気まぐれレビューTOP バスコレパーツ構成一覧表 塗装剥離実験室 工具/用具の紹介 TRMフォント GALLERY & LOG
バスコレ改造系 バスコレ他製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/04/13 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
04/13:全国バスコレクション 関東バス・広島交通を追加
04/13:草津温泉バスターミナルセットを追加
04/13:新日本プロレス45周年!!選手バスA・Bを追加
04/13:バスコレで行こうシリーズ 亀の井バス・北鉄能登バスを追加
04/02:バスコレパーツ構成一覧表更新
02/11:バスコレパーツ構成一覧表更新
01/27:バスコレパーツ構成一覧表更新
01/25:きまぐれレビューNo.88をアップ

2013/09/17  神奈川中央交通 スヌーピーバス第2弾完成 & 東原住宅の小咄


でけたーー^^
神奈中バス KC-MP717M スヌーピーバス第2弾~A/Bタイプそれぞれ完成しました。 前作からざっと2年経っていたようで、久しぶりの完成車に嬉しさ一入です。暫しニンマリ^^

で、今日は記事が偉く長いです。暫し駄話にお付き合い願えれば幸いで御座います。乱文ご容赦

※追記:記事が長くなった為【東原住宅の小咄】部分を分割致しました。

=関連記事=
2012/12/09 アナログ工作再始動^^ エアロスター用クーラーの製作
2012/12/28 KC-MP717M ~スヌーピーバス第2弾の製作





こちらは運転席側に「樹木」をモチーフとしたイラストが描かれたAタイプと呼ばれる形態です。 プロトタイプは「お94」号車としました。 特に贔屓の車と言う訳では無いのですが、かつて存在した横浜新道を通る系統=東05系統の最終運用を飾った車と聞けばこれを選ばない理由は無いです。 当然方向幕も「東05 横浜新道 横浜駅西口」としています。

加工はクーラーの製作とパネルや蓋等の位置、エンジングリル形状の変更など地味に弄ってあります。


2003年3月28日 東05系統最終日、横浜駅に到着する「お94」号車。 撮影:イーチコ様



こちらはBタイプ。 「向日葵」をモチーフとしている点がAタイプと比べて判り易い識別点ですが、実際は側面ほぼ全てのイラストが異なる為、データ製作には多分な時間を要しました。
この車に関しては、アナログ工作4割:デジタル工作6割と言った具合かな… 単純にトレースしてもそれがそのまま1/150向けに適したデータになるとは限らず、その調整に苦労しました。 レタ屋さんにも泣いて頂いたりして、、感謝に堪えません。

プロトタイプはまたしても舞岡営業所の「お96」号車としています。 ちょっとした想い出がある「三ツ境東原」をどうしても使いたかった為ですが、実際この系統にこの車が運用に入ったかは微妙なところ。 このバスが投入されたのは1998年、戸18系統(東原住宅バス停)が廃止されたのが1999年9月ですのでチャンスは1年足らず。 その上末期は早朝2便のみの設定だった為限りなく怪しいです。 まぁそこは自己満足って事でおっけーかな。

この系統は運賃後払い+前乗り前降り方式ですので、側面乗降案内幕も前=「出入口」 後=「しめきり」としています。 神奈中バスを模型化する際は、予め再現したい方向幕と乗降方式を把握しておく必要がありそうです。(これら表記を貼った時点で系統が限定されます)
また、本来は前面の運賃幕も「後払い」が正解ですが、現役当時一部の車は連動を切ってあったのか、通常貸切運用時にしか見られないスヌーピーの顔(方向幕は「神奈川中央交通」が相当)を通常運用中に掲出している姿を幾度と無く見ており、折角なので模型でもその姿を再現しておきました。 スヌバスならではのご愛嬌^^



前面のセーフティーウインドレス+運賃幕の再現は、種車のセーフティーウインド部分を平らに仕上げ、幕のデカールを貼っただけ。段差の表現等は端折っています。 KC-はフォグランプも製品より大きなタイプですので、モデルではフォグの凹みをエポパテで埋め立て、デカールでそれっぽく表現してみました。

個人的にこのバスの萌えポイントはズバリお尻(笑 フリーハンド調のスヌーピーがとっても可愛い^^
もう少し手書き感を意識してギザギザを大きめに(大袈裟に)取っておけば良かったかな… 出力したら"もよもよ"はしてはいるものの、割りと普通っぽい線になってしまいました。 実物はもうちょっとギザギザなイメージです。



屋根上はこんな感じに。
データ製作上最も苦労したポイントです。 何がって、、屋根上を真正面(真上)から撮影した資料なぞ出て来る訳も無く、仕方なくかつて発売されていた京商のポリストーン?モデルの屋根上をスキャンした文字を元に、どうにか写り込んでいる写真から判る範囲で修正/製作しました。 Sはクーラー上に、Oの一部は二番目の横流ファンカバーに掛かる事から、屋根上各パーツと表記の位置合わせはシビアです。



リア方向幕は車体側に基部を作ってそこに貼り付けています。 素材は0.75mm厚のプラ材を使用しましたが、実物は箱の厚みは20cm以上はありそうですので、もっと厚い素材でも良いかも知れません。 ついでに裏面にも小細工を施し、一人ニヤリとする部分を作っておきました(笑



話が前後しますが塗装はこんな手順で。

【1】全体に白を吹く
白はいつものMr:GX1クールホワイト。 運転席側の一部パネルはエッチングパーツを使用している事から、その部分だけFinisher'sのマルチプライマーで下処理を施しています。

【2】波線状の帯をマスキング
当初この部分もインレタに含めて簡略化していましたが、いろいろ気に入らず塗装にしました。 マスキングはカッティングプロッタで切り出して頂いたものをベースに、リアホイールアーチ部分は浮かないよう小細工→出来た隙間をマスキングゾルで埋め立てています。

【3】車体青を吹く
白をベースにガイア:GP-01ウルトラマリンブルーを加えて調色。 赤っぽい青を作りたい、、、失敗塗料を量産した結果最終的にこの方法に落ち着きました。 ウルトラマリンブルーを白に落とすと混ぜ始めは藤色になる=若干紫っぽい青なようで、その赤味を利用しています。 ただ、使用したのは発売開始当初に売っていたもので、現在売っているウルトラマリンブルーとは若干違うかも知れません。

さらに買ったまま放置していた蛍光クリアを興味本位で投入、、、(これは若干後悔)
現物を直視したイメージでは、私には投入前後の違いは識別出来ませんでした。 しかし、デジカメには反応するのか、通常撮影する模型より光の当たり加減で色が変わるように写り易く、特に蛍光灯下では撮影し難いです。 この記事でも場所場所で様々な色に写っており、モニターによっては全く印象の異なる青に見えているかも知れません。 私の環境でも現物とは若干異なる気がします。 フィギュア等にはハイライトが出て良いのかも知れませんが、鉄道やバス等にはあえて使う必要も無いかなと感じました。

【4】各種色入れ
ホイールアーチやライトベゼルへ黒(Mr:GX2ウイノーブラック)、ステップやドアレールに銀(ガイア:ブライトシルバー)、ウインカーはMr8シルバー→クリアオレンジの重ね等々。

前扉のステップはステップの両端を僅かに車体色のまま残しておき、黒で │  │ と印刷したデカールを重ねて「新ステップ」仕様を表現してみました。 普通とは違うな…位には表現出来たかと。



内装も手を入れてみました。
素材は画像の通り。 2列シートのパーツを様々用意し、タイヤハウスの逃げの位置に合わせて適当に組んでみた結果このような組み合わせになりました。 実車は何やら定員の違いで二種あったとか?

今回は枕カバーも塗装。 当初バスコレの仕様(一色表現)で良しとしていたものの、余りにも普通過ぎて他車との見分けが付かず、折角内装を弄ったのにこれは悔しいぞと。 結果まぁ良い感じになったとは思いますが、マスキングはかなりグッタリ… カバーの色は白ではコントラストが強く目立ち過ぎてしまう為、明るいグレーに青を一滴垂らした色を吹いて落ち着かせています。

ホイールは14弾パノラマデッカー(北陸鉄道)からホイールキャップ仕様を持って来ました。 このキャップはもう少し前の世代が適しており(エアロスターKのカナちゃん号等)厳密にはディティールが異なりますが、とりあえず現状はこれで納得しておきます。



こんな車が地元一般路線に入るなんて… 当時は本当に驚いたものです。
バスコレを趣味に据えて以来ずっと欲しかったのですよね、、、んーー嬉しい^^


こうなると第1弾も欲しくなるなぁ……


=材料諸々=

・ボディー/窓/シャシー/内装 : 15弾 エアロスター北海道中央バス
・内装/ホイール : 14弾 パノラマデッカー北陸鉄道
・内装 :12弾RV(何でもOK)
・クーラー用素材 : 14弾ことでんバス用クーラー+13弾エアロスターK用クーラー
・屋根上ファンカバー : プラ材切削品(モデラ+手加工)
・右側面一部パネル : トレジャータウン TPP291-11エッチングパーツ
・表記類 : イラスト等(特注カラーインレタ) 白文字(特注白単色インレタ) その他(自作デカール)
・方向幕 : 自作ステッカー(MD昇華方式)

・基本塗料 : Mr-クールホワイト ガイア-ウルトラマリンブルー 蛍光クリア(←後悔)
・その他塗料 : Mr-ウイノーブラック ガイア-ブライトシルバー Mr-クリアオレンジ 他適宜
・プライマー : Finisher's-マルチプライマー



~~~今日はまだ続きます。つづきは↓↓

★ 付 録 記 事 ★ 三ツ境東原住宅のいまむかし

by blog-MrT | 2013-09-17 04:32 | バスコレ(改造系) | Comments(25)
Commented by カリスマ車掌R’ at 2013-09-17 10:24 x
>【1】地点

右側にあるラーメン屋、替え玉無制限で無料ですよ~
と、どうでもいいことは置いといて…、

写真左端に見える小屋(臨時定期券売場)のドアの上に、
東原住宅線の末端で誘導員が乗っていた名残があります。

ネタバレもアレですので、お暇があったら行ってみてください。
Commented by 3501F at 2013-09-17 14:15 x
 名古屋にも以前三角形の角地になっている回転場がありましたね。途中のバス停から誘導員が乗車して誘導を行っていたそうです。

 最近ちょっと大阪市営バスにハマりまして、主にノンステップ車を収集しています。バスコレ10周年記念本の記事を参考にしてまずはエルガに通風機を追加する工作を・・・  
Commented by ぽち太郎 at 2013-09-17 21:26 x
こんばんは。

スヌーピーバス完成おめでとうございます!
高い完成度で管理人さんの頬が緩んでいる姿が浮かびます(笑)
Commented by 凡人オヤマダ at 2013-09-17 23:03 x
いや~お見事の一言です。
鮮烈なスカイブルーに緻密なインレタ。見ている側も愉しくなります。

あと何台も並ぶ他の神奈中バスの眺めも壮観。バス車庫らしい雰囲気です。

やはりハイバックシートの白い枕カバーはいいですね。自分も合い子みたいなワンロマ車好きだけにやってみたい工作です。
一般路線にメトロ窓とか逆T字窓装備のハイバック・セパレートシートをつけたゴージャスなバスがいきなり現れたときの驚きと感動・・・・・わかります。うちのエリアでは名鉄のブルとか名古屋市営の基幹2号専用車になりますが。

それにしても本当に内装は馬鹿にできません。最近自分もつくづくそう思います。(・・・・・疲れますが)
Commented by さ63のファン at 2013-09-18 00:29 x
こんばんは。スヌーピーバスも完成ですね。自分もスヌーピーバスが入った当時は感動したものでした。ただ、本当にガラガラポンな感じで、あまり乗車機会に恵まれなかったのですが…(笑)。
ちょうど、98年にあった、かながわゆめ国体で、各地のスヌーピーバスがずらっと並んでいたのを思い出します。地元の相模原車に乗車できたのもこの時でした。その後、第1弾のさ161号車は、多摩営業所開設時に相模原から転属してしまい(多摩に取られた!と悔しい思いをしたものです、笑)、そのうち残った第2弾に関してもスヌーピーの装飾がはがされといつの間にか見れなくなってしまいましたが、模型の世界ではいつまでも現役ですね。第1弾も期待しております。
思い出話のようになってしまいすいませんでした。
Commented by グリーンシャトル at 2013-09-18 00:39 x
こんばんは

完成おめでとうございます!
こういったイラスト入りの特別車両は、通常の車両とはまた違った味わいがありますね。
見ているだけで、幸せな気持ちになりそうです^^
ホイールキャップの三菱マークも素晴らしいです。花形車両!という雰囲気が伝わってきます。
Commented by blog-MrT at 2013-09-18 02:03
■カリスマ車掌R’さん
どうもです。
聞くところによると、この誘導員は早朝東原住宅の二往復に便乗後、三ツ境駅の折り返し所で朝ラッシュ時の誘導業務にあたっていたとか?

>誘導員が乗っていた名残
おおっとそれは気付きませんでした。次三ツ境に行くのは何時だ?って話は置いといて、次回チェックしてみます。情報thx!

Commented by blog-MrT at 2013-09-18 02:14
■3501Fさん
まだまだ探せばこのような場所はあるのでしょうね。
ただ、身近に~となると私の周辺では余り見られなくなりました。 以前は横浜市営の10系統「峰」なども終点は横浜市とは思えないような雰囲気、狭い折り返し所に誘導員付でした。

>大阪市営バスにハマりまして
あらー家にある第二弾セット引き取ってぇ~ ってのは冗談として、先ずはそのような手軽なところから攻めて行くのも楽しいですよね。 仰る記事も読み応えがありました。
Commented by blog-MrT at 2013-09-18 02:16
■ぽち太郎さん

有難う御座います^^

えぇ、、そのようで(汗 よくお判りですねぇ(爆
これで安心してまた工作が停滞しないよう、次~次~と進めて行きたいものです。
Commented by blog-MrT at 2013-09-18 02:32
■オヤマダさん
有難う御座います。ズラーっと並べる…このスケールならではの楽しみでしょうか。
これで地面があれば言う事無しなのですが、、オヤマダさんのように地面があると言うのは本当に羨ましいです。 どうしても車輌に向かってしまうのですよね…(悩

>ハイバックシートの白い枕カバー
これでかなり雰囲気が変わったように思います。 どう見てもワンロマ^^
家の地元では当時そのような豪華仕様の車は皆無でした。 カナちゃん号という一風変わった車も居ましたが、用途は至って普通の一般車でしたから、都営の都市新バスや、京急・東急・京王のワンロマなど、これで普通の料金でOKなのか~と羨ましく思ったものです。

>内装は馬鹿にできません
バスコレはタイヤハウスをどう逃がすかが鬼門で、結構面倒な工作になります。 今回は運良くそれっぽく見せれる組み合わせがあったものの、無ければそれこそシート一つ一つ並べ替える覚悟が必要になってしまいます。 ボディーは苦労を厭わないのに内装となると途端に面倒臭くなる私の性格、、これも一つハードルだったりして(笑
Commented by blog-MrT at 2013-09-18 03:18
■さ63のファンさん

どうもです^^

いやいや思い出話大歓迎~
いつも見ているバスの逸話は個人にとって尽きる事は無いでしょう。好きな証拠です^^

>かながわゆめ国体で~~~
ゆめ国体の並びは是非見たかったです。
家の方は1弾1台、2弾A/B各1の計3台が廃車まで在籍していました。 当時幼稚園か何かの貸切で4台並んだところは見た事があるのですが(1台は舞岡から来ていた)、やはりゆめ国体の並びは別格ですね。

そういえば、一時熊本に住んでいた頃カナちゃん号が沢山並んでいたのは毎日見ていました(汗


=別件=
JNMAにてインレタが売り切れだったとの事、大変申し訳なく思っておりました。
カラーインレタが一コマだけ捻出出来ましたので、1セットだけならご用意出来そうです。
Y or KはどちらでもOK。もし今でもご入用でしたらメール頂ければ幸いです。
Commented by blog-MrT at 2013-09-18 03:18
■グリーンシャトルさん

こんばんは^^

いやはや「花形車両!」にぐっと^^
営業所の華といいましょうか、このような車輌が居ると趣味的にも楽しさが増します。
ただそれには脇を固める一般車も重要。テンションを保てたのは神奈中セット2のお陰かなぁ。

それと。キャップのスリーダイヤも触れて頂き嬉しいです。
文中ではあえて触れませんでしたが、個人的には結構な拘りワンポイントでした。
ホイールの銀は若干明る過ぎかな。いずれ薄くスモークを吹いてやろうと画策しております。
Commented at 2013-09-18 16:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 松連寺 at 2013-09-18 19:54 x
皆様お久しぶりです。
 神奈中車庫ついに実現しましたね。黄色いバスが大量に駅前や車庫にいるのが神奈中ですから。実は昨日神奈中の松連寺車庫横をマイカーで通りまして・・・汗。
 相模原のMP117N改の完成待ってますよ・・・。

3501F様 大阪市営に「はまった」そうですね。うれしいです。ぜひ改造をしてほしいです。私の手元にも何故か資料画像がありますので必要でしたら提供します。まもなく発売される第5弾オリジナルも是非購入してください。後付の冷房装置の表現はないですので、ここは是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
Commented by Dear at 2013-09-18 21:13 x
いゃ~バスコレでスヌバスが作れるなんて・・・
しかもこの完成度。
読んでる私も興奮する内容でした!
私の中では1弾のスヌバスの方が印象深く、この2弾が出たときは色のせいか薄い印象でした(^^;)
ですがこのホイールは特徴的でしたね!
ギラギラ感がとてもいいなと思います。

いつかは私も欲しい!
ですが先ずは茶バスを完成に導かなければ>^_^<
Commented by 3501F at 2013-09-19 11:48 x
松連寺さん

 大阪市営は名古屋市営みたいにノンステ車は尺をいじる必要がないので改造はやり易いかなと考えています。今度の第5弾の車両は出戸バスターミナルで一度見かけたきりですね。通販があれば良いですがなければ中古かな・・・

ブログもやっているので良ければ名前のリンクからどうぞ。
Commented by blog-MrT at 2013-09-19 20:00
■非公開コメント様
全くその通りですね。しかし限定品も欲しい、、、悩ましい選択です(笑
Commented by blog-MrT at 2013-09-19 20:06
■松連寺さん
まいど~ご無沙汰しております。

神奈中車庫着々と~のように見えますが、まだまだ欲しいものいっぱい。
ワンロマ・神奈交色・チャリンコバス・旧カナちゃんは何とかしたいところです。

本当は仰るMP117(冷房車)など作ってみたい気持ちはありますが、一応黄色いバスには手を出さないという堤防は何とか維持(汗 これに手を出したら本当に際限なくなるので、今のところ「黄色いバスは製品でヨロシク!」と勝手に希望&妄想しています(笑
Commented by blog-MrT at 2013-09-19 20:26
■Dearさん
こんばんは。
資料持ってません?
側面だけで良いのですが、もし資料手に入れば是非作りたいです。
メトロ窓など模型的にも面白い形です。
資料無いかなぁ…(ボソボソ

>先ずは茶バス
是非是非。レタなんぞ仕舞っておいても何の役にも立ちませんので。
それに、一応カラーレタ以外なら今なら失敗してもスペアがあるかも??~なんてw
自分が使ってしまう可能性が高いのであまりアテには出来ませんが…(汗


Commented by MP at 2013-09-19 22:14 x
初めまして。三ツ境東原、懐かしいですね。1980年後半、いきなり狭い道から長尺車が現れたときは驚きました。そのときは夕方も走っていました。また、かつて三ツ境駅南口側には相模鉄道バスの旭32系統(南瀬谷小学校~南台入口・二ツ橋~三ツ境駅)や綾13系統(二俣川~本厚木)が乗り入れていました。系統番号などは手元にある1992年3月発行の「かながわのバスマップ」より調べました。東原方面が、立派な道路に生まれ変わったのにはがっかりしました。ブログで旧路線跡を辿る企画をしたのですが、完全にボツになってしまいました。
Commented by T32 at 2013-09-19 23:14 x
いやぁ~、随所へ込められた管理人様のこだわりに圧倒されます。。
「新ステップびろ~ん(笑)」の特徴は神奈中ファンとして外せない所かも^^

思い出のある車両を作りたいという気持ちは、バスコレ工作を趣味とする上で誰しも根底に持っている物なんですかねぇ~。
…なんて大仰なことを言ってしまい失礼しました(-.-;

地元のPJ-KV234(明かり窓付)という簡単な工作から、やっとバスコレ工作の道へ入った所でして♪
かつて住んでいた場所のバスも作りたいという気持ちが、改造計画の進展へ向かわせるものです。
どこまで計画がたまって、工場の入場期間が長引くことか…(笑)

B&Yカラー作りも、前にご教示いただいたように実車調査の時点から壁にぶち当たってしまったわけですが、何とか細々と進めています。それだけに、今回の記事は参考になります!
いつ完成になるかは分かりませんが^^;
Commented by blog-MrT at 2013-09-19 23:39
■MPさま
ようこそ、はじめまして。
正直過去2回のみの訪問ですので、この場所に明るい訳では無いのですが、かつての思いで出もあり気になる場所ではありました。

95年当時から結構な交通量があったイメージがあり、狭い道が多いこの界隈では生活基盤として整備の要望が多かったのかも知れません。 私たちはうっかり趣味の観点で物を見てしまう事がありますが、街の整備もそうですし、新車の投入(旧車の廃車)等も社会的は必要な事です。 まぁ私も正直なところ広い道路を現実に見た時はこりゃダメだーーと感じてしまいましたが、よーく目を凝らすと微かに面影はありました。それを探すのもまた面白いかな…宝探しみたいな感じでしょうか。

>旭32系統や綾13系統
今回下調らべ中にそのような路線があったのを知りました。綾13については当時から有名だったそうで、それもその筈かなりのロングランですね。今は三ツ境駅南口を阿久和方面に左折しないバスは一日一便の「間15」だけでしょうか。二ツ橋バス停なぞ相変わらずのダルマポール(時刻表は丸い看板に直貼り)で驚かされます。

懐かしいコメント有難う御座います。
また是非ツッコミなどお寄せ下さい。
Commented by blog-MrT at 2013-09-21 03:14
■T32さん
有難う御座います。

>新ステップ
いやほらアピールしておかないと気付いて頂けないと思いまして(汗;;

>思い出のある車両を作りたい
当然個人差はありますが、やはり馴染みがある方が刷り込み度が高いですからね。若かりし頃見ていた車が印象に残っている人が多いように感じます。

まぁ私は歳の割りに新しいものもドンと来い(特にバスは)ですので、三菱ならMR~ニューエアロスターまでどれも一様に好きです。 流石にボンネットまで古くなるともう博物館の車ですけれども… 子供の頃から新車っ子だったのも影響しているかも知れません。 って私の話はどーでも良いですね(汗

>簡単な工作から
おっけーじゃないでしょうか。今は自分の趣味なのに周りの意見や風潮に惑わされる人が多いなぁ~と感じてしまう事がありますが、やはり趣味ですからね…自分が楽しいと思った事を一本筋を立てて楽しめればそれが正しいと思います。 焦らず惑わされず何より長く(永く)楽しんで欲しいな^^

Commented by ブルドッグ移送幹事 at 2013-09-24 11:31 x
うーん 東05最終日、10年経過し「あの車、乗務員」の配車で良かったとニンマリしています。
Commented by blog-MrT at 2013-09-28 01:49
■ブルドッグ移送幹事さん
あーらら、、そういう事でしたか(笑 お陰さまでモチベーションも維持出来まして、無事完成した次第です。 ちなみに当日は三ツ境東原の幕もサービスで出して頂けたようで、その写真が「お96」の方にも生かされていますw(感謝
名前
URL
削除用パスワード
<< 2013/09/28  バスコ... 2013/09/17  ★ 付... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
ご無沙汰しております。皆..
by さ63のファン at 22:55
連投になってしまいますが..
by 凡人オヤマダ at 09:37
先日は楽しい時間をありが..
by ぽち太郎 at 00:14
最近の新製品はもう「種車..
by 3501F at 19:24
はじめまして。今回初投稿..
by 2馬力 at 18:25
■オヤマダさん >..
by blog-MrT at 01:32
いろいろとまあ出てきまし..
by 凡人オヤマダ at 18:38
■トワッチさん 折..
by blog-MrT at 20:23
■オヤマダさん 私..
by blog-MrT at 20:16
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.