気まぐれレビューTOP バスコレパーツ構成一覧表 塗装剥離実験室 工具/用具の紹介 TRMフォント GALLERY & LOG
バスコレ改造系 バスコレ他製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/04/13 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
04/13:全国バスコレクション 関東バス・広島交通を追加
04/13:草津温泉バスターミナルセットを追加
04/13:新日本プロレス45周年!!選手バスA・Bを追加
04/13:バスコレで行こうシリーズ 亀の井バス・北鉄能登バスを追加
04/02:バスコレパーツ構成一覧表更新
02/11:バスコレパーツ構成一覧表更新
01/27:バスコレパーツ構成一覧表更新
01/25:きまぐれレビューNo.88をアップ

2012/06/01  リニューアル品:エルガ/ブルーリボンⅡのリアウインドの外し方


今日はリニューアルされたエルガとブルーリボンⅡのリアウインドの外し方を少し。
旧製品ではシャシー/内装を外すと側面窓ガラスが外れ、それと同時にリアウインドも内側にポロっと外れたものの、リニューアル品では工場での組み込み易さとリアウインドの沈み込みを気にしたのか、各所にリブやツメが設けられ以前より外し難くなっています。

丁度前回記事にてご質問も頂きましたので簡単に取り上げてみることにしました。 勿論あくまで私の方法ですので、もっと良い方法あるぞ!~私はこうしている!~等々御座いましたらコメント頂けると嬉しいです。




リアウインドがすんなり外せなくなったのはこのリブ(窓押さえ)が設けられた事が大きく影響しています。 これのお陰で内側に簡単に外す事が出来なくなりました。



となると外側へ外す事になります。イメージとしてはこんな感じ。
上の画像のタイミングは窓パーツのツメが丁度車体上部に当たる瞬間で、この時車体を若干歪ませないとツメが通らず一番神経を使うタイミングです。ボディー上部に傷を付けないよう慎重に。



実際には車体をこのように保持しています。 上下矢印方向(車体横方向から挟み込む感じ)にテンションを掛け、屋根部が少し上に盛り上がる(膨らむ)ようにしながら、車体の内側に入れた人差し指で窓を押してやります。 車体内側から押す際は出来るだけ指を使い、棒などの道具は使わない方が吉。うっかり滑らしたら……(;゚д゚)  深爪の方は指の肉で「むにゅ」っと押す感じに、爪にある程度長さがある方は下の画像にある窓パーツのツメ部分を押してやると良いでしょう。 くれぐれも"あの"タイミングでは慎重に。



リニューアル品ではこんなツメも追加されています。 側面窓パーツを抑える為にあるもので、これを開放しないと側面窓も外せなくなりました。 このツメ、簡単に外せる時もありますが、案外引っ掛かる事もありますので、無理に外して窓にヒビーが~といったリスクを回避する意味でも、先にリアウインドを外してから側面窓を外すようにすると良いでしょう。



車体を組み立てる際は逆の手順で外側からはめ込む事になりますが、特に作品では外す時のように車体にテンションを掛ける事は極力避けたいですし、万が一塗装面に傷を付けてしまったらショックですよね。 ですので組み込む前に画像のような感じでツメを削ってやると良さそうです。 私は右のように斜めに削ることが多いでしょうか。

こんな感じかな。。


まぁこの車体も厄介ですがまだ良い方かなぁ…
私的最強最悪はスバリ新型セレガ!! 車体に強度がある故膨らみませんし、やはり窓押さえのリブがあるせいで内側には外れず、さらに窓パーツ側にも大きなツメがあるのでどう動かしてもビクともしません… こ奴は本当にお手上げ。

by blog-MrT | 2012-06-01 01:24 | バスコレ(改造系) | Comments(4)
Commented by 3501F at 2012-06-01 23:11 x
わざわざ記事にしてくださってありがとうございます。
最近のバスコレってガラスをしっかり保持できる構造になってきてますよね。改造する身としては外せないと閉口してしまいますが・・・(エアロスターでは割りましたorz)

最近名鉄バスや岐阜バスにもブルーリボンⅡが入ってるのでこれで安心して改造ができますね。・・・写真撮らないと。
Commented by blog-MrT at 2012-06-02 03:29
■3501Fさん
いえいえ、返ってネタを振って頂いたようなものです。
工作が進まずネタが無い現状ですので^^
Commented by miniecho at 2012-06-13 12:28 x
まずは、お久しぶりでございます。

すっかりバス作品も作成せずにしおれておりましたが、ブルーリボンⅡで旬な廃止代替ネタを
久々に作ろうと思っていた由、とても参考になりました。ありがとうございます。

完成の暁には、web か実際にお見せできればと思っております。

それでは~。
Commented by blog-MrT at 2012-06-15 01:56
■miniechoさん
おおっとお久しぶりです!

早速"アレ"ですねw
もしかして7月の催事はお出掛けでしょうか?
もしお会い出来ればまたいろいろとお話を伺えればと思います。バスも是非拝見させて下さい^^
名前
URL
削除用パスワード
<< 2012/06/19  バスコ... 2012/05/30  バスコ... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
ご無沙汰しております。皆..
by さ63のファン at 22:55
連投になってしまいますが..
by 凡人オヤマダ at 09:37
先日は楽しい時間をありが..
by ぽち太郎 at 00:14
最近の新製品はもう「種車..
by 3501F at 19:24
はじめまして。今回初投稿..
by 2馬力 at 18:25
■オヤマダさん >..
by blog-MrT at 01:32
いろいろとまあ出てきまし..
by 凡人オヤマダ at 18:38
■トワッチさん 折..
by blog-MrT at 20:23
■オヤマダさん 私..
by blog-MrT at 20:16
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.