製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/10/17 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
10/17:東武バスオリジナル5台セットの詳細を追記
10/11:全国バスコレクション JB041-2 小変更ver. を追加
10/11:全国バスコレクション JB053/JB054を追加
10/04:阪急バスオリジナルバスセット~続報(発売日)を追記
09/29:東海自動車オリジナルバスセット第2弾~続報を追記
10/15:バスコレパーツ構成一覧表更新
10/04:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/30:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/17:バスコレマニアックスPart.2に追記
09/17:バスコレ屋根上パーツ集に追記

2016/01/29  フィルム目安尺(フィルム製スケール)Rev.3.0


いつも有難う御座います。
デジタルデータ作成の際に地味に重宝する??フィルム目安尺をリニューアルの上再生産しました。

当フィルムは~(1)ブロックスケール (2)通常のスケール (3)丸スケール (4)分度器~の4つのブロックで構成されており、この内ブロックスケールについてお寄せ頂いたご感想や自身が使った感触から構成を変更しました。Rev.3.0となります。 そもそも何に使う道具かは過去の記事をご覧頂ければと思いますが、今日は変更点を中心に紹介させていただきます。

使い方・用途など(2012/09/29の記事)

フィルムは GMストアー PartsProShop秋葉原店様 にてお取り扱い頂いております。
品番:TF-002(400円)/ TF-002LTD(500円/店舗10個限り)





(2)の通常のスケールだけあれば良いのでは?~と思われる方も多いでしょうか。 しかし、実際ルーペ越しに目線だけで目盛りを数えるのは案外難儀するもので、寸法ごとに目盛りが切ってあるブロック方式が個人的には使い易いと感じています。 今回この部分を変更した訳ですが、具体的にはRev.2.2までは各寸法のスケールに隙間を空けて配置していたところをRev.3.0では1.0mm以降について隙間を無くした事、同時に黒塗り部分は経験上極細レンジ以外は余り使わない事から1.0mm以降では省略しました。これにより最大6.3mmまで対応させる事が出来ました。 ~0.9mmまでは隙間を無くすと読み難くなる事と黒塗り部分も使用する事からこれまで通りのセパレート配置としています。

Rev.2.2 : 0.1~3.5mm(0.15/0.25/0.35mm付き)
Rev.3.0 : 0.1~6.3mm(0.15/0.25/0.35mm付き)※黒塗り部分は0.9mmまで対応

ブロックスケール以外は変更ありません。



Rev.3.0では~0.9mmまでは従来通りですが上図のような配置としてみました。線尺と黒塗り尺の間もそれぞれの寸法で合わせてあります。隣の寸法との隙間=測れない部分にはN/Aを表示してみました。

1.0mm以降については隙間を無くした連続配置としています。セパレート配置では特に1~1.5mm近辺でスケール部分と隙間部分の寸法が近似して区別が付き難い(紛らわしい)とのご意見を頂戴しまして、この改善も盛り込んだ形です。 また、連続配置とした事で目盛りを2つ以上合わせた測り方も出来るようになりました。2跨ぎ3跨ぎ程度なら実用範囲でしょうか。 それ以上の跨ぎ数を直感的に使うとなると計算力スペック次第となりそうです。

(最初の目盛りの数+最後の目盛りの数)×跨ぐ目盛りの数÷2 とか。。。



0.1mm spanのスケールをカスレ無く現像する… 実はRev.2.2以降では最高解像度と線数に対応した高精度フィルム・現像機使い、さらに設定を煮詰める事でそれまで所々線が細くなってしまっていた事象を改善しています。



今回通常のTF-002の他にTF-002LTDとして6.4~10.2mmまで(9.5mm以上はRなし)をブロックスケールで対応させた拡張シートをセットして500円(税別/特価)にて用意させて頂きました。 バスコレのドア幅くらいは一発で読みたい、、単純に私が欲しかっただけですね…

LTDについては「GMストアー PartsProShop秋葉原店」のみの取り扱いとさせて頂いております。2枚目は裏面に封入、通常パッケージとは矢印部分が異なりますのでお買い上げの際はご確認ください。
※この価格は外注先様の懇意により実現している為今回限りとなります。


変更点は以上になります。お気付きの点ご要望などありましたら遠慮なくご一報ください。
今後ともよろしくお願いいたします。



初版 / TF-001 JNMA2012にて頒布
2版 / TF-002 Rev.2.0 ブロックスケールに0.15/0.25/0.35mmを追加とR付け・分度器を小型化
3版 / TF-002 Rev.2.1 丸スケールの小さいレンジに白抜きを追加 ※一部の目盛りがカスレる事象が悪化→全数ボツ
4版 / TF-002 Rev.2.2 最新現像機と高精度フィルムを使用・価格を税別に(すみません)
5版 / TF-002 Rev.3.0 ブロックスケールをリニューアル

by blog-MrT | 2016-01-29 09:49 | 頒布物 | Comments(3)
Commented at 2016-01-30 03:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by blog-MrT at 2016-01-31 02:59
■非公開コメント様

お問い合わせ有難う御座います。
申し訳御座いません。2枚組みは店舗に全て納入してしまい手持ちが御座いません。
店頭若しくは店舗通販をご利用下さると嬉しいです。よろしくお願いいたします。
http://www.gm-store.co.jp/Order/order00.shtml

※連絡先の記載が無い為こちらにて回答させていただきました。
Commented at 2016-01-31 21:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 2016/02/10(最終更新... 2016/01/28  Mer... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
■カリスマ車掌R’さん ..
by blog-MrT at 01:43
今度の土日に海老名の"小..
by カリスマ車掌R’ at 23:19
■あきさん 先程は..
by blog-MrT at 01:03
東武バス5台セットの内容..
by あき at 20:35
■非公開コメント様 ..
by blog-MrT at 01:44
■西工58MCさん ..
by blog-MrT at 01:44
■さ63のファンさん ..
by blog-MrT at 01:41
■3501Fさん ..
by blog-MrT at 01:34
■ももうらさん 岡..
by blog-MrT at 01:28
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.