製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/10/17 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
10/17:東武バスオリジナル5台セットの詳細を追記
10/11:全国バスコレクション JB041-2 小変更ver. を追加
10/11:全国バスコレクション JB053/JB054を追加
10/04:阪急バスオリジナルバスセット~続報(発売日)を追記
09/29:東海自動車オリジナルバスセット第2弾~続報を追記
10/15:バスコレパーツ構成一覧表更新
10/04:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/30:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/17:バスコレマニアックスPart.2に追記
09/17:バスコレ屋根上パーツ集に追記

2006/09/11  都営MP107K-3U(MP118) ブルドッグ2種の加工

K-MP107K-3U加工中

ブルドッグ… 地元では北村/日野RE100/富士3E/呉羽MRなど典型的なモノコック車が闊歩する中、屋根に乗る妙な箱や観光バスと同じ大きなリアウインドを持つ斬新な形態に当時は本当に衝撃を受けたものでした。 今の目から見れば同じモノコックボディーと括られてしまいますが、ペンギンマークも誇らしく威風堂々とした"よ65号車"~管理人にとってブルドッグは他のモノコック車とは一線を画す思い出深い車両なのです。

さて前置きが長くなりましたが、今日のお題はこのブルドッグです。 文章の流れからすれば"よ65"~地元かなちゅうバスと行きたいところですが、今回は管理人のシリーズモノ都営バス=MP107K-3U 2種として加工してみました。 画像右は小型幕や初期型クーラーが特徴的なG代試作冷房車、左は大型幕やナックルカラー、クーラー形状が変更されたH代後期~M代(M代はMP118)までの形態を予定しています。 情報によると試作冷房車もナックルカラーに変更されたらしいとの事ですので、管理人的にちょっと…な鈴木カラーには塗らない可能性大です。 塗装変更後のG代試作冷房車の画像何方かお持ちではないでしょうか?



■加工箇所など

ブルドッグ短尺化

バスコレデフォのM尺を都営バスの仕様に合わせたK尺化(実車WB4800mm)に変更します。 切断箇所は前輪~戸袋間です。 都営バスの場合、運転席側のコンデンサルーバーの移設や車体裾の変更が必要なようです。(現時点では未加工)

ブル運転席側~後部

窓割りがモデルと異なる部分は、一旦サッシをそっくり削除してしまいました。 ここで迷うのが、バスコレ製品ではモノコック車はサッシがボディーに表現されている点で、この表現方法を踏襲するなら他車から切り取って持って来るか自作により再構築する事になります。 しかしバスホビーガイド2で、葉賀敏明氏が製作された同車の工法~5Eの窓を利用してはめ込み化する工法も見た感じが良く、サッシをすっきり見せる他に塗装も有利になりそうです。 一点障害?があるとすれば、以降モノコック車を製作する際に質感の差をどう考えるかで、サッシを再生するか全部くり抜くか~現状が丁度分岐点、さぁどうするか…悩み所です。

クーラー変更

初期型クーラーは京王歴代セットのMP118より調達、こんな感じでクーラー周辺の屋根ごと移植しています。 

■その他加工した箇所
・前面ナンバープレートモールドを削除
・側面モールを削除
・量産冷房車側面にトレジャータウンの5E用パーツを利用して大型方向幕化

■今後予想される加工箇所
・量産冷房車の前面大型方向幕
・試作冷房車の前面方向幕の形状変更若しくは削除
・運転席側コンデンサルーバーの位置とホイール間車体裾の形状変更
・運転席上ルーバーと角型送風機の取り付け
・窓サッシ関連(中ドア直後車掌窓化含む)の加工
・車側灯の削除

by blog-MrT | 2006-09-11 23:59 | バスコレ(改造系) | Comments(9)
Commented by イーチコ(目黒新橋) at 2006-09-13 01:09 x
お世話になっています。ブログは頻繁に拝見しています。

これまではメールで画像提供をしていましたが、今回はブログへの初書き込み&リンク貼りでやってみました。リンク先に画像1枚あります。

撮影時は何も気にしておらず、HP「都営バス資料館」での記述を参照してみて、これは試作冷房車ではないかと思って投稿しています。撮ったのはこれ1枚だけです。

最後に改めまして。
画像提供の度に名前を出していただきありがとうございます。
Commented by blog-MrT at 2006-09-14 00:01
どうも~色々とお世話になっております。
貴重な画像を~有難う御座います。早速画像を保存させて頂きました。

間違いなく試作冷房車ですね。 翌年度からの量産冷房車は、先ずは方向幕が大型に、
さらにその翌年からクーラーの形状が変わっているようです。
また、都営バス資料館様によると画像の車両は呉羽だそうですが、そう言えば
ブルには呉羽と三菱の違いってあるのかな?なんて思ってみたり。
MR等の先代ボディーでは、ライトの形状や窓割り、雨トイの入り方など様々違うようですが、
ブルに関しては如何なんでしょ? バス~特にモノコック車は色々と罠がありますから(w
Commented by 葉賀敏明 at 2006-09-16 23:37 x
ご無沙汰しております^^

相変わらず、すばらしい加工ですね!
京王のクーラー、私も切り出して見たくなりました(w

5Eのガラスをはめ込むのには、質感が変わってしまい、私も大変迷いましたが、ブルドックはバスコレ第1弾ということもあって、サッシが恐ろしく太いんですよね^^;
で、あのような(バスホビーガイド2のような)はめ込み方式を採用したのですが、確かに迷うところですね~

三菱と呉羽の差は、私も気になりましたが、都営の場合は側面方向幕の下の窓が三菱のほうがわずかに上下に大きい気がします。
それによって、方向幕自体も三菱は上に上がっているように見えるのですが、1/150では再現しても・・・という感じです。
ただ、私も実車には疎いので、もっと肝心な所が違っていて、ここを見分ければ、三菱と呉羽のブルの見分けはバッチリ!な所があるかも知れません。
Commented by blog-MrT at 2006-09-18 09:33
葉賀敏明さん どうもお久しぶりです。
雑誌掲載の作品、参考にさせて頂いております。

その後イーチコ様より再度アップ頂いた画像や資料等である程度ですがブルの呉羽/三菱の違いについて知る事が出来ました。 呉羽・三菱はどうやら共通図面を使用しているそうで、基本的な部分は同一、大きな違いは前ドア(窓の形や高さ?)なようです。 ただし、この前ドアも事業者の仕様によっては呉羽なのに三菱タイプのドアを使うなど、相互に入れ替えがあるようですのではっきりとした識別点にはならないそうです。 

文献にはこの部分しか触れられていないようですが、ご指摘頂いた大型方向幕部分については僅かな違いではありますがしかし、明らかに違いますね。 このような細かい?点は文献ではなかなか捉えられない点で、現物を見ないとなかなか気付き難い点ですね。
Commented by blog-MrT at 2006-09-18 09:33
~~つづき

まぁ模型の方は5E用のパーツを流用したのでそもそも違うも何も無い訳ですが、よくこんな部分に気が付くなぁ~と関心次第、流石です。

> 京王のクーラー、私も切り出して見たくなりました
是非&期待!(w  今更ですが、接着前にコピペしておけば良かったと一寸後悔しています。

> ブルドックはバスコレ第1弾~~サッシが恐ろしく太いんですよね
仰る通りですね。 TOMIXとして売られている古ーいふそうタイプの方が遥かに細いって…
もう一点、私の変な拘りかも知れませんが、、出来るならサッシに接する窓柱などの側面の部分に銀色を入れたくないと言った部分もある為です。
http://blue.freespace.jp/mrtrm/rinjiimg/zzz_rinji160.gif
しかし現実にはサッシ部分と窓柱の段差はコンマ数ミリ、この部分をマスキングするのは至難の業ですから、いっそはめ込みにしてすっきりさせた方が良いかと思ってしまったり。 どうしましょ…まだ悩んでます(w
Commented by イーチコ(目黒新橋) at 2006-09-27 23:28 x
MrTさん、コメントありがとうございました。1枚しかない画像ですが参考にしてください。

葉賀敏明さん、三菱と呉羽の判別法ありがとうございました、驚き&感激です。実際、面白いように判別できてしまいます。三菱ボディはネット上にありましたので、呉羽ボディの画像
を投稿してみました。名前をクリックしてください。
MrTさんからお尋ねがあったものの、これまで外観から判別するための観察をしていなかったものですから、すぐに回答できませんでした。自己流の判別は各社ブルドッグ前後のボディを見て、前後とも呉羽ボディならブルも呉羽に違いない、というものです。
Commented by イーチコ(目黒新橋) at 2006-09-27 23:52 x
~続き:自己流の判別法は、三菱・呉羽双方を導入する都営では通用しませんが、ブル直前の頃から新車投入を営業所単位に三菱・呉羽で揃えていたように見えてきたので、「営業所単位」という別個の判別をしていました。
 しかし、この判別法も通用しません。参考にしているHP「都営バス資料館」掲載の車輌表から、単純に営業所ごとにボディを分けていなかったことがわかります。それだけに葉賀さんご指摘の大型側面表示窓+小窓の判別法は、都営バスの場合は有用です。

群馬中央バスには今でも現役の元都営ブルが活躍しています。ブログやHPの画像から、葉賀さんの判別法で眺めてみますと三菱ボディと判別できます。解説文なしに判別できて嬉しくなってしまいます。

都営以外の他社の例を画像で紹介します。ただし群馬中央の場合、小型側面幕の中古車を大型側面表示窓+小窓へ改造する例(元神奈中)がありますので、注意が必要です。
Commented by blog-MrT at 2006-10-07 04:51
イーチコさん
ちょっとした疑問をここまで掘り下げて下さり本当に感謝致します。
やはり全て車両に共通した部分で確実に判別する方法は(状況的な推測は別として)なかなか見付かりませんね。 しいて言えば前ドアなのですが、これも完全ではない事はイーチコさんに上げて頂いた複数の画像で判ってしまいましたし… とりあえず後に改造によるものでなければ、大型方向幕部分の造作で判断出来ることは間違い無さそうですね。
これは葉賀さんにご指摘頂いた部分ですが、ここまで探しても他の部分で違いが見当たらないとなると、やはり気が付いた事自体が凄い事かも知れません。 んー凄い
Commented by 葉賀 敏明 at 2006-10-17 20:09 x
イーチコ様

大変ご無沙汰しております。またお会いしたいです。
レスをいただきありがとうございます。
しかも大変な亀レスになってしまい・・・申し訳ございませんm(。。)m

画像も先ほど拝見いたしました。
三菱・呉羽ブルドックの判別ですが、都営の場合は確かに使えますね。

私の地元の深川にも早稲田から転属してきた車が数台配属されていて、三菱車をあまり見かけない土地柄なので、違和感がとってもありました。
なぜこの車は窓が大きいんだろうと不思議に思ったものです。
早稲田のブルは呉羽製で正面拡大窓車という事を知ったのは、かなり後の事でした。

このあたりの車も、ぜひモデルで手元に残しておきたいものです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 2006/09/18  都営H... 2006/09/03  お疲れ... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
■あきさん 先程は..
by blog-MrT at 01:03
東武バス5台セットの内容..
by あき at 20:35
■非公開コメント様 ..
by blog-MrT at 01:44
■西工58MCさん ..
by blog-MrT at 01:44
■さ63のファンさん ..
by blog-MrT at 01:41
■3501Fさん ..
by blog-MrT at 01:34
■ももうらさん 岡..
by blog-MrT at 01:28
■さ63のファンさん ..
by blog-MrT at 01:22
本日発売の『阪急バスオリ..
by 西工58MC at 20:58
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.