な主観ですので、あくまでスケール通りに作りたい方はこちらを参照下さい。 一部の事業者に見られる広告枠が被るケース(一例)

ちなみに、実際はパンチング打ち抜きですので、デカール等によるマーキングで再現しても良いかも知れません。 私のように実車のイメージよりも製品の仕様と合わせる事を優先~なんて拘りがあるなら別ですけれども…

パネル製作

パネル製作の実際です。
厚さ0.8mm程度のプラ帯材を基材として、その上に各種プラ材で求める形に組み立てて行きます。 接着は流し込み接着剤を使用しますが、しっかり流れていないと(接着されていないと)その後削り作業やマスキングテープ等に持って行かれてしまう可能性もありますし、プラが「ブニュ」っと溶け出すほど流してしまうと形がダレます。 この手のプラ材は柔らかいですので、とにかく接着剤の量に注意して作業します。 また、最初から0.13mm等の薄板を貼って作れば良いじゃん~と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、接着剤を流した途端かなりの確率でヒケる事と、元々薄くそれ以上削って修正出来ない事から、私はこの手のものを作る時にt0.13/0.14mmは使いません。

(1)の状態まで組み立てたらこのままの状態で最低3日放置します。 これは接着剤の溶剤分を*飛ばしてから削らないと後にヒケが出る為で、特にこのような柔らかい材質のものは必ずと言って良いほどヒケますので、ここはぐっと我慢して暫し待ちましょう。 この手の長物+貼り合わせ物の場合、溶剤分が抜けて来ると大抵の場合反って来ますのでそれも目安になります。

3日以上経ったら表面を(私の場合アルミブロックにペーパーを貼り付けたツールで)削りますが、ここでも求める厚みの一歩手前で寸止め、念には念を入れてこの状態で最低2日待ちます。 その後最終的に求める厚さまで削って完成です。

<*厳密に言うと"飛ばす"と言う表現よりも、溶剤による素材の収縮が収まるのを待つと表現した方が適正です>


=屋根上機器パーツ=

屋根上パーツ

こちらは屋根上に乗るパーツ郡。
先ずはクーラー。 当初13弾製品から持って来れば良いと思っておりましたが、先行されている龍山模型さんの記事を見て「なーるほど、そう言えばそうだよねぇ…」~リブの表現まで付いて来る上、屋根Rの違いも殆どないから底面を仕上げなくて良くなるし、、と膝叩き。 早速その手法を採用させて頂きました。

その他、角型ファンカバーはプラ材切削によるもの、丸型通風機は製品のものですが、裏面に厚さ0.13mmの端材を3箇所貼り付けて微妙に車体から浮くようにしています。 コンデンサ付きのクーラー(CNG車に使用)は14弾東京空港交通製品のそれに13弾エアロスターK用クーラーの外気取り入れ口を組み合わせたものです。

クーラーの加工

クーラーの加工法をもうちょっと詳しく。

(1) 種は14弾製品のことでんバス搭載のそれ。 東京空港交通も使う部分は同じ造形です。
   赤線あたりが狙う位置になります。

(2) 先ずは粗切断。 すると断面下部が空洞になってしまいます。

(3) 空洞を隠す為にプラ片を接着。 プラ材の底面を屋根Rに合わせてほんの僅か削ります。

(4) 上面のリブが僅かに残る程度を目安に若干斜めになるよう仕上げます。

(5) 上面/側面に残ったリブを削り取り、エアロスターK用のパーツから外気取り入れ口を切り取って接着。

残った残骸も無駄にはなりません。 6つファンクーラーへの改造は無論、キュービックのコンデンサにも使えそう。
まさかこのクーラーがこれほど使えるとは… 急遽種車を供出して下さったTH-cube様、有難う御座いました^^


あ、、そうそう、クーラーの無いことでん5(東京空港交通1)この処遇をどうするか…
透明窓+アルミホイール取りに如何?なんて。 クーラーと交換してくださる方…居ないよなぁ。。

都市新バス仕様


by blog-MrT | 2010-04-28 07:09 | バスコレ(改造系) | Comments(16)
Commented by 京神模型 at 2010-04-28 23:46 x
こんな情報も...

→えぇ...
あら... もう製品化ですか...
まあたしかに5台セットてきな形で出してきそうではありましたが...
しかも何気に川崎市営が入ってますね。何で急に...

そこは西東京バス入れてほしかったです^^;


何だかこの調子だと、HTリフト車とか呉羽リフトとかも、5台セットで出してくれそうな気がしますね。

それより、16弾発表はまだなんですかね…
16弾でHR (シクレを都営S-1専用車)+ 7Eツーステ、
17弾でブルリノンステ(ノーマルマスク・シティーマスクの2種と、試作車の作り分け。シクレをS-L111燃料電池バス) + エルガワンステ
18弾で、新旧ガーラ、
19弾で、シティーマスクのブルリワンステ + エアロミディー

って感じに来るんではないかと勝手に予想しています…


クーラーの加工、私はそれ以前に、クーラーの形状が違うということ自体に気づいていませんでした…
Commented by かねよし at 2010-04-29 00:56 x
ほう。ようやく最新のノンステが来ましたか。それにしても西工車を8月に発売って・・・偶然なのか意図しているのか・・・
都営のクーラーはサーモキングなようで一安心です(デンソーだったら完全に被ってしまいますからねw)
イラストを見る限りではナンバー位置の他にも、地味に裾形状が作り分けされている予感?
KL-代96MC+新7Eの工法ですと、切り継ぎだらけになりますし非公式側窓も厄介ですから、製品化は非常に有り難いですね。

話変わって・・・
MPのパネルの作り分け、お見事ですね。
あ、そうそう。実車画像見ると都市新仕様は公式側ウインカーが地味に低いようです。記事の方で触れてないようなので一応。。。
Commented by 綾崎真一郎 at 2010-04-29 00:58 x
ふっふっふ、2作連続で被されましたか。んー、実にピンポイントで攻撃してきますなぁ…
PJ-LV&KV仕様や標準尺作ること考えたら、カートンで買ってもいいかもw

そうすると、次は秋~年末ぐらいに16弾でブルリシティですかね?
Commented by blog-MrT at 2010-04-30 02:36
■京神模型さん

>16弾でHR (シクレを都営S-1専用車)
ちょ、、そのシクレは…当然欲しいけど誰かが作ってるからなぁ
むしろ要らん人も多そうなのでシクレとしては良い選択かも知れないけど(w

まぁ何時出るのかは別として、あと数年もすれば大体のメジャーどころは揃ってそうですね。
ブルリノンステは、普通に考えればハイブリ仕様の方がいろいろ使い勝手が良いでしょう(メーカー的に)
フルノンステ(旧仕様)タイプくらい工作させて欲しいな~とも思ったり。
Commented by blog-MrT at 2010-04-30 04:48
■かねよしさん

都営のRAノンステってこんな感じだったっけか…

・N代(平成17年度)→製品のプロトタイプ?
ADG-RA273KAN :ゼクセル : シビリアンテール : 右側面運転席後ろの柱が狭い

・P代(平成18年度)早期納入車→製品のプロトタイプ?
PKG-RA274KAN :ゼクセル : シビリアンテール : 右側面運転席後ろの柱が狭い

・P代(平成18年度)→拙作プロトタイプ
PKG-RA274KAN :デンソー : シビリアンテール : 右側面運転席後ろの柱が狭い

・S代(平成20年度)→かねよしさん作のプロトタイプ
PKG-RA274KAN :デンソー : 汎用テール(ナンバー照明丸2個に変更) : 右側面運転席後ろの柱が太い

イラストではN代かP代早期納入車(外観はほぼ同じ)がプロトタイプなようですから、微妙に外して来てますね。
P代デンソー仕様は製品のクーラーを換装すれば簡単に作れそう。(屋根だけ要塗装?)
右側面の柱の違いを表現してあるなら、佐世保辺りからナンバー位置修正でS代が作れますね。

さて、西鉄セットの処遇をどうするか…
Commented by blog-MrT at 2010-04-30 04:52
■綾崎真一郎さん
レアorゲテな車種ならともかく、ある程度ラインナップが増えて来たこの頃、メジャーどころはそう言った事が頻発してしまうのは仕方ないでしょうか。 私の場合は作った事自体で既に満足してますし、逆に作る苦労も判ってますから複数欲しい車種の製品化は大歓迎ですけれども。 まぁ悲喜こもごも、、難しいところではあります。

それと、この手の売れ線車種はオープン販売にシフトしつつあるのかな?
特定の事業者だけが欲しい(私のような)向きにはお財布に優しくないんだよね…

川崎5台の引き取り手が居れば!、、セットにしてごにょごにょ(ニヤリ
Commented by 京神模型 at 2010-04-30 07:45 x
たしか龍山模型さんが作ってらっしゃいましたよね。
僕も、作ってみたい品のうちの1つなのですが、やはりそろそろHRも出てきそうですし、曲線がかって膨らんだホイールアーチなんか、作るとめんどいですし、HRがでてからつくろうかなと思っています

でもまあ自分で作ると、側面ビートも、0.2m真鍮線あたり使わなきゃ出来ないでしょうし、前のギザギザなんて… 難しそうですよね。



そう言えば、このエアロスター、KLやKC代には前面に盤あるじゃないですか?
アレなんですが、探してみたところ、同15弾のCJMに使えそうなのがありましたよ~
http://blogs.yahoo.co.jp/mika112965/14227722.html
しかも1台に二つもついてたんで、結構便利かと

やはりあの盤は結構目立つんじゃないかな~と思ったんで、再現してみることにしました^^;


川崎5台の引き取り手…

私は阪急作るかもしれないので使うかも!?でも5台も使いきれないですよね。
本来私、目の前川崎市営が通ってますし、好きであるべきなんですが・・
どうも川崎市営は気に入れないんですよね~
Commented by 凡人オヤマダ at 2010-04-30 19:12 x
なるほど~ことにゃんPJエアロクーラーがこうなるわけですか。

またGW明けに。
Commented by 綾崎真一郎 at 2010-04-30 20:12 x
自分で作ったクルマがメーカーをその気にさせたと思えば、
努力して作った作品も無駄にはならなかったって事ですね。
増備するにしてもこれからは切り継ぎ延長だけで作れるわけですから、
メジャーなボディ形態の製品化自体は喜ばしいことです。
こちらは安心して?それを利用してスキマを埋める形式を作っていけばいいわけでw
Commented by kana86 at 2010-04-30 22:34 x
うっかりしていましたが、デンソーでない方のクーラーはゼクセルではなく、サーモキングのようです。
ゼクセルはバスコレのエルガに付いているタイプですね。
Commented by セバ at 2010-05-01 14:37 x
記事にコメントは初めてです。よろしくお願いします。。

>96MC
地元の青い車がラインナップ入りしてたのでかなりテンション上がりました^^;
上の方のコメントが少々気になり…(ry

まだ複数の種車を確保できてないので工作できてませんが、MPの単尺化とても参考になります。
KC-非公式面ルーバーを作ろうか見なかったことにするか悩んでましたが、自作って手もあるんですね。
精巧には作れそうにないですが、余裕あればチャレンジしてみようかと思います^^

とりあえず今はお金を掛けずに短尺・非公式面窓をどうするか模索中です・・・。
Commented by blog-MrT at 2010-05-01 17:42
■京神模型さん
HR系は確かにタイヤハウスの独特のプレスが難しいですね。
しかしあえてそこにチャレンジするのも漢ですよ^^

>盤
「盤」ってなんだ?? 蓋の事ですね。
いい蓋あるよ~なんて変な事教えないの! やりたくなって来るじゃないの(w
Commented by blog-MrT at 2010-05-01 17:43
■凡人オヤマダさん
えぇ、こんな感じに化けます。
GW明け了解~!
Commented by blog-MrT at 2010-05-01 18:19
■綾崎真一郎さん
そう言う事です。 今は細かく再現されるようになって来ましたが、それでも特定のタイプだけです。 実車のバリエーションや年式による差異までは製品ではカバーし切れませんから、まだまだ手を入れる余地は(特に大きな事業者では)幾らでもあります。 富さんにはベースの車体やパーツ等をきちんと作って頂ければそれでおっけーでしょう^^
Commented by blog-MrT at 2010-05-01 18:20
■kana86さん
おっと失礼、そのようで・・・
もう手遅れなので脳内で咀嚼して下さいな。
Commented by blog-MrT at 2010-05-01 18:24
■セバさん
やはりと言いましょうか、尺変更には窓の工作・調達方法を解決する必要が付いてまわりますね。
幸いエアロスターの窓は実車もそれほど凸凹とした印象はないですので、CDケース(約1.0~1.1mm程度のスチロール系透明樹脂)等の素材から自作してしまっても良いとは思います。 私の場合は擬似製品を目指す~なんて変な拘りがある為にこのような手法になってしまうのです(汗

>川崎市96MC
もし本当にご希望でしたら是非是非。
メールにてご一報願えますと幸いです^^
名前
URL
削除用パスワード
<< 2010/05/09  PKG... 2010/04/19  15弾... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
■とある美琴の桜子さん ..
by blog-MrT at 23:28
■3501Fさん ..
by blog-MrT at 23:03
■オヤマダさん ど..
by blog-MrT at 22:58
■非公開コメント様 ..
by blog-MrT at 22:46
お久しぶりです。 ..
by とある美琴の桜子 at 04:00
ついにエアロキングが登場..
by 3501F at 21:56
ジオコレのツイッターでJ..
by 凡人オヤマダ at 18:10
■あっちーさん 実..
by blog-MrT at 00:30
■西工58MCさん ..
by blog-MrT at 00:24
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.