製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/10/17 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
10/17:東武バスオリジナル5台セットの詳細を追記
10/11:全国バスコレクション JB041-2 小変更ver. を追加
10/11:全国バスコレクション JB053/JB054を追加
10/04:阪急バスオリジナルバスセット~続報(発売日)を追記
09/29:東海自動車オリジナルバスセット第2弾~続報を追記
10/15:バスコレパーツ構成一覧表更新
10/04:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/30:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/17:バスコレマニアックスPart.2に追記
09/17:バスコレ屋根上パーツ集に追記

2010/07/13  都営バス エアロスターK~都市新仕様完成^^

エアロスターK グリーンシャトル

完成~~^^
余所者がイメージする都営バスと言えば渋谷駅前に闊歩する都市新バス… ~とまで言ってしまうと少々大袈裟かも知れませんが、その都市新バスの第一陣「都01系統」の2代目専用バスにあたります。 都営バスでは昭和61年度のR代車からエアロスターKが導入されており、外観では大きなバンパーと角目ライトを装備している点が通常の車両(一般車)と異なるポイントです。 当初はリーフサスのMP218Kで投入され、V代車(平成元年度)よりエアサスを装備したMP618Kにグレードアップしています。

模型は最初に投入されたR代(昭和61年度)、U-となったW代(平成2年度)、都市新仕様の同型最終投入:X代(平成3年度)の3台を選んでみました。 一部目を瞑った部分もありますが、それぞれ可能な限り形態を作り分けています。 車体の加工については過去記事を参照下さい。

画像の車両は「B-R234」方向幕は「都01 六本木・新橋駅」と設定。 ドアガラスに「自動扉」の表記が入るのは同型車ではこのR代のみです。→模型的には種車(シクレのパーツ)の表記をそのまま活用。




こちらはW代車。 車番は「B-W101」 方向幕は「都06 赤羽橋駅」と設定してみました。
末期は「都06・グリーンエコー」に転用された車両があるとの事で、この1台はその姿に仕立てています。 また、転用された車両の中でもこのW101号車は一旦一般車に格下げされていた為、前面の行灯が塞がれた上にステッカーを貼った形態になっています。 その為、他の転用車とは行灯周りの様子が異なります。(他の転用車は行灯部分全体がブルー+エコー表記。W101は周囲(左右)が黒でマーク部分だけ青いエコーステッカー)

==参考==
北天幻龍様(渋谷営業所の都市新バス~グリーンシャトルW代)のページ
しゃとる~む様(車両紹介)のページ



こちらはX代車。 車番は「B-X323」 方向幕は「都01 六本木・溜池」と設定しています。
初期のR代車とは文字の並び方や一部表記を変えて変化を付けてみました。



前後の様子。 方向幕の枠はちょい大きかったかな??
P-のR/S代車(V代は除く)は柿種テールを装備し、非常口の扉が黒に塗装されているのが特徴です。
W/X代車はリアにある蓋とリアホイール直前の側面灯具の有無が異なります。

次の課題はテール等ランプ類の表現でしょうか。 先日のJNMAにて某Y氏(バレバレ?)との談義で良いな~と感じたランプ類の下地にメタリックを置く手法を導入しようか考慮中です。 私は製品と同じ仕様で~と言う拘りがある為あえて現在の手法を選んでおりましたが、実はFOGランプだけは銀+クリアイエロー=既に製品の仕様とは違っているのですよね。  まぁ導入を邪魔するのは「過去作品も全部統一しなければならない」(私の変な性)なのですけれども…(汗  やはり細かい部分に気を配っているモデラー諸氏との談義は得るものが多いです。

そしてそして、今回のワンポイントはリアウインドの左隅に貼ってある「冷房車」マーク。 何時まで続いていたのか詳しくは調べていませんが、高圧ガス規制法とかでかつての冷房車はこの表示が義務付けられていたそうです。 今回は模型店で見つけたインレタを使って表記してみました。 このワンポイント個人的に結構ツボなんです^^



使ったインレタ。 購入は神保町レイルラウンジにて420円(12個入り多色印刷)でした。
意地悪してルーペで覗いて見てもこのクオリティー! 横2mm程の極小マークですがきちんと形になってます。
昭和~平成初期頃?の三菱系冷房車に是非お勧めしたいワンポイントです^^



==謝辞==
一部の表記(ヘッドマーク・行灯・車番等)は友人TH氏作成のものを使用させて頂きました。
この場を借りて御礼申し上げます。


by blog-MrT | 2010-07-13 00:01 | バスコレ(改造系) | Comments(5)
Commented by kana86 at 2010-07-13 20:41 x
おー、出来ましたね。いつもながらお見事な出来栄えで。

>何時まで続いていたのか詳しくは調べていませんが、
ということで調べてみました。
神奈中の例ですが、1993年下期から代替フロン対応の新デザインのステッカーになってますので、1993年上期(都営の場合はZ代上期?)までですね。
因みにその新デザインのも1994年下期には廃止されてます。
Commented by blog-MrT at 2010-07-14 23:49
>kana86さん
流石は仕事が早い(笑
なるほど、すると都営バスの場合、冷房車が登場したのが先代のG代(昭和54年度)ですから、それから1993(平成5年度)までの15年間はこの形、平成6年はステッカーの形が違う可能性があるという事ですな。 いやいや勉強になります。
Commented by グリーンシャトル at 2010-07-25 00:49 x
こんばんは
ご無沙汰しております。

エアロスターKのグリーンシャトル仕様、とてもかっこいいですね!
小さい頃これと同じ車両を都内で見かけ、その斬新なスタイルに引き込まれ都バスに興味を持ちました。
いや~、当時の姿が甦ってきますね。懐かしい限りです。
Commented by blog-MrT at 2010-07-25 06:20
>グリーンシャトルさん
どうも、お久し振りです^^
エアロスターKは当方地元でも大量に走っておりましたが、セーフティーウインドがない、逆T&黒サッシなんて皆無など~「ぱっと見」貧相なスタイルばかりだったのですよね(笑 それに比べ、都内に出ると豪華仕様なバスが沢山走っていて、これで同じ路線バスかぁ…と何とも羨ましく感じたものです。 特にこのグリーンシャトルはそんなイメージ強く、模型としても是非手元に置いておきたい車両でした。  憧れみたいなものでしょうか…^^

Commented by バスバス at 2015-11-20 17:54 x
スゴイ
名前
URL
削除用パスワード
<< 2010/07/19  バスコ... 2010/07/03  只今の... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
■あきさん 先程は..
by blog-MrT at 01:03
東武バス5台セットの内容..
by あき at 20:35
■非公開コメント様 ..
by blog-MrT at 01:44
■西工58MCさん ..
by blog-MrT at 01:44
■さ63のファンさん ..
by blog-MrT at 01:41
■3501Fさん ..
by blog-MrT at 01:34
■ももうらさん 岡..
by blog-MrT at 01:28
■さ63のファンさん ..
by blog-MrT at 01:22
本日発売の『阪急バスオリ..
by 西工58MC at 20:58
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.