製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/11/11 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
11/11:西武バス MP38オリジナル仕様(A品番)他を追記
11/11:JRバス発足30周年記念各種セットを追加
11/11:中鉄バス新旧カラー2台セットを追加
11/11:国鉄ローカル線転換・代替バス 標津線(阿寒バス)を追記
11/11:九州産業交通×ヤマト運輸「くらしハコぶバス」を追記
10/25:バスコレパーツ構成一覧表更新
10/15:バスコレパーツ構成一覧表更新
10/04:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/30:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/17:バスコレマニアックスPart.2に追記

2015/07/30  神奈川中央交通 YAMATE LINER(ファミリー)完成!


神奈中YAMATE LINER=11(60)系統専用車とロゴが変更された一連の特別塗装車合計7台が完成しました。 一昨年には完成していたつもりだったワンステップ車も前扉周辺の黒の塗り分けを修正しました。コメントでのご指摘に感謝です。

この車の概略を箇条書きすると……

・横浜市営バスより移管された11系統向けに茶系の特別塗装車が投入される。
・舞岡営業所が担当し、当初はMP35ワンステップバス12台で運行を開始。
・運行開始から2ヶ月も経たないうちにMP37ノンステップバス12台が投入される(これで特別塗装車は24台に)
・押し出されるようにワンステップバスの殆ど9台はロゴをKANACHU-BUSに変更して他系統へ転用。
・お125号車は非営業の訓練車として転出(伊勢原営業所常駐)
・2011年秋の舞岡管内全線運行委託化に伴い全車車番頭に0が付く。
・2012年6月頃からロゴを新しいCIのものに変更。MP37は後ろ面のNonStepBus表記が消える。

……こんな感じでしょうか。

当初MP35が導入されたもののその直後にMP37が導入された事から一気にバリエーションが増えました。一台は訓練車にもなっており、現状この塗装の車だけで4種。模型としても作り甲斐のあるものとなっています。




神奈川中央交通 舞岡営業所 お65 YAMATE LINER PJ-MP35JM


2007年3月に導入されたワンステップバスで、現在でもYAMATE LINERロゴのまま残る[ お65 ]号車です。車番頭に0が付かない本体営業所時代をプロトタイプとしました。 LED表示はオリジナルの「11 桜木町駅前」 今もYAMATE LINERのまま活躍するワンステップバスは[ お016 ][ お0155 ]号車と合わせて3台のみとなっていますので、模型もバランスを見て1台だけの製作としました。 種車は15弾北海道中央バスです。



神奈川中央交通 舞岡営業所(横浜営業所舞岡操車所) お052 KANACHU-BUS PJ-MP35JM


こちらも同じく2007年3月に導入されたワンステップバスですが、僅かの間にロゴをKANACHU-BUSに変更され一般路線へ充当されるようになった[ お052 ]号車です。 こちらは三楕円CI+0付き(神奈交運行委託仕様)としました。 舞岡管内全線運行委託化された2011年秋頃~ロゴが現在のものに変更される2012年6月頃の短い間の姿です。 LED表示は「30内回り 上大岡駅」としましたが、内回り表記付きはごく最近の表示で、3楕円との組み合わせは無かったかも知れません。



神奈川中央交通 舞岡営業所 お136 KANACHU-BUS PJ-MP35JM


現在のワンステップバスの多数派=KANACHU-BUS仕様をもう一台。こちらは本体時代の0無し仕様としています。 前扉周辺の黒の塗り分けはてっきり「ドアだけ黒でしょ」と思い込んでいたところ、コメントにて有り難いご指摘を頂戴し無事修正を完了しました。 本当は屋根に乗る丸型通風機も少し大きい現行パーツに替えたかったのですが、茶色の塗料が枯渇している事からとりあえずはそのままとしました。一応少し浮くように小細工は施しています。 LED表示は「上202 東戸塚駅」としています。 そして、写真を撮ってから気付いた…… この車だけ非常口右下のパネルラインを埋め忘れorz(1)



神奈川中央交通 舞岡営業所 お3 YAMATE LINER PJ-MP37JK


こちらは現在の11系統の主役MP37ノンステップバスです。 この作品のベースはケース付属の無塗装バスですが、都営バスでも部品構成は同じです。種車の他に4個ファンクーラーと丸型通風機を一つ用意すれば一通りの材料は揃います。 今回はフォグランプが小型化された姿を再現する為、他にワンステップの前面を用意して組み込んでみました。 さらに左側エンジングリルの最上段の後端を埋め・中扉の上に足元灯を取り付け・右側面の一部蓋とパネルラインを変更~~とさも「作ったぞ!」的に書いてはいますが、非常口右下のラインを引き忘れ……まぁこんなもんですorz(2)  LED表示は「11 保土ヶ谷駅東口」としました。



神奈川中央交通 舞岡営業所 お72 YAMATE LINER PJ-MP37JK


ノンステップ2台目は上と全く同じ仕様です。加工箇所も同じ=忘れたところも同じ(涙
一台くらいは現行ロゴの仕様で作ろうかとも考えましたが、後面のNonStepBus表記と(中)Kanagawa Chuo表記が無くなっている事に気付きヤメ。 LED表示は[ お65 ]と被る「11 桜木町駅前」としています。 YAMATE LINERロゴの車は余り他の路線に入らないので、わざとらしくないイメージに仕上げるなら11か60しか選択出来ないのが何とも。 かと言って回送は選び難いし…… と、こんな感じに完成後に方向幕やLEDを選ぶ作業は悩ましくも楽しい一時です。



神奈川中央交通 舞岡営業所 お170 YAMATE LINER PJ-MP37JK


3台目も99%同じ。 上の2台との違いは前面セーフティウインドの下に貼ってある補助対象ステッカーの有無だけです。 この手の小さな表記やステッカーの類の表現には余り積極的ではない私ですが、3台同じものを作るなら変化を付けてみようと特別に再現しました。 WEBで調べてみると同じ[ お170 ]でも付いていたり付いていなかったりと時期によって異なる様子で、2012~2014年11月までに自身で取材したメモや画像を観察すると、この期間で貼られていないのは[ お170 ]一台だけの可能性が高いようです。さらに、標準ノンステップバスのステッカーも貼られていません。(模型では全車省略しています) 納車直後は他の車も含め貼られておらず→その後貼り付け→パネルの修繕など何らかの理由で剥がされた??~真相は不明。 LED表示は「60 磯子駅前」としました。



神奈川中央交通 横浜営業所舞岡操車所 お053? YAMATE LINER QKG-MP37FK


こちらは2014年2月に突如一台だけ投入された最終型MP37ノンステップです。 専用カラーである事で乗降方式に変化が無い為か、同時期に平塚営業所に投入された車と同じく運賃幕が廃されセーフティウインドが付いた一般的な仕様となっています。 乗降中表示機はスロープ使用時に車椅子マークを表示できる長尺タイプになっているのもこの仕様の特徴でしょうか。 車体には(中)社紋・前面に3楕円そして現行の新CIと三種のロゴが混在していて賑やかです。 今時のUVカットガラスや黒サッシ仕様の窓… 常々感じていた「この塗装は黒サッシの方が似合ってないかい?」が現実のものとなり実に格好良い! ~と自我自賛(笑 
しかしこのバス、側面のロゴこそYAMATE LINERですが、実は11や60系統を走る姿は滅多に見られず、普段は上大岡駅や東戸塚駅界隈の路線を中心に活躍しています。 同カラー車の所要数は十分間に合っていると思われるだけに、どうしてこの車が投入されたのかは謎のままです。




移管当初から活躍したワンステップバスと現在の主役ノンステップバス。両者はシートモケットの色が異なるので模型でも一色表現ながら塗り分けてみました。ワンステのグレーは少し明る過ぎたかも。 もっと実感的に表現するなら前面窓から見えるメータークラスタ周辺を実車の色に合わせて塗っておくと効果が大きそうです。

ワンステップバスの丸型通風機については、折を見て当時の製品より少し大きくなった現行のパーツに交換する予定。今回は茶色の塗料が枯渇していた為先送りとなりました。 上でも書いたようレシピが無く作るのに時間が掛かる… 調合塗料は多めに作っておけ~が鉄則ですがなかなか実行出来ません。



地味に弄ったエンジングリルが個人的に満足度高し。グリル最上段の右端を埋めて開口部を僅かに小さくしています。製品では表現を端折っているのでちょこっと弄ってみました。

MP37については側面の反射板に外注インレタを使っています、、、がこれはイマイチでした。 これまでは自家印刷したデカール(メタリックオレンジ+黒枠付き)を使っていましたが、余りにも印刷歩留まりが悪く作業性も悪いのでインレタで省力化を目論んだ次第。 ついでにバスコレ同様のソリッドオレンジ一色表現としてみた訳ですが……微妙。 製品のようにウインカー等もソリッドカラーで表現していればこれでも良かったのでしょうけれども、作品はシルバーベースのクリアオレンジ仕上げなのでバランスが合わないですね。 結局次のラックバスではまたデカールに戻しました。



全車雨トイ表面の銀の色入れは省いています。 一応ワンステップをドボンする前に試してはみましたが、輝きを抑えた銀で表面だけに細くキッチリ入れないと見た目がかなり煩くなる印象でした。 茶色ベースに銀はちょっとのはみ出しや蛇行が凄く目立ってしまう→雨トイモールドの角が丸い→作業がとてもシビア→7台全車完璧且つ同クオリティに仕上げる自信が無い→撤退!



インレタ作業で苦労するのは前面でしょうか。車体の保持方法も去る事ながら、YとA(KとA)の間にある車体のパネルラインをどう避けるか… 模型のパネルラインは実物換算で5~6倍太くなる事からこれも一つポイントになります。 拙作ではインレタの割付のままではなく作業時に気持ち間を空けて貼り付けてみましたが、文字消えは避けられたものの若干不自然さが残っているような気もします。 もし次回作があるなら文字が貼られる部分だけ軽くラインを埋めておく(平らにはせず浅めにしておく)方法を試してみようかと。
左下は最近の新車?? 現行ロゴになると後面のNonStepBus表記が無くなってしまうのが模型的に見せ場減少とあって個人的には今一つ。(後追記→)さらに、本当は白色の(中)kanagawa Chuoも現行ロゴになると消えるのですが、すっかり忘れて貼り付けてしまいました。ネタとは言え失敗…



突如入った新車? まさか本気で信じる方はいらっしゃらないと思いますが… 一応書きますとこれネタです(汗
新車好きとしてはやっぱり見てみたい新車の同カラー。模型の世界なら実現可能って事で仕込んでみました。 種車の全国バスコレ東急バスとは表示機配置が異なる為、側面窓は神奈中セット3から調達→戸袋部分の目隠しは製品の表面印刷を消して窓裏から塗装し直しています。 ホイールは銀の方が良かったか… 現場では唯一のISO茶色ホイールとあってか厄介扱いされている模様です(笑 現在カラードホイールは採用出来ない筈ですが、、、あれ? 

側面の大きなロゴは背高ノンステップ車体に合わせて創作しています。 オリジナルの寸法&割付ですので、"まともな"ワンステップバスやノンステップバス向けデータとは全く異なります。 もう一台分残しているので、将来MP38の製品化が適った暁にはまた捏造を画策してみたいものです。



並べてニンマリ。お酒が得意なら3杯は、、、ってな気分でしょうか。

神奈中で作りたいもの~~「青いワンロマ」「青いノンステ」「横浜神奈交」「相模神奈交」「町田のリフト車」「旧貸切カラーの特定車」「エアロエース」「B800N」~~若干エアロスターの工作は飽きて来ましたが、欲しい車の殆どがエアロスターなのは如何ともし難い…… 先頃またかなりの台数をドボンしまして仕掛を激増させました。 最近は車体を切り刻むような濃い工作を伴うネタも無く、暫くは車種も含めて似たような記事が続きます。ご容赦の程。




■材料と主な加工箇所


この他共通加工として、ロゴ貼り付けの邪魔になる非常口の取っ手窓?は一旦削除してデカールで復活させています。


■色について(参考になりません)

・GSIクレオス Mr7 ブラウン  →茶色のベース
・GSIクレオス GX1 クールホワイト  →クリーム色のベース
・GSIクレオス CR1 色ノ源シアン  →茶色の調整用
・GSIクレオス CR2 色ノ源マゼンタ  →クリーム色の調整用
・GSIクレオス CR3 色ノ源イエロー  →茶色/クリーム色の調整用
・GSIクレオス Mr49 クリアオレンジ(旧製品)  →ウインカーの上塗り
・ガイア 032 アルティメットブラック  →黒い部分全般
・ガイア 009 ブライトシルバー  →銀色の部分全般・ウインカーの下塗り
・ガイア EX-03 EXクリアー  →シルバーを希釈する際剥がれ予防に添加
・この他内装用に適当なグレーと青色

茶色はMr7ブラウンをベースに純色カラーで調整、クリーム色も同じく白立ち上げの純色カラーで"適宜"調合してしまった為レシピは解説不能です。 特に茶色についてはこのブログでも様々な色に写っていますが、露出や照明具合・背景の色を替えると色がころころ変わりカメラ素人の私には撮影が難しい事、ワンステップ車を仕掛かっていた頃の古い記事ではその後2度塗り直している事からはっきり言って各記事の色は参考になりません。 もし実車を見る事が可能なら是非WEB上の画像ではなく現車を見てご判断頂くのが一番かと思います。 晴れの日に見るとミルキーな明るい茶色、曇りの日は少しくすんだチョコレート色、クリームは私が塗装した色よりもう少し赤っぽいような気もします。 私はデジカメに写りがちなイメージを加えてアレンジしてしまいましたので、製作の際はその点ご留意を。


■過去の関連記事

・MP35車体工作関連 2012/05/12 神奈中バス 舞岡の茶色いアレ?2題 YAMATE LINER vol.1

・マスキング作業の工夫 2013/06/22 YAMATE LINER vol.2 塗装完了??

・インレタ貼り方のコツとヒント  2013/07/18 YAMATE LINER vol.3 塗装済み~組み立て前段まで

・MP37車体工作関連・前面入れ替え作業 2014/09/20 今日の工作台(エアロスターノンステの前面入れ替え)

・データ製作中 2014/09/27 今日の工作台(YAMATE LINERのデータ製作)

・塗装完了していません 2014/11/07 YAMATE LINER ノンステップ ボディー塗装完了

・MP37塗装完了 2014/11/21 YAMATE LINER 今度こそ塗装完了?(前扉周辺の塗り分けについて)

・下回り整備~ホイールの塗り方 2015/05/20 YAMATE LINER&自転車ラックバス下回り整備他

・窓の仕上げと注意点 2015/06/12 YAMATE LINER 窓の塗装と仕上げ

頒布品をご購入頂いた皆様には是非2013/07/18の記事を一度ご笑覧頂ければ幸いです。 車体の固定方法やデータを製作の際に想定しているインレタの貼り方などをまとめています。


■全24台現在の社番

==YAMATE LINERロゴ==
MP37ノンステップ12台(お03 / 06 / 017 / 026 / 066 / 072 / 0116 / 0129 / 0170 / 0171 / 0173 / 0175)
MP35ワンステップ3台(お016 / 065 / 0155)

==KANACHU-BUSロゴ==
MP35ワンステップ9台(お043 / 047 / 052 / 061 / 067 / 093 / 098 / 0136 / 元125=訓練車)



■[付録] 11系統とYAMATE LINER ※もうちょっと詳しく、、、

11系統は2007年3月まで横浜市営バスが運行していた系統で、桜木町駅~保土ヶ谷駅を南回りに迂回する形に所要45~50分ほど掛けて結ぶ路線です。 2006年夏に示された横浜市営バス再編案で一時廃止候補に指定されてしまいましたが、横浜市生活交通維持制度により神奈川中央交通へ移管する事で存続が決定されました。 神奈川中央交通はこの路線に茶系統の小洒落た塗装に大きなロゴをあしらったMP35ワンステップバスの新車12台を投入して4月1日から運行を開始。 暫くこの陣容で続くのかと思いきや、運行開始から2ヶ月も経たない5月末頃からMP37ノンステップバス12台が続々と投入され、瞬く間にその運用を置き換えてしまいました。 これにより計24台となった特別塗装車のうち、当初投入されたワンステップバスの殆ど9台はロゴを「KANACHU-BUS」に変更して他系統へ転用。 YAMATE LINERのまま残ったワンステップバス3台とノンステップバス12台でこの11系統と同じく横浜市営から移管された60系統を担当する形となりました。 その後[ お125 ]号車は訓練車として転出、2011年秋の舞岡管内全面運行委託化に伴い車番頭に0が付き、2012年6月以降順次新しいロゴに変更されて現在に至ります。

11系統に話を戻すと、桜木町駅を発車したバスは先ず馬車道~日本大通りと言った行政の中心部を通り、中華街から元町商店街の東詰めに達します。 ここから一気に坂を登ると港の見える丘公園。日本の鉄道の父と称えられるエドモント・モレルが眠る外人墓地前から暫し洋館や教会が立ち並ぶ丘上の山の手地区を快走し、歴史的建造物に指定される打越橋を過ぎるとちょっとした狭隘区間が始まります。 途中バス同士がすれ違わないように専用信号機が設置されているのはこの界隈のバスファンには知られた話でしょう。 広々とした敷地に散らばるアメリカンハウスを横目に山谷バス停を右に曲がるとまるで滑り台のような急坂で一気に駆け下ります。 すると風情は一変。典型的な下町風情を醸し出す蒔田から南区役所、春には満開の桜で川面をピンクに染める大岡川を跨ぎ、浜っ子の味?かもめパン工場のある永田(北永田)を過ぎてもう一息坂を登れば間もなく終点保土ヶ谷です。 横浜の全てとは言わずとも、丘陵地が多い横浜市の地形的特徴や都心部~山の手~下町と実に様々な表情を1本に凝縮して見せてくれる路線となっています。 横浜のバスを1つだけ乗るなら、、、この11系統をお勧めしたいです。


■感銘を受けたサイト/参考にさせて頂いたサイト

・打越橋をNスケールでモジュール化 いものにもの様

・各種データ等 かなちゃん号のページ様




by blog-MrT | 2015-07-30 01:18 | バスコレ(改造系) | Comments(20)
Commented by mamenokirail at 2015-07-30 12:59
この変態め!!ww
あー↑一応誉め言葉だからね
ネタはもう少しネタとしてしっかり記載する方が良いかもしれんねぇ…(マジ勘違いする輩がおるんで)
Commented by とある美琴の桜子 at 2015-07-30 19:15 x
先日はありがとうございました。

"わぁお、茶バスがいっぱい"って興奮してきますねぇ。
大きな駐車場(?)に並んでる光景も、黄色以外のバスがそろってきたことで生き生きとしてるのを感じられます。

今回のみたいに、青いエアロスターワンステ・エアロスターノンステ・CNGノンステ、そして7E各車が並ぶ日も近そうですねぇ。
Commented by TROOPER at 2015-07-31 04:49 x
ご無沙汰しております。
なるほどインレタを仕上げるとこうなるのですね。買ってよかったw
いつぞやのイベントで一つ手に取らせていただきました。
しかし最近は「叶う」「作れる」「所有している」と言う状況に満足してしまい、
まるで作ったように安堵してしまうのは何でしょうね。最大の敵はこれですわw
Commented by ぽち太郎 at 2015-07-31 21:33 x
こんばんは。

良い眺めですね(^^♪
流通量の少なくなった昨今では種車の確保が最優先かもしれませんね。
次回作も期待しております。
Commented by LVファン at 2015-08-01 00:17 x
7台とは??




こういう事でしたか!あー管理人さんらしいww
黒サッシとの相性も抜群ですね。失礼かも知れませんがこの中で一推しです(^^ゞ
もし本物が入るならMP38かな。バスコレでも製品化して欲しいですよね。

ps
家もワンステ二台ノンステ一台完成しました。今度窓のマスキングのコツを教えて下さい。
エアブラシで吹いてもどうも綺麗に塗れなくて…
Commented by 3501F at 2015-08-01 07:52 x
こういった風に並ぶと壮観ですね。神奈中には明るくないので最後の奴も一瞬いるのかと思ってしまいました^^;

MP38も名鉄バスに今年度大量投入されているのでこの夏に作りたいですね。そう言えば12月にエルガのN尺ノンステが出るらしいのでそれも気になるところです。
Commented by blog-MrT at 2015-08-01 22:07
■まめさん

えぇとっても光栄です(笑
まぁ本気にしていただければそれはそれで成功だったのではと、、、違?
Commented by blog-MrT at 2015-08-01 22:10
■とある美琴の桜子さん

いえいえこちらこそ。わざわざご足労頂き有難う御座いました。
作りたい車は多くも時間が掛かり過ぎかな。。。
こうして並べる事が目標でもあるので牛歩ではありますが地道に作って行ければと思っています。
Commented by blog-MrT at 2015-08-01 22:16
■TROOPERさん

おっと、、お買い上げ有難う御座います。
確かに材料を揃えるまでは執着するも、いざ揃うと仰るような感じに結局作業に進まなかったりしますね。
「積みモデラーあるある」、、かな(笑
まぁインレタなぞそのままにしておいても何の役にも立たないので、なるべく早めに使って頂ければ嬉しいです。
今なら外注品含めて予備を取ってありますので失敗しても何とかサポート出来るかも知れません。
Commented by blog-MrT at 2015-08-01 22:22
■ぽち太郎さん

有難う御座います。

>流通量の少なくなった昨今では種車の確保が最優先
確かにそれはあるかも知れませんね。15弾も一時は売れ残っていた感がありましたが、最近は中古でも北海道中央や神姫バスなどは余り出て来ない雰囲気ですね。秋葉原の某中古やに幾つか出ていましたが定価の倍以上…驚きました。
19弾の方は転売を糧にする方が余り手に取らなかったのか、そもそも流通量が少ないのか、これも人気事業者は余り見ません。出て来てもちょっと、、、なお値段ですね。ブラインド&売り切り品である以上こうなってしまうのは致し方ない事ですけれども。
Commented by blog-MrT at 2015-08-01 22:34
■LVファンさん

こう言う事です。実は前回窓の塗装について書いた時にちょっとだけ登場させていたのですが、気付かれなかったですね(笑

>失礼かも知れませんが
いえいえ大丈夫です。実は私もこれが一番のお気に入りだったりします(爆
本物はMP38に切り替わっていますので、もし入るなら当然それでしょう。ただ、茶色い塗装で入るかは限りなく懐疑的な私。根拠はありませんが、次は普通に黄色いバスではないかと予想しています。 バスコレでもMP38の製品化、、うん欲しい!^^

>窓のマスキングのコツを教えて
コツですか、、 これと言って特別な作業はしていないのでコツと言われると困るのですが、普通にエアロスターの窓のマスキング手順で良いのかな? ぶっちゃけると手間勝負みたいな感じになりますが……
Commented by blog-MrT at 2015-08-01 22:46
■3501Fさん

有難う御座います。ぱっと気付かれないネタ、、作った甲斐ありました(笑

>そう言えば12月にエルガのN尺ノンステ
あら、、ノンステでしたか! 先ほど書いた記事しれーーっと修正しておこう。(てっきりワンステだと思い込み・すみません)
となると名○屋方面の方々にもかなりニュースな製品化となりますね。高速1… エルガは屋根が厚く切り継ぎが難しい場合もありますので、製品できっちり作ってあれば工作ファンとしても有用ですね。
Commented by 凡人オヤマダ at 2015-08-02 12:54 x
非常にかわいらしい・・・・・

YAMATE LINERとラックバスは両方とも色がオサレ系ですので特にそう見えます。

絶妙のさじ加減で調合された色と共に細やかな標記とかが愉しく思えてきますね。

ナゾのMP37YAMATE LINERは非常に格好いいです。大型の窓に黒サッシがイカしています。

MP38も出てきてほしいですね。実車・模型両方とも。
かなちゅうではありませんが、岐阜バスにも新顔エアロスターが結構な数が導入され柳ヶ瀬あたりを走り回る姿をみます。名鉄の方はまだ見たことがありません。(最近岡崎とか一宮へ行かない)

あとリンク先にありますレーザー抜きされた打越橋モジュールはすごいですね。犬山橋も作っていらっしゃいますが。
犬山橋モジュールも作られたそうですが・・・・。

Commented by blog-MrT at 2015-08-03 20:29
■オヤマダさん

>YAMATE LINERとラックバスは両方とも色がオサレ系
実は色が違うだけで基本の塗り分けは殆ど同じだったりするのですが、神奈中にしては何時に無くオサレなデザインではあります。 模型にするとチョコレートバーのようです(笑

>MP38
商品展開的にも基幹車種の新型は揃えておいた方が良いでしょうね。今では各所で見るようになったので、無いと困る車種の一角に入って来たように感じます。工作ファンとしてはこれが製品化されれば前面をMP35に移植して楽しむ事も出来ますので期待したいところです。

>打越橋~レーザーカット~犬山橋
あら、犬山橋も製作されていましたか。 まだ全部は読んでいませんが読みたくなるような内容のブログですよね。吾妻橋など見ていると圧巻~物凄い根気を感じ、何時かこういう工作やってみたいな~と思わされる魅力を感じます。橋梁+ペーパー+レーザーカットは相性が良いのでしょうか。
http://dc-crafts.main.jp/trm/rinji/image072.jpg
↑は30年前位に解体してしまった家のレイアウトの残骸です。長さはTOMIXの橋梁3スパン分・ペーパー製(切り抜きは手加工)で父が作ったものです。各所壊れてしまった&煤けてしまいましたが、これだけは何となく捨てられず今も倉庫で寝ています。
Commented by LVファン at 2015-08-06 16:20 x
管理人様
もちろんどんな形でも助かります。出来れば細かく工程が見れると勉強になります。
お手隙の時にでも(汗)すみません
Commented by たか at 2015-08-07 12:31 x
かなり前から拝見していますがコメントは初めてです
この6台、どれも手が凝んでいてすばらしいです。しかも、横浜に住んでるいるにもかかわらず「お053号車」については実在するのかと思って検索してしまいましたww
黒サッシが引きしまっていますし、ISO茶ホイールもお似合いですね。いつもウソバスの質がとても高いので拝見するたびニヤニヤしておりますw これからも良いバスを作って下さい!
Commented by blog-MrT at 2015-08-08 01:38
■LVファンさん

了解です。
次に塗装する機会があるまでお待たせしてしまうと思いますが、それで良ければ工程を細かく撮影しておきます。てか、ご飯でも食べながら説明した方が早いかと…^^
Commented by blog-MrT at 2015-08-08 01:48
■たか さま

ようこそ、はじめまして。
随分前からご訪問下さっているとの事有難う御座います。
うそバス~~現実離れした完全に架空のものから、もしかしたら存在する?程度のものまでいろいろですね。 私は比較的後者の方をそれっぽく作るのが得意ですので、ついでにありそうな?エピソードも加えて紹介してみました(笑 手前味噌ではありますが、個人的にも随分と格好良く仕上がったなと思っておりまして、こうしてコメントを頂いて嬉しさも倍加しております。作ってよかった、、

>これからも良いバスを作って下さい!
有難う御座います。こちらこそ、また是非突っ込みなどコメント頂けると励みになります。
今後もどうぞよろしくお願いします。
Commented by ブルドック移送幹事 at 2015-08-09 22:33 x
謎なMP37には、背筋がゾッとしました。似合ってます。カッコイイ!11系統専用車も8年経過しそろそろ次期車も気になるところです。使い倒しも考えられないのでそろそろMP38で置き換えか。あーMP38.、もーいくつ寝ると 謎、、
Commented by blog-MrT at 2015-08-13 04:35
■ブルドック移送幹事さん

YAMATE LINER~使い倒さないのですか??気になりますね。

>もーいくつ寝ると
ははははは、、、、どう反応したら良いのでしょう?
って事は、既に臨○○勢と捉えてOKですね??

にしても返しに困る…(笑
名前
URL
削除用パスワード
<< 2015/08/12  まだま... 2015/07/11  ALP... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
お久しぶりです。 ..
by とある美琴の桜子 at 04:00
ついにエアロキングが登場..
by 3501F at 21:56
ジオコレのツイッターでJ..
by 凡人オヤマダ at 18:10
■あっちーさん 実..
by blog-MrT at 00:30
■西工58MCさん ..
by blog-MrT at 00:24
■あきさん ご挨拶..
by blog-MrT at 00:21
こんばんは。 JR..
by あっちー at 00:26
先日10月14日に阪急バ..
by 西工58MC at 20:30
今日ご一緒したみなさん、..
by あき at 21:26
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.