気まぐれレビューTOP バスコレパーツ構成一覧表 塗装剥離実験室 工具/用具の紹介 TRMフォント GALLERY & LOG
バスコレ改造系 バスコレ他製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/04/13 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
04/13:全国バスコレクション 関東バス・広島交通を追加
04/13:草津温泉バスターミナルセットを追加
04/13:新日本プロレス45周年!!選手バスA・Bを追加
04/13:バスコレで行こうシリーズ 亀の井バス・北鉄能登バスを追加
04/02:バスコレパーツ構成一覧表更新
02/11:バスコレパーツ構成一覧表更新
01/27:バスコレパーツ構成一覧表更新
01/25:きまぐれレビューNo.88をアップ

2014/05/18  静岡ホビーショー2014 バスコレクション テストショットを観察


行って来ました静岡へ。 都合あって僅かな滞在時間となりましたが、今年もジオコレ関連をメインに見て参りました。 バスコレについては特に会場発表となるような新しい情報はありませんでしたが、発売告知済み商品の成型又は一部彩色済みサンプルが展示されていました。 早速このバスコレ試作品の紹介をメインに、若干の考察&戯言を交えて書いてみました。

最終更新:05/23/22:30(19弾車番等読み取り・追記)





★THE バスコレクション 第19弾




先ずは、バスコレの基幹ライン?バスコレ19弾。 当日はノンステップの成型サンプルが4種に彩色済みの横浜市交通局が1台、エアロスターKは熊本バスの彩色済みサンプルが展示されていました。

↑画像クリックで拡大(.jpg 800×1103pic 544kb)

==5/23/22:30追記==

一般公開日で追加されたサンプルや上掲パネルの原寸画像から車番等を読み取ってみました。

■エアロスターノンステップ

東京都交通局=B-K529(渋谷)グリーンシャトル「都01 新橋駅」KL-MP37JK
横浜市交通局=3-2662(緑)「39 小机駅・横浜駅西口」KL-MP37JK
豊鉄バス=054(豊橋)「98 豊橋駅前」KC-MP747K
京都市交通局=1560(梅津)「59 ※金閣寺・竜安寺・山越」KL-MP37JK改 CNG車
尼崎市交通局=14-187(武庫)「14 阪急塚口」
両備バス=0404(霞橋)「青葉町・霞橋車庫」KL-MP37JK

■エアロスターK

北海道拓殖バス=230(鹿追)「新得」U-MP618M
仙台市交通局=M5359?(実沢)「※S900 北仙台 県庁市役所 仙台駅? 」U-MP618M
京阪バス=5072(山科)「57 比叡山頂」P-MP218M
神姫バス=3871(西脇/社)「74 姫路セントラルパーク」U-MP218M
熊本バス=382(熊本中央)「南14 大野幣立宮前 馬見原行?」U-MP218M
沖縄バス=2106(那覇/読谷?)「218 那覇」P-MP218M

※参考画像:web向けの撮影モード&パネルは展示物越しの遠方壁掛けにつき接写出来ず、粗い画像です。
エアロスターノンステップ    →エアロスターK

色違いの部分はおむにばす様より補足頂きました。有難う御座います。



無彩色成型サンプルはこの4種でした(16日時点)
これらの形態を告知されている事業者にあてはめるてみると、恐らく~~

A=都営バス向け
B=両備バス向け ※左側面窓パーツは除く
C=京都市交通局向け
D=尼崎市交通局向け?

~~として想定されたサンプルではないかと推測されます。 他に、横浜市交通局はAのボディに左側面の窓ガラスをDに変更したもの(方向幕位置の違い)、豊鉄バスはBのボディにクーラーを乗せ替えて製品化されるイメージでしょうか。

あ、、それと、Bの窓ガラスは両備でも豊鉄でも無さそう。富さんなーーにこれ??(笑



前後面はどれも共通でした。 フォグランプが2005年10月頃までの大きなタイプを踏襲しているのがこれまでのエアロスター製品には無い特徴。 仮にフォグランプの作り分けが無かった場合、これ以降の最後期型を製作する際は15弾ワンステップ製品からバンパーを挿げ替え、逆にワンステップで初期型を作る場合はここからバンパーを拝借すれば作れるようになります。 まぁ1/150では微々たる違いとも取れますので、種車を潰してまで必要な表現か?~とも思いますが、拘る方ならそんなやり繰りを考えてみても面白そうです。

リアについては窓下に付くウインカー・ブレーキランプ等の補助灯具類は成型としては表現せず、これまでのエアロスター製品と同じくここは印刷で表現されるようです。 事業者・年式によってそれこそ様々な形態がありますので、使い勝手を考えれば当然のオミットと言えるでしょう。



左側面の作り分けは、「中扉の違い」「燃料補給口の違い」が表現されています。

A=中引き戸で前輪後ろにディーゼル燃料(軽油)の補給口がある一般的なタイプ。
B=同じくディーゼル車で中扉にグライドスライドを採用した形態。
D=中引き戸で前輪後ろ斜め上にCNG補給口が付くタイプ(当然CNG車向けに適)

何故か撮り忘れたCは上の画像を見るとDと同形態なようです。 って待てよ…… Cは当然良いとして、仮に予測通りD=尼崎市交通局向けとして作られたとすると、Aの金型を使った方が適切な気がして来ます。 勿論あくまでイメージを掴む為のサンプルでしょうからこの時点でとやかく言っても仕方ありませんが、一応気になるポイントではあります。

また、A/Bの室内に目をやると、新規パーツと思しき初期型に見られた後部の見合い席が表現されたパーツが使われてます。 A=都営だとすると時期的にこの組み合わせは間違いですが、これも上記と同じくあくまでサンプルって事で突っ込みは無しにしておきましょう。



右側面については、「運転席下にある蓋の位置」「非常口レバー窓の形」「非常口後ろの窓の大きさ」「一部パネルラインの有無」「CNG補給口の有無」により作り分けされているようです。

A=吸気方式が変更された2002年末?~2003年春以降に見られる窓が小さな後期型(CNG車は除外)を再現しているようで、非常口レバーの窓も後期のスクエアなタイプ。

B=窓が大きな初期型で一般的なディーゼル車の形態。非常口レバーの窓は初期の小判型を踏襲。

C/D=窓が大きくCNG車に見られるガス補給口付き。 ここでもDについてディーゼル車なのに何故これを使う?~となります。 プロトタイプを観察するとパネルラインなど確かにこちらの方が似ている箇所はあるのですが、今回は"たった6種しか"ノンステップが入っていない事もありますし、取り回しを考えれば小細工せずに一般的なディーゼル車の形態で製品化された方が有り難いかな… どうなることやら。

※CNG車はガス補給口が両側面に付いているのが原則とか。
※CNG車は吸気システムに変更が無い為窓の大きさに変化が無い??
↑この解釈が間違っていたらご指摘下され



そしてお待ちかね…… 来ました6ファンクーラー!!
思わず声が大きくなってしまいましたが、三菱エアロスター円熟期には欠かせないパーツである事は無論、これを作るのにどれだけ手間が掛かるか身を以って思い知らされているだけに、長らく待望のパーツとなっていました。 さらに、こちらもお手製ではとっても厄介なCNGタンクも製品化。 個人的には天面ディティールの彫りが若干浅いようにも感じましたが、スケールに直すとこんなものなのでしょうか? 何れにせよ嬉しい限りです。



ざっとエアロスターノンステップ(扁平)ボディーの形態変化を調査してみました。 まだサンプル数や参照事業者が少なく、漏れや例外・時期の確定が曖昧な点はご容赦頂きたいですが、概ねこのような変化を辿って来ている感触です。 エンジングリルの僅かな違いはバスコレではオミットしているようです。 変に作り分けて使い回しが悪くなる事を考えれば妥当な判断と考えます。

この表と上記ボディーを見比べると、大体どの時期に適したボディーなのか見えて来る?? 何を作るか・何を幾つ購入したいか~等々計画を立てながら発売を待つとしましょう。



こちらは横浜市交通局の彩色済みサンプル。
車番は3-2662・LEDは39系統 小机駅・横浜駅西口、緑営業所の車でしょうか。 形態は一般的なディーゼル車で、側面の方向幕が前扉直後にあるタイプです。 座席は全て前向きを使用しています。



エアロスターKは事業者限定(神奈中セット2)で製品化されていた標準尺のバリエーションとなっています。※展示はこの一台のみでした。 こちらについては特段書く事も無いかな、、 何気に過去に出ていたボディーの尺違いが通常品にラインナップされるのは初めてとなるようです。 

※一般公開日には豊鉄バス・沖縄バス等が追加されていたようです。




★THE バスコクション 都営バス いすゞエルガ5台セットA

これまで事業者限定ばかりだったエルガ製品。 今回は一般流通品である事・時期違いバリエーションを揃えたセット・都営は比較的癖の少ない形態である事~等から種車としてもとても重宝しそうな内容です。 特にPJ-はこれまで種車確保に苦労するものでしたし、何と言ってもリニューアル品では初の製品化となるLV834は待望していた方もいらっしゃる事でしょう。個人的に都営が好きだから~と言う贔屓目を抜きにしても魅力的なセットだと思います。

他方、都営好きの目線でも良いところを掻い摘んでいる印象で、色モノ?であるCNG車・ハイブリッドは兎も角、他の3種が極めてベーシックな車両である事が何よりGood。 都営バスとしては製品化されていそうで実現していなかったベーシックなKL-LV280を始め、PJ-/PKG-~このあたりを多数並べれば日常良く見る風景は直ぐそこ。 全国バスコレのエアロスター・19弾の扁平エアロスター・9弾7Eノンステや新旧96MCをゾロゾロ並べ、仕上げにシティハイブリッドを追加すれば想像するだけで楽しい絵になりそうです。 さらに製作されたオリジナルの1台を加えれば、、、 PJ-をリバイバルカラーに改造!~格好のネタですね。是非^^

予価 4,800円(税別) 6月発売予定



会場では5種の彩色済み試作品が展示されていました。局番等については~~

A=KL-LV834L1 R-H102(臨海) 草24 東大島駅 ※CNG車
B=KL-LV280L1 P-K482(巣鴨) 草64 浅草雷門南
C=PJ-LV234L1 T-N316(早稲田) 池86 池袋駅東口
D=PKG-LV234L2 A-T185(品川) 品95 東京タワー
E=QQG-LV234L3 K-X297(南千住) 東42甲 南千住駅西口 ※ハイブリッド

~~となっているようです。

バスコレのエルガ(リニューアル品)では前面上部の丸みを作り分けており、現状の試作品では全て丸みが強い後期型が使われています。 これについてお伺いしたところ、A/B/Cについては製品ではきっちり前期型を採用したいとの事でした。 



左側面は上の画像をご覧頂くとして、右側面はこんな感じです。 非常口後ろの窓が時期によって変化していたり、同じ小窓でもエンジングリルの有無や周辺パネルの造作違いまで作り分けています。

D/Eについては現状窓の着色に難アリですが、流石にこの状態で発売される事は無いと願いたいです。(ここ聞き忘れた) まぁ試作品では毎度の事ですから大丈夫だとは思いますが一応。



リアについては、前面とは逆に全て初期型の金型を使用してしまったそうで、一部印刷がおかしな事になっています。 これもC/D/Eについては窓下の溝幅やナンバープレート照明具が異なる後期型に修正するとの事でした。 兎に角「エルガ基本セット」~にも成り得る製品だけに、是非窓ガラスも含めたパーツや金型の組み合わせで粗相の無いよう期待したいところです。



ハイブリッド車の左側面は尿素水注入口が2つ並んだタイプが新規に製作されています。 奈良交通セット(ブルーリボン2ですが)でお目見えした蓋が1つのタイプと使い分けも出来そうですし、モールドを埋めてしまえば奈良交通を用意しなくとも作れます。
また、ハイブリッドの特徴である最後部機器室のグリル類は、予想通り窓パーツ側の表現でした。 ~と言うことは、ガラスを一般車のものと入れ替えれば一般型の最新仕様として種車にする事も安易。 屋根には2ファンクーラー、足には10穴新ISOホイールと、LKG-以降の車を作る際に必要となるパーツも揃っています。



ちょびっと残念なのはLV834のゼクセルクーラーが4ファンタイプの既存パーツを使用している事でしょうか。 実車は5ファンクーラーが使われている事から「もしかしたら新規来る?」との淡い期待もありましたがこれは適わず。 これだけいろいろ作った上ですからここは致し方なしかな… どうしても拘るなら、トレジャータウンさんからアフターパーツも出ていますので、それを使っても良いでしょう。 画像上に映るLV280については4ファンタイプで正解です。

それと、メールにてLV834の丸型通風機の位置が違うのでは?とのご指摘を頂きました。確認したところ仰る通りでして、画像赤丸近辺の位置が正しく、クーラーの位置も側面ピラーと後端が揃う程度に若干後ろになるようです。折角ですから修正される事を願いたいですね。




★全国バスコレクション第7弾 JB015/JB016


次回全国バスコレ、JB015 川崎鶴見臨港バス・JB016 名鉄バスの試作品も展示されていました。

JB015=川崎鶴見臨港バス 3H459 QKG-MP37FK 鶴08 鶴見駅東口
JB016=名鉄バス 1353(基幹バス) QKG-MP37FM 栄・名鉄バスセンター

こちらは既に手馴れた感じ、何時もの全国バスコレですね。
そう言えば、先日発売されたものからバス停が付属しなくなっています。

予価 980円(税別) 6月発売予定




★THE バスコレクション 茨城交通 ガールズ&パンツァーバス2号車


こちらは1/80スケールの新製品、日野レインボーⅡ・ガルパン2号車です。
ワンステップとノンステップの見分けが付き難いエルガミオ/レインボーⅡですが、モデルはノンステップで作られているようです。 イラストの表現はインクジェット印刷によるものです。 個人的には1/150で欲しい~と言うのが本音ですが、ガルパン好きの方にはこの位大きい方がイラストも見えますし、存在感があって良いでしょう。 また、未来のバス趣味エリート(お子様)への英才教育の教材としても頃合が良さそうです。こういう刷り込みは大事です^^

品番は新たにJHという符号が付けられているようです。

予価 3,800円(税別) 7月発売予定





静鉄・新静岡駅直結の複合商業施設「CENOVA」に隣接する新静岡バスターミナル内待合室にて、バスコレクション・アーカイブスとして約100台ほどのバスコレが展示されています。 一応「全国初!常設ミニチュアバス展示場」~との看板もありましたが、時期によって内容が入れ替わるのか等詳細は不明。 地元の有志が製作されたバス模型やバスをテーマにしたジオラマなど飾られるともっと楽しそうと思ったりして…^^ 一部の製品は隣接する案内所にて販売も行っているようです。


ホビーショーでは他にも工具類やマテリアルを中心に気になるものはありましたが、何しろ滞在時間が短く完全に取材不足。 今回はバスコレ(車両)のみを取り上げたところで締めたいと思います。


 

by blog-MrT | 2014-05-19 00:07 | バスコレ他(製品系) | Comments(16)
Commented by blog-MrT at 2014-05-19 01:38
■非公開コメントさま
有難う御座います。この違いは本当に判然とせずですが、、同事業者や他事業者の2002年式は何れも右寄せなのですよね。 両方見られるのは2003年春では? この時若干マンナーチェンジを受けていますので、これと関連するのかな?と考えておりましたが果たして・・・ 一応レンジを広く変更しておきましたが2002年は含めずとしてみました。
Commented at 2014-05-19 01:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 3501F at 2014-05-19 21:56 x
 やっと6個ファンクーラーが製品化されましたね。さっそくコピーするなりして走行セットの名鉄バスに載せてやりたいです。豊鉄バスはイラストを見る限り中扉側に方向幕が来ているので、ガラスも別に製作されていると思います。名古屋近郊ではエアロスターのバリエーションが多いのでいろいろ作りたいですね。

 全国バスコレの名鉄バス、やっぱりバスセンター行きでしたね。名鉄もワンステからノンステに投入の中心が移ってきたので、ゲテノンもよく見かけるようになりました。とりあえず複数台買って、何台かは基幹標記を消して一般路線仕様にしてみたいと思います。
Commented by blog-MrT at 2014-05-21 04:01
■3501Fさん

確かに豊鉄バスは窓も違いますね、、って事で追記しておきました。 が、良く見ると試作品Bの窓は予定されている通常品には無いタイプですね。これは一体…(笑

走行セットのエアロスターは白基調、両備バスも白基調、上手くすれば塗装無しでポン付け出来るかも知れませんね。家の名鉄も6ファンにしよう^^

>何台かは基幹標記を消して一般路線仕様にして
なるほど。そういえば近々赤のインレタ作るな、、、何て(笑 いや何でもないです。
Commented by blog-MrT at 2014-05-21 04:08
■非公開コメント様

いえ、いろいろ情報有り難いです。 都営バスでは2002年度車から、厳密には2002年12月納車分からオフセットしているとの情報も得ています。 他方、他の事業者も含め2002年の夏頃までに入った車は揃っているタイプが多いようですので、そうなると2002年の遅い時期からマイナーチェンジ車が登場している可能性があります。 私も引き続き調査してみます。
Commented by ぽち太郎 at 2014-05-21 22:10 x
こんばんは。

毎度、ホビーショーのレポート御苦労様です。
バスコレクションで新作の発表は無かったのは残念ですが、第19弾の試作品にある6個ファンは使い道がありそうです。部品だけ欲しい!なんて人も居るとか居ないとか・・・
Commented by 綾崎眞一郎 at 2014-05-22 00:25 x
こんばんは。京阪エアロスターKはナンバーが京都22か50-72となっているように見えますが、
そうであれば実車は山科営業所の比叡山線用B-1767号車、1990年式のP-MP218M改ターボ車ですね。
京阪P-エアロスター最大の特徴、リア独立方向幕は京阪宇治交通5Eと同様のガラス側で再現でしょうか。
エンジン点検蓋の張り出しはあえてNA車と共通化しておけば、譲渡車も再現しやすそうですね。

Commented by とある美琴の桜子 at 2014-05-22 02:52 x
ガルパンのイラストは大きくてもインクジェットなんですねぇ。大きさや事業者はさておき、中型車として気になる存在ですよねぇ・・・(でもやっぱり1/150でほしいようなw

"いすゞ・エルガミオ"が欲しい気持ちがすごくわかります(自分もワンステ・ノンステ共に出ないかなぁと思っちゃって)。
でも、ガルパンのは残念?ながら"日野・レインボーⅡ"なんです・・・、はい。ライトしか外観上大きな差異ないですもんね・・・。

エアロスターノンステのCNGが、どうバリエーション展開されるのか(もちろんエルがハイブリットとか、ほかの車種もそうですがw)いろいろ想像するだけでも、ワクワクできそうだなぁって思います。(とりあえず関東の子だけ指名買いできれば・・・)
Commented by blog-MrT at 2014-05-23 21:10
■ぽち太郎さん

今回はとりあえず19弾のテストッショトが公開されただけでも満足しております。
ただ、そろそろ全国バスコレは違う車種で企画して欲しいなぁ~通常品が保管出来ない所の補強を是非お願いしたいところ。通常品には3つしか入っていなかったエルガワンステや新作扁平ノンステのメジャーどころ等々、、現行ノンステはいい加減要らない物は買わない方向を検討中です。

まぁユーザーは楽しみに待つだけでしょうか。。。

>部品だけ欲しい!
それ私。江ノ電バス2や動力付属の名鉄バス向けに+改造向けに幾つ用意すれば良いのやら。
ラインナップは12個中3種だけ~それも潰し難い車ばかり。どう買い回るか今回は困ってます。
Commented by blog-MrT at 2014-05-23 23:21
■綾崎眞一郎さん

>京阪エアロスターKはナンバーが京都22か50-72
ビンゴ! 確認ついでに先ほどパネルから読み取った各車の車番や方向幕など追記しておきました。
簡単に検索してみると、リア面が独特のスタイルを持っているようですね。5Eでは窓ガラスで表現して来ましたが、こちらはどのようになるか・・・ 実物は結構ツルっとした仕上がりですので、京阪ファンならボディーから作って来た方が嬉しいでしょうか。 そういえば、この車と同時期かは判りませんが、アルピコ交通でこのスタイルを見た気がします。
Commented by blog-MrT at 2014-05-23 23:36
■とある美琴の桜子さん

>ガルパンのは残念?ながら"日野・レインボーⅡ"
あらほんとだ(笑 スケールが違う→目線から外れる=私の趣向(すみません)なので全然見てない(汗

インクジェットもあと少しかなぁ。風合いがざらざら~粒子感さえ解決すれば便利な方法ですから使わない手は無いでしょう。 10年後には一般向けの民生機が発売→20年後には手頃な値段に(クオリティーも当然今とは雲泥の差)→自家塗装して模型を作る文化など(特に箱モノのの鉄道・バスは)消え去る世の中になる可能性さえ否定出来ません。 まぁ需要があって進化し続ければの話ではありますが。  あぁMDプリンタが正常進化していればなぁ、、(古っ
Commented by 市内循環 at 2014-05-24 11:46 x
レポお疲れ様です。 っとその前に前回コメントへのレスで、ワンステ/ノンステのガラス寸法が同尺でも微妙に異なるという件大変参考になりました。確かにグライドスライドと通常の折戸ではその後に続くガラス寸法に差が出るのも納得です。有難うございました。


さて本題ですが、エアロ扁平試作品の内「B」の窓パーツがとても気になりますね。これでクーラーが前向きパッケージタイプなら東急バスを想起します(97年式と98年式)。今後特注品でこれを含むTOQBOXセットなんて出してくれたら…。

後はエルガ5台Sですが、車体・ガラス・その他パーツの使い分けを今回こそ適切にして欲しいですね。これまでの改良エルガ系は折角パーツの作り分けをしているのに、いざ製品化となると誤選択と言えるような組み合わせを連発しているイメージなので。
Commented by おもにばす at 2014-05-24 23:48 x
京都市交通局の行き先は「金閣寺・竜安寺・山越」ですね
仙台市交通局は「S900 北仙台 県庁市役所 仙台駅」かな…ちょっと自信ないです

ではでは
Commented by blog-MrT at 2014-05-27 22:23
■市内循環さん

>「B」の窓パーツ
この位置に方向幕がある車には非常に重宝しそうなだけに、何かしらの形で発売して欲しいものです。
都営も初期はこの窓が都合が良さそう^^ エアロスターノーステップ~東急は外せないですよね。登場当初から数多く導入していましたし、関東圏の事業者では一番しっくり来るイメージがあります。 窓パーツも重宝しそうなだけに、是非仰るようなセットでの販売を期待したいです。

>いざ製品化となると誤選択と言えるような組み合わせを連発
それ。まともな組み合わせで作られているケースの方が稀という、、 企画や設計者の意図が社内で上手く共有出来ていないのかなぁ、、勿体無い製品が多過ぎます。 まぁそもそもそんな見分けがつきにくい作り分けが必要なのか?とも感じますが、作った以上はきっちり使って欲しいものです。 何やら通風機やクーラーの位置が違う~とのご指摘を数点頂いておりまして、その辺りがどうなるかも含めて楽しみにしたいと思います。
Commented by blog-MrT at 2014-05-27 22:26
■おもにばす様

こんばんは、はじめまして。書き込み有難う御座います。

なるほど勉強になります。京都についてはそのまま追記、仙台市については「?」付きで追記させて頂きました。もうちょい近い位置から撮影出来れば恐らく読めたと思いますが、遠目からの撮影だったのでご容赦です。 今後ともよろそくどうぞ^^
Commented at 2014-07-10 20:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 2014/06/08  今日の... 2014/05/11  今日の... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
>ネタにしたいナイスなモ..
by kana86 at 22:00
こんばんは、最近更新され..
by 西工58MC at 21:38
今度の土曜(7/22)に..
by カリスマ車掌R’ at 12:40
ご無沙汰しております。皆..
by さ63のファン at 22:55
連投になってしまいますが..
by 凡人オヤマダ at 09:37
先日は楽しい時間をありが..
by ぽち太郎 at 00:14
最近の新製品はもう「種車..
by 3501F at 19:24
はじめまして。今回初投稿..
by 2馬力 at 18:25
■オヤマダさん >..
by blog-MrT at 01:32
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.