製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/10/17 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
10/17:東武バスオリジナル5台セットの詳細を追記
10/11:全国バスコレクション JB041-2 小変更ver. を追加
10/11:全国バスコレクション JB053/JB054を追加
10/04:阪急バスオリジナルバスセット~続報(発売日)を追記
09/29:東海自動車オリジナルバスセット第2弾~続報を追記
10/15:バスコレパーツ構成一覧表更新
10/04:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/30:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/17:バスコレマニアックスPart.2に追記
09/17:バスコレ屋根上パーツ集に追記

2012/09/18  ジェイアール北海道バス+江ノ電バス限定バスコレ発売!


夏の暑さと限定品ラッシュに若干バテ気味な今日この頃。如何お過ごしでしょうか?

関東バス→箱根登山バス→ジェイ・アール北海道バス→一般流通品の2台セットDを挟んで9月は遂に週刊バスコレ状態に突入。 アルピコ交通+京都バス55号車Ⅱ→江ノ電バス(今ここ)→来週は京阪バスもあるそうで……
JAMでは7E短尺セットという私的超大物(大袈裟)の発表もあっただけに、まだまだ忙しい期間は続きそうです。 さらに来年はバスコレ10周年、何かありそうな予感もしますし…(ふぅ そう言えば通常18弾はどうなった??

前置きが長くなりました、今日の本題はジェイ・アール北海道セットと江ノ電バスセットの紹介です。 北海道は仕上がりが美しく好印象、江ノ電は何しろ地元ですので言わずもがな(汗 ラッピングバスもまぁ現物見ればなかなか楽しいモデルです。 今回はレビューと言うほど内容はありませんので、簡単な製品紹介に戯言が付いた程度として斜め読み頂ければ幸いです。

きまぐれレビューNo.052 THEバスコレクション ジェイ・アール北海道バスオリジナルバスセット

きまぐれレビューNo.053 THEバスコレクション 江ノ電オリジナルバスセット

関連ページ : バスコレパーツ構成一覧表


※アルピコセット・京都バス55号車Ⅱも草稿中ですがアップは暫くお待ちを。

by blog-MrT | 2012-09-18 21:34 | バスコレ他(製品系) | Comments(9)
Commented by 凡人オヤマダ at 2012-09-18 23:22 x
購入&レポートお疲れ様です。
最近はコレクションシリーズの購入を自粛しているのですが、JR北海道バスセットの塗装がかなりきれいになったように思えます。
見るとタンポ印刷っぽいですが機械を入れ替えたのか、それとも工場を変えたのでしょうか?

それにしても来年でバスコレ10周年。本当に月日が流れるのが早いです。ワタシもまたひとつ体だけオッサンに・・・・orz (頭の中は子供のまま?)
バスコレの通常弾がなかなか発表されないのですが来年は執念・・・・いや周年記念で何かやって下さるに違いない。
そう思って愉しみにしております。
Commented by blog-MrT at 2012-09-19 04:49
■オヤマダさん
仰るとおりでして、下地が白ベースの塗装では仕上がりに当たり外れが多いバスコレにあって、特にエアロスターの方が美しく仕上がっているのは本当に好印象を受けました。

>ワタシもまたひとつ・・・
いやはや、それは私も。 最近言動や行動に「おっさんくさいなぁ」と自分でも思うような事がしばしば… なんて書いてる時点で・・・ですなorz

>バスコレの通常弾がなかなか発表されない
そろそろ17弾が発売されて1年になるでしょうか。前作が発売されて1年次の告知が無いというのは初めてかな。 まぁ今年だけでもなんだかんだ品番ベースで20種くらい増えていますし、これだけ事業者限定が入れば少し間が開くのは仕方が無いとも思いますが、やはり定期的な新規モノを期待したいです。 最近は○○5台セットという商品展開ありますので、全く新規モノが無いわけではありませんが、中国の情勢もあの状況ですし、出すべき車種は早めに手を打って貰いたいな~というのが本音です。
Commented by 3501F at 2012-09-19 16:43 x
ジェイアール北海道バスは最近名古屋市の車両が転属しているので気になる事業者ですが、かなり出来が良いですね。地色の白って結構ムラになりやすいのでそれが無いだけでも印象が良くなるものです。15弾の中央バスもあるし買う価値はあるかも・・・札幌の事業者はあとはじょうてつが出れば・・・

セレガーラのリニューアルをかけないということはやっぱりライトケースのモールドのせいなんでしょうかね?金型が増えるのを避けたいとか・・・

P.S. ええい、名古屋市交通局のセット発売の告知はまだか!

Commented by 市内循環 at 2012-09-19 22:13 x
レポートお疲れ様です。江ノ電エアロスターの非公式側の窓はこうなっていたのですか。これまでの画像では見えなかったのですが、確かにこの選択は「どうにか出来そうな」範囲ですよね。ただ、ラッピングのクォリティーは流石だと思います。


バスコレ発売10周年。某家電量販店でブルリ仙台市営を掴んでから私のバスコレ人生はスタートしました(笑)。車体・塗装・印刷・更には動力まで…。10年間で技術は確実に進歩してますよね。個人的に今は7E5台セットに注目してます。
Commented by blog-MrT at 2012-09-21 01:19
■3501Fさん
>北海道バス
正直ツボではなかったと言っても良い事業者でしたが、仕上がりの良さで純粋に良い製品だと感じました。

>セレガーラのリニューアル
バスコレとしてはそれほど古臭い製品ではありませんので、現行製品との質感の差を感じる事はありませんが、それ以前にやっぱり少し扁平顔なのが気になります。 また、バスの車種が絞られている現在では、大型観光型の新車と言えばこれかニューエアロだけと言って過言ではない~となればまだまだ需要はありそうな気がします。

ライトの表現については私は印刷でもモールドでもどちらでもかな良いかな。 時期によってグリルの形態も異なりますので、それと対でモールドしてしまっても良いですし、まぁ表面のガラス面は変わりませんので別に印刷でも。印刷の場合は黒ではコントラストが強過ぎて目立ち過ぎるので、グレー等で表現すれば見え方も変わると思います。

前面のリファイン・飾りグリルの作り分け、兄弟車のガーラの製品化~で個人的には十分ですが、欲を言えば側面窓に固定窓仕様が欲しい、リアウイングの別パーツ化、もっと欲張ればスーパーハイデッカーも~~なんて際限無くなりますね(汗

Commented by blog-MrT at 2012-09-21 01:52
■市内循環さま
そうなのですよね。地元故の贔屓目を持ってしても右側面の窓だけはやっぱり一言言わざるを得ないです。 既に持っているパーツを使うだけでより似たものが出来るなら最善を尽くして貰いたいと思うのがファン心理ですし、こう言ったケースが多過ぎます。

つづく
Commented by blog-MrT at 2012-09-21 01:58
>私のバスコレ人生
私は忘れもしないリトルジャパン鶴見店にて1弾を本当に興味本位で2つほど摘んでみたのがきっかけです。 第1号車は京浜急行のMP118でした。 しかし改造したり特に気にして集めると言った事は無く、鉄道模型を買うついでに、又はお釣りを調整する為に1つ2つ摘み食いする感覚でした。 右下を狙って(国鉄MP118を狙って)シクレが出るとガッカリ~「あーあ出ちゃったよ」なんて苦言を呈したり…今では考えられませんね(笑
それが第2弾のHTが出てから少し意識するようになり、4弾エアロスター発売でバスコレが目的になり、5弾が出た辺りで「工作も楽しいよ~」とコメントで勧められ、あれよあれよとほぼ専業に、そして現在に至るといったところでしょうか。

今見れば随分と古臭くなった初期製品ですが、そう思えるのは技術も拘りも(予算も?)進歩したと言う事でしょう。 正直こんなに続くとは思わなかった… もしかしたらメーカー側も??~なんて(笑

思えば懐かしいですね^^ 皆さんどんなきっかけでバスコレを集めるようになったのかなぁ。興味深いです^^
Commented by ぽち太郎 at 2012-09-22 09:27 x
おはようございます。

毎度、レポ御苦労様です。
バスコレが発売された当初は古い形式ばかりで興味がありませんでしたが、
ブルーリボン5台セットが発売されて一気に加速し、昨今は大人買いをせずお気に入りのみです。
18弾は第52回全日本模型ホビーショーで発表して欲しいですね。
Commented by blog-MrT at 2012-09-22 12:30
ぽち太郎さん
おはようございます。
私もそんな感じですね。MP118については幼少の頃から良く見ていたこともあり、あのバスが模型化されただけで驚いたものですが、だかと言って必死に集めると言った脊髄反応は起こりませんでした。 実際本格的に集めるきっかけになったのは、2弾のHTや4弾のエアロスター。 つまりは、ぽち太郎さんと同じく最近の車だったから+路線バスだったから=身近だったから~という事になるのかな。 特に「働く車」のカテゴリーでは新車っ子だった事が大きく影響したと思いますし、幼少の頃の思い出よりも、学生の頃乗り鉄や乗りバスの思い出の方が強いのかもしれません。

>18弾は第52回全日本模型ホビーショー
そうですよね。 何時も何かしらの発表があるイベントですので、結構期待していたりして^^
名前
URL
削除用パスワード
<< 2012/09/24  バスコ... 2012/08/25 バスコレ... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
■カリスマ車掌R’さん ..
by blog-MrT at 01:43
今度の土日に海老名の"小..
by カリスマ車掌R’ at 23:19
■あきさん 先程は..
by blog-MrT at 01:03
東武バス5台セットの内容..
by あき at 20:35
■非公開コメント様 ..
by blog-MrT at 01:44
■西工58MCさん ..
by blog-MrT at 01:44
■さ63のファンさん ..
by blog-MrT at 01:41
■3501Fさん ..
by blog-MrT at 01:34
■ももうらさん 岡..
by blog-MrT at 01:28
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.