製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/10/17 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
10/17:東武バスオリジナル5台セットの詳細を追記
10/11:全国バスコレクション JB041-2 小変更ver. を追加
10/11:全国バスコレクション JB053/JB054を追加
10/04:阪急バスオリジナルバスセット~続報(発売日)を追記
09/29:東海自動車オリジナルバスセット第2弾~続報を追記
10/15:バスコレパーツ構成一覧表更新
10/04:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/30:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/17:バスコレマニアックスPart.2に追記
09/17:バスコレ屋根上パーツ集に追記

2014/12/31  良いお年を~~バスコレ私的お気に入りランキング!?


先ずは13日に平塚にてお会い出来た皆様お疲れ様でした。一度くらい更新出来るだろうと思っておりましたが結局大晦日になってしまいました。頒布品をご購入頂いた皆様にも重ねて御礼申し上げます。

今年も早いものであっという間に年の瀬を迎えました。 相変わらずの牛歩作業で工作については成果が少ない年でしたが、趣味活動そのものはお陰さまでとても有意義に楽しむ事が出来ました。
改めて新年もどうぞよろしくお願いいたします。皆様も良いお年をお迎えくださいませ。

※先般新PC構築の際手違いで今年の3月半ば~12月26日までのメールが全て消失してしまいました。
もし12月15~26日の間にご連絡頂くなどお心当たりのある方、ご面倒お掛け致しますが今一度再送願えますと幸いです。


さて、思い返せばこの一年何だかんだとバスコレも様々なものが発売されました。

・レギュラーシリーズ:13台(217~228・S027)
・全国バスコレクションシリーズ:10台(JB011~020)
・一般流通品のアソートセット:11台(N069~079)
・事業者限定品:30台(K112・113・116~126・128~141・225A・リラックマ登場時K114・115の重複)
・イベント限定品:1台(E020)
・株主優待特典:1台(K127)

合計66台。これまでの製品と通算すると539種(品番重複のリラックマバス登場時仕様も加算)になりました。 遂に500種を超えたと言う事で、今日は勝手にお気に入りランキングを付けてみます。 製品として・種車として・いろいろな要素がある事から一概には並べ難いのですが、私個人的な好みや都合だけを基準に10傑を選んでみました。 個々で全く異なる結果になりそうなお気に入り製品、皆様のランキングは如何に??





■■バスコレ勝手にランキング■■


《 10位 》JB001:三菱エアロスターノンステップ 東京都交通局 (全国バスコレクション第1弾)

新車好きの私としては嬉しい製品の一つ。幾つか改造で作ってみましたが、その手間と欲しい数を勘案するときちんと成型品で作られている事はやはり有難いものです。 と同時に、オープンパッケージで好きな車を好きなだけ購入出来る全国バスコレクションシリーズがスタートしました。 今後は同じ型式の連発ではなく、是非基幹形式や人気のタイプはこのシリーズを活用して定番化を図って頂きたいところです。 好みのエアロスター・様々な可能性のある新シリーズのトップバッター~これらの要素を含めて10位としました。(江ノ電の5Eと最後まで悩みました)



《 9位 》182:富士重工7E 小湊鉄道 (バスコレクション第16弾)

9位は如何にも「THEバス」と言った趣の富士重工7Eと何処となくローカル感漂う小湊鉄道塗装との組み合わせ。"しっくり来る"とは正にこの事でしょうか。 気付けば16弾はこれと西武が殆どで、あとは最低限しか持っていないような… なかなかのお気に入り製品となっています。 時間が許せば、側面に「こ み な と」と光る観光型など作ってみたい事業者でもありますが、これは妄想だけで終わってしまいそうです。



《 8位 》K101:日野HUブルーリボン 奈良交通十津川特急 (奈良交通オリジナルバスセット)

8位は奈良交通の八木新宮線専用車(十津川特急) その昔旅の途中で予備知識なしに乗車。国鉄未成線で有名な五新線の脇を通ったり、紀伊半島の山中をたっぷり6時間半も走破するなど、鉄道メインの旅ながらそれ以上に記憶に残る路線でした。 この車だけは是非モノにしたいと仕掛かっていた最中に製品化の報。 これまでのHT/HU製品とは異なるフォーマットを用い、各所に専用ディティールを奢るなど随分と気合の入った製品です。 しかしこの価格のミニチュアに対して思うところを考慮すると、、、この「気合の入った」についてはあえて減点してあります。



《 7位 》JB009:三菱エアロスター 北陸鉄道 (全国バスコレクション第4弾)

7位は単純に格好良い!~そんな車を選びました。 特に縁のない地域の事業者であり実際に見た事も無い車ではありますが、色使いや塗装パターンとエアロスターの組み合わせが絶妙です。 実物画像を見るにエルガもなかなか… 前面ライトの間の黒がワンポイントか?



《 6位 》S021:呉羽 MP118スケルトンボディー 東京都交通局 (バスコレクション第13弾・シークレット)

6位は都営の都市新バスを語るには外せないこの車。 13弾でエアロスターKが発売されると聞いた時、真っ先にどうやって作るか?と算段を立てたものの、それがそのままシークレットに含まれていたのは嬉しい誤算でした。 大きなフロントバンパーはエアロスターKの都市新バスにも流用可能。お陰でこちらも3台の製作が叶いました。 シークレットである事、未だに唯一のMP118スケルトンボディーである事~最近は余り流通していない気がする… 下世話な話ちょっとしたプレミア感を醸し出す今では数少ない製品かも知れません。 それにしても、前面方向幕が窓側に表現されている弊害で前頭部に隙間が目立つ構成はお世辞にも好ましい状態とは言えず、この点を減点して6位としました。 何時か手直ししてやりたいものです。



《 5位 》K116:呉羽B35路線型 神奈川中央交通 (神奈川中央交通オリジナルセット3)

5位は思い出の中の一台。屋根に乗る変な箱と大きなリアウインドウが格好良かったブルことB35路線型ボディーです。 第1弾がこのB35でなかったらバスコレ自体をスルーしていたかも知れない…それほど私にとって刷り込みの強い車でした。 それが10年の時を経て完全リニューアル、しかも地元事業者で製品化となればどうしたってこの位置は譲れません。 先頃発売された限定4弾の5Eからかまぼこ型ファンカバーを拝借し、「あの日のよ65号車」を再現してみようと思います。ペンギンマークも忘れずに^^



《 4位 》K094:三菱エアロスター 神奈川中央交通 (神奈川中央交通オリジナルセット2)

4位は完全に「地元だから」が勝った製品ですね。 本当に欲しいプロトタイプからはちょっと外しているものの、地元としてはこれが無いと始まらない…恐らく単一製品の所有数ではこれがTOPであろう正に幾つあっても良い車です。 これまで地元バスの工作だけは手を出すまいとしていましたが、そのネックとなっていたのがこの車でした。 何しろ同一事業者のバスをズラーっと並べたいのが私の趣向ですので、仮にカナちゃん号を一台作ったらこれが何台必要になるのか、手製では到底賄える数ではない…この葛藤を払拭してくれた製品でもあります。 お陰で工作意欲が一気に沸き立ち、カナちゃん号・スヌーピーバス・YAMATE LINER・自転車ラックバスと現在進行形でバリエーションを増やしています。 一点だけ本音を書けば、もう少し明るめの印象で塗って欲しかった、、、これを加味してベスト3からは外しました。



《 見栄え 》K072:日野セレガ 東急バス空港連絡線 (東急バスオリジナルバスセット)
ここでちょっと脇道に。
特別賞という訳でもないのですが、単純にぱっと見の見栄えだけで選ぶならこれでしょうか。 JR東北バスのみずうみ号やスーパーこまちカラーも同率TOPと言って良く、リビングルームに飾っておくならこの辺りのものが栄えるのではないかと思います。 特にこの東急バスはベースの銀塗装や各印刷も美しく仕上がっており、好感度の高い製品の一つです。



《 ??な製品 》K104:96MC CNGノンステップバス 大阪市交通局 (大阪市交通局オリジナルバスセット5)
不思議ちゃん大賞はこちらに決定ーー 
わざわざ新規金型(後面)を作っておきながら、結局タイプで仕上がっているところがどうにも理解に苦しむ面白い逸品(笑 その上その新規部分は他に全く流用が利かないであろう恐らく専用品と、何処までも不思議な製品です。 最近のバスコレは少々やり過ぎ感が漂うような気もする…少しはこのおおらかさを見習って欲しいものです(爆



《 改造品 》三菱エアロスターM ノーステップバス 東京都交通局? (バスコレクション第4弾ベース)
こちらは今まで手を入れた改造工作品の中から一つを。
バスコレを弄り始めたのが2005年の終わり頃、そこからこれまでに65台が完成していました。仕掛かり残はおおよそ30台程度、その中で進行中は7台、集中力の無さは相変わらずなようで(汗 基本的には自ら手を掛けた物ですのでどれもお気に入りには変わりませんが、時には実車に捉われず遊び心を大切に~そんな意味合いも込めてこの車を選んでみました。 実物を模す自分の中の世界を模す=私にとっての模型。どこかの誌面に書いたっけ…



《 3位 》K058:いすゞBU10 松本電鉄 (松本電鉄オリジナルバスセット)

メインのランキングに戻しましょう。
地元神奈中を抑えて3位はこれ。 北村ボディー、、私の感性では決して"格好良い"と捉える事は出来ないものの、モサっとしたドン臭さ(失礼;)が良く表現された造型や緻密な印刷等々、模型としての成りや雰囲気が兎に角素晴らしい一台です。 かつて急行型電車やジョイフルトレインを追い掛けて信州に出掛けると必ず目にしたあの車庫。BU04や呉羽MRと共にお尻を向けて「M.R.C.」を連呼していた懐かしい光景と重ねれば、思い入れはさらに倍加します。 第5弾のBU04とトラックコレクションの散水車(どちらも仕上がり良好)を並べてニヤリ^^ バス窓MRが加わればさらに言う事なしですが、実現する日は来るのでしょうか…… 今でも機会があればもう少し増車したいと思う製品の一つです。



《 2位 》169:三菱エアロスター 北海道中央バス (バスコレクション第15弾)

これは4位のアレと密接にリンクしています。 地元事業者の変な車を作ろうと思うと先ず目線が向くのがこの車。私の趣味の本線=工作を楽しむ上で無くてはならない種車としての評価です。 成型色がほぼ白である事、屋根に余計な穴が無い事、方向幕の位置が好都合、おまけに銀サッシ(4位のアレに組み込んでも良し)、バラした車体は恐らく歴代TOPの数ではないかと思われます。 とりあえずこれさえ与えておけば木に登る、、って事で2位としました(笑



《 1位 》153:呉羽G4タイプ 東京都交通局 (バスコレクション第13弾)
そしてそして、バスコレ私的勝手にランキング1位はこれ。
幼少の頃より見慣れた呉羽ボディーでもあり、都営ではありませんがこっそり運転席に座らせて頂いたあの感動付きとなればやはり強いです。 やり過ぎない丁度良いディティール感が心地よく、ミニチュアとしての佇まいも申し分なし。そのままでも種車としても頃合の良い製品と思います。 特に左後方からのアングルが好みかな。 欲を言えばB800Nなどあれば悶絶必至ですが…(汗 これはまぁ工作趣味の目標として今はしまって置く事にしましょう。


《 1位 》153:呉羽G4タイプ 東京都交通局 (バスコレクション第13弾)
《 2位 》169:三菱エアロスター 北海道中央バス (バスコレクション第15弾)
《 3位 》K058:いすゞBU10 松本電鉄 (松本電鉄オリジナルバスセット)
《 4位 》K094:三菱エアロスター 神奈川中央交通 (神奈川中央交通オリジナルセット2)
《 5位 》K116:呉羽B35路線型 神奈川中央交通 (神奈川中央交通オリジナルセット3)
《 6位 》S021:呉羽MP118スケルトンボディー 東京都交通局 (バスコレクション第13弾・シークレット)
《 7位 》JB009:三菱エアロスター 北陸鉄道 (全国バスコレクション第4弾)
《 8位 》K101:日野HUブルーリボン 奈良交通十津川特急 (奈良交通オリジナルバスセット)
《 9位 》182:富士重工7E 小湊鉄道 (バスコレクション第16弾)
《10位 》JB001:三菱エアロスターノンステップ 東京都交通局 (全国バスコレクション第1弾)

・・・と言う事で、私的勝手にランキングはこんな感じになりました。俯瞰してみるとあからさまな三菱好きが露呈していますね。 やはりバスはローカル色が強くなりがち? 地元事業者・思い出のワンシーン・趣味である工作向けに有用か否かがランキングに大きく影響しています。来年はどんな展開になるのでしょう? ランキングを脅かすような製品は出るのかな…




■■地域別まとめ■■


※この表は基本的に品番をベースにしておりますが一部例外もあります。

品番が重複しているリラックマバス初期仕様は別製品として計上してあります。
中身が同じでパッケージが異なるものは原則計上していません。例えば・・・

・阪急バス2台セット(1弾通常製品に特製スリーブを巻いたもの)
・京阪バス2台セット(3弾通常製品に特製スリーブを巻いたもの)
・国際興業バスBU15セット(箱だけ特製品)
・大阪市交通局7Eノンステップ(80周年特製パッケージ入り)
・全国バスコレクション高槻市交通局(特製台紙入り)
・相鉄バスセットのイレギュラー品(外箱違い)
・その他社内販売/イベント販売向け等の白箱入り製品

この他、5弾都営西工シークレットの裾帯&リア方向幕修正品も含めていません。

by blog-MrT | 2014-12-31 06:42 | 四方山 | Comments(17)
Commented by B5101 at 2014-12-31 23:53 x
13日はお疲れ様でした。よい思い出になりました。メール喪失の件、1通だけメールを再送させて頂きました。また、宜しくお願いいたします。閑話休題、当方のNexus2013表示系がいかれたみたいです。恒例の年末年始トラブルかも。
Commented by TROOPER at 2015-01-01 05:49 x
あけましておめでとうございます。
ランキング面白そうですね。久しぶりの記事楽しく拝見しました。
僭越ながら私も(汗)

1位 西東京バス7E
2位 西東京バス5E
3位 立川バス7E
4位 立川バスエアロスターM
5位 西東京バスキュービック
6位 京王HT/HU(ブルーリボン5台セット)
7位 神奈中エアロスターK
8位 小田急バスニューエアロスター
9位 西武バス7E
10位 広島電鉄HT/HU熊野営業所 本当は西東京バスの7Eノンステップ

私は工作が不得手なのでレディメイドで楽しむ事を前提としました。
結果は仰るようにローカル色まんま。実家と現住まいの周辺でガッツリ固めました。地域も歳もばればれですねw
10位はずっと欲しかったレア品。最近某所で見掛けて茄子を頼りに飛び降りました。よって無理やりランクイン!
今年もまた立ち寄らせて頂きます。
Commented by 3501F at 2015-01-01 20:50 x
私のランキングは
1位:名古屋市営バスエアロスターノンステップ
2位:名鉄バスエアロスターノンステップ
3位:エアロスターワンステップ
4位:名古屋市営バス新7ECNGノンステップ
5位:名古屋市営バスブルーリボン(5台セット)
6位:名鉄バスエアロエース
7位:三重交通7E
8位:三重交通エルガ
9位:いすゞキュービック
10位:エアロスターノンステップ(19弾)
ですね。標準尺ノンステップはやはり個人的に大きいです。
今年は仕掛品を1台でも進めたいです。今年もどうぞよろしくお願いします。
Commented by かねよし at 2015-01-02 01:23 x
明けましておめでとうございます&先日はお疲れ様でした。

面白い企画ですね。着目点の違いや実車への愛着などパラメータが多いので本当に人によって違った結果になるでしょうね。
では私も乗っかって…
1位:遠鉄7E (塗装の美しさ・実車が好み・小加工で色々遊べる)
2位:北鉄Nエアロ (仕上がりの良さ・実車が好み)
3位:13弾シクレ都市新MP (意外性・実車が好み)
4位:臨港LV (個人的に好きなキュービックの初製品化)
5位:2弾シクレ都市新HU (コイツのおかげで「並べて楽しむ」を知った)
6位:JHB Nエアロ (仕上がりの良さ・ぱっと見の美しさ)
7位:仙台エアロK (実車が好み)
8位:京王LV (種車要因=何台あっても困らない・割とそのままでも好き)
9位:1弾シクレ京急 (中古で100円でGET出来たという謎の思い出w)
10位:小田急ブル (一番最初に買って当たったバスコレ)

私の場合「たまたま出先で見た車両or事業者が好きになった」且つ「それがたまたまバスコレで出来が良い」というパターンやバスコレ自体に対する勝手な思い入れでランクインしてる物が多いのでそれほど地域色が出てない感じですかね。
2弾シクレは「ちょっと違う仕様の車を並べると超楽しいじゃ~ん」を教えてくれた製品で、個人的には結構重要な位置付けなので順位付けに悩みました。
自作品のお気に入りはやはり最新作のキュービックノンステCNGですかね~。ボチボチBLOGにも載せねば(汗

長々と失礼しました。今年も宜しくお願い致します。
Commented by blog-MrT at 2015-01-02 21:25
新年あけましておめでとう御座います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by blog-MrT at 2015-01-02 21:28
■B5101さん

メール再送有難う御座います。添付ファイルもきっちり保存しておきました。

>Nexus7 2013
外れ個体に当たってしまったようですね。家の2012は異様に好調です^^
Commented by blog-MrT at 2015-01-02 21:54
■TROOPERさん

「あの辺」ですね……バレバレです(笑
西東京バスもこうして見ると基幹の型式は案外揃っているのですね。西武系はもう少し充実しても良い気がします。

広電HTの熊野営業所、家も何処かに仕舞ってあったと思いますが何処にあるのやら…もう何年も見てないような。
この手の商品にはちょっとしたプレミア感て(適度に)必要なのかも知れないですね。家は走行セットB系を余り買っていないので、その中に付属するバスは何となく貴重な雰囲気を醸し出しています。

今年もよろしくお願いいたします。
Commented by blog-MrT at 2015-01-02 22:06
■3501Fさん

こちらも地元で決めてますね(笑
愛知県ではエアロスター(扁平)ノンステップの標準尺や、ブルーリボンシティ(否ハイブリッド)の標準尺、エルガノンステップの標準尺等も必要になりそうですね。私を含め4名だけでもこのランキングの違い、商品化企画も難しくなる訳ですね。。 仕掛かりは油断するとどんどん増えるので、私の二の舞にならないよう^^;

今年もよろしくお願いします。
Commented by blog-MrT at 2015-01-02 22:40
■かねよしさん

興味深い内容ですね。
パラメーターが多いとは仰る通りで、つまりそれだけ価値観の違いが出ると。。

>好きな車種がたまたまバスコレで出来が良い
これは本当にそうですね。そう言われると私の9・7・3位が正にそれに当たります。
本当は全部出来が良くあって欲しいものですが… それは言うまい(笑

>ちょっと違う仕様の車を並べると超楽しい
おっと、この楽しさは私も2弾のHTシクレかも。当時は国鉄バスばかり集めていましたが、このシクレを引いた事から何かが始まった気がします。 他に例えば国鉄バスに広電のメトロ窓を入れ替えたり… 知識が無かったからこその楽しみ方かも知れませんが、それでもそれなりに愉しめたものです。今は私も含めて頭でっかちになりがちで、ちょっと違うと「エラー」。間違い探し大会のような流れが少し残念ではあります。 基本寸法や基本造型はしっかり作って欲しい(出来れば目立つ屋根上パーツはなるべく正しく)、細かいディティールについてはタイプでも全然構わない~これは私の趣向ですが、ここでも価値観の違いが出て来そうで一概に括るのは難しそうです。 

>ボチボチBLOGに載せねば
おっ、、あの遠鉄シリーズ遂に解禁??(爆w
今年もよろしくお願いします。
Commented by とある美琴の桜子 at 2015-01-02 23:29 x
明けましておめでとうございます。そして、先月の13日はお疲れ様でした。

数が集まってくると、その中でも好きな準ってつけてみたくなりますねぇ。
その時の主役1台を中心に脇を選んでみたら、脇役の方が主役にって感じにその時のすきがわかったりもするので、順位ずけとまではいきませんが・・・
振り返ってみると、バスコレに足を踏み入れたきっかけの"川崎市新7Eノンステ"、ザ・地方ローカルって感じの"羽後交通エアロスターK"や"鳴門市営7E"、3扉の"関東バスの7E"といった個性のある子なんかいいなぁって。もちろん現在の主力車両があってこそです。
エルガみたいな丸っこいのがいいと思ってたら、エアロスターのきっちりしたような形も良かったり、1台で完結するシチュエーションもバスターミナルみたいに集まるのも好きなので、こう書きながらも迷ったりします。

今年もよろしくお願い致します。
Commented by 木ねじ at 2015-01-03 00:13 x
何やら面白そうな話題ですね^^
自分はURLの光景がやりたくて北鉄バス作ってた感があるので、達成されてしまってからはバスからも遠ざかり気味ですが^^;
そろそろバスも何か作りたいなぁ~とは思うものの、しばらく工作から遠ざかると腰が重くなってダメですね(- -;) 今年はバスに電車に何かしらコンスタントに手を動かして作っていきたいものです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。とりあえずまずはお待ちしておりますw
Commented by 市内循環 at 2015-01-05 00:49 x
(少し遅いですが)明けましておめでとうございます。

500種を超えたバスコレについて自分の中でのランキングを付けるのは、私自身も意外とやっていそうでいなかったり…。とりあえず暫定1位は、東急バス観光60周年記念セットのエルガ・エアロスターですね。

生まれてから現在まで東急バス沿線に在住し毎日のようにお世話になってきましたが、実は私が住む地域には上記のどちらも走っておりません。実際には同じ色で違う車種(もしくは仕様)も他の営業所に存在しますが、それすらも地元を走っていません。
この製品の発売情報を入手した際に上記の理由から購入するか否かを迷いましたが、地元事業者の記念モデルということで結局購入。カラーリングの格好良さは想像以上で、やはり購入して良かったと思いました。(他の方に比べてあまりに内容が偏りすぎてますね 笑)

完全新規の車種やかつて発売された車種のリニューアル品と、今年のバスコレはどう展開していくのかとりあえず期待ですね。
(リニューアルはエアロMとかそろそろ出て欲しいと思います。第4弾のままでも悪くはないですが、もう少し何かこう彫りの深さが欲しい…)
長くなりましたが今年もよろしくお願い致します。
Commented by blog-MrT at 2015-01-09 20:53
■とある美琴の桜子さん

あけましておめでとう御座います。
ランキングとして並べようとすると様々な要素が出て来て難しいですよね。 どれが一番となるとやはり特徴がある車の方が目立ちますしよく話題になるものこんな車。しかしバスコレは1/150ですので、その特性を考えれば"製品としては"なるべく汎用性があった方が沢山買い易い&嬉しい気もする…難しいです。 今後どんな企画があるのでしょう、、何かこう「グっと来る」製品に期待したいです。

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
Commented by blog-MrT at 2015-01-09 20:59
■木ねじさん

画像拝見、、これですよ私好みのシチュエーションは。
目立つ車は作るから、ベーシック且つ数が要る車は製品で是非、、、と(汗 いい絵です。

>バスも何か作りたいなぁ~~とりあえずまずはお待ちしております
こらこら、バス工作の魅力は貴殿から教わったのですが何か(笑
それと先日はお世話様でした。今度は時間を作って何処かご案内頂けたら嬉しいぞーーなどどあつかましい事を言ってみる。大畠のお店にもご一緒出来れば尚^^ また近くお会いしましょう。 今年もよろしくお願いします。
Commented by blog-MrT at 2015-01-09 21:26
■市内循環さん

あけましておめでとう御座います。
東急沿線の方であれば、やはりあの製品は魅力あるのでしょうね。今度出たセットもその続編のような感じですが、これも良く仕上がっていて好感が持てます。 製品は数あるタイプの中から幾つかを抜粋するしかありませんので、完全に地元の営業所だったりツボな車が選ばれる事は難しい側面もありますが、同事業者のものであれば先ずは有難し…でしょうか。 神奈中にしても、私個人的な趣向からは8種全部微妙に外しているのは確か。それでもあるとないでは大違いです。

>完全新規の車種
残った所謂メインストリーム且つ事業者独自色が余り濃くない形(ある程度普及していてまだ製品化されていない形)ってどの辺なのでしょうか? 大型路線だと富士重工3E・川崎のCJ*・呉羽ではない三菱のMR・西工53MC 辺りかな? 尺違いやステップ違い・既製品のリニューアル含めればまだまだ膨大ではありますが…完全新規となると案外少ない??

今年もよろしくお願いいたします。
Commented by カリスマ車掌R’ at 2015-01-11 11:58 x
あけましておめでとうございます。
今年も散財上等、頑張ってまいりましょう。

私のランキングですが、一つ一つ確認して順位をつけるのが面倒なので1位だけ…

1.新常磐交通(15弾/品番178)
今までの人生で、乗り物関連で衝撃を受けたのが2回あり、
そのうちのひとつが常磐交通のカラーリングを初めて見たときです。

臨港銀バスと川崎市バスの地味なカラーリングしか知らず、
初めて見た東急バスに「赤い臨港バスだッ!」と騒いでいたような餓鬼んちょに
あの複雑なカラーの常磐交通は、それはそれは刺激的に映りましたw
帰宅後にまったく思い出せず、チラシの裏にスケッチできず悶々としていたのも大きいですw

・・・

バスコレの総数の件、私も台帳をつけておりますが、こちらは539種となっています。
Tさんの集計表、合計欄の関数を見直してみてはいかがでしょう。
(それとも立川バスのK品番の値「6+2」を8に書き換えるのが必要?)

・ブラインドパッケージ(バスコレ・ミニバス・シークレット):267
・オープン(N品番):79
・イベント限定:21
・動力セット:5
・全国バスコレ:20
・特注(リラックマの重複込み):145
・雑誌:(KD品番):2
以上、539種
それに、先日リリースされたローカル路線バス(LB品番)2種が追加です。

ちなみに、他のシリーズ(1/150スケールのみ集計)は…
・鉄コレ:906種( + 予定品19種 + K品番の歯抜け1種)
・カーコレ:417種
・トラコレ:133種
・トレコレ:73種( + 予定品10種 + シクレ1種?)
・建機コレ:20種

おまけw
・サボコレ:127種(C61模型付き含むw)
・鉄道むすめ:272種(はこてつ・特別快速含む)
・バスむすめ:34種
Commented by blog-MrT at 2015-01-16 03:56
■カリスマ車掌R’さん

返信遅くなってしまいました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

>1.新常磐交通(15弾/品番178)
おっと北村ですか! このモデルは印象把握が上手いと言いましょうかデフォルメが上手いと言いましょうか、模型としての成りがとても良いですよね。懐かしい思い出の中のものが立体になって所有出来る・・・模型趣味ならではです。

>こちらは539種となっています
関数は合っていましたが、単純に東急の最新セットを含めていないだけでした。しれーーーっと修正(汗
名前
URL
削除用パスワード
<< 2015/12/25(最終更新... 2014/11/21  YAM... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
■カリスマ車掌R’さん ..
by blog-MrT at 01:43
今度の土日に海老名の"小..
by カリスマ車掌R’ at 23:19
■あきさん 先程は..
by blog-MrT at 01:03
東武バス5台セットの内容..
by あき at 20:35
■非公開コメント様 ..
by blog-MrT at 01:44
■西工58MCさん ..
by blog-MrT at 01:44
■さ63のファンさん ..
by blog-MrT at 01:41
■3501Fさん ..
by blog-MrT at 01:34
■ももうらさん 岡..
by blog-MrT at 01:28
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.