製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/10/17 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
10/17:東武バスオリジナル5台セットの詳細を追記
10/11:全国バスコレクション JB041-2 小変更ver. を追加
10/11:全国バスコレクション JB053/JB054を追加
10/04:阪急バスオリジナルバスセット~続報(発売日)を追記
09/29:東海自動車オリジナルバスセット第2弾~続報を追記
10/15:バスコレパーツ構成一覧表更新
10/04:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/30:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/17:バスコレマニアックスPart.2に追記
09/17:バスコレ屋根上パーツ集に追記

2006/11/06  都営バス S代日野HT~都区内の中引き戸車

S代HT中引き戸車

塗装の進んでいる仕掛かりもある程度目処が付いたところで、また無塗装仕掛かりを溜め込んでいる今日この頃。 思えば去年の今頃から本格的にバス工作を進め、1年間で塗装済みマーキング待ちの半完成品が12両と改めて数えてみると1台/月のペース、何時も何時も模型に触れている訳ではありませんし、同好の友との交流を優先して楽しんでいる事を考えれば、まま良いペースかも??

(以下、投稿翌日に内容を修正しております)
さて、今日は都営バスS代日野HT~都区内を走る中引き戸車を取り上げてみます。 都営中引き戸HTと言えばZ/A代の青梅仕様が思い当たりますが、都区内にも僅かの期間だけ中引き戸のHTが存在しました。 該当する年度はP(後期)/R/S(初期)代で、この中でもバスコレ製品の側面窓高さを踏襲しているのはR代(後期)とS代のみ、葛西営業所と品川営業所に在籍していました。 P-規制車(P-HT233BA)の頃ですから、U規制以降がプロトタイプと思われる製品に若干手を加える事になります。 P(後期)/R代(初期)車は側面窓の縦方向の大きさが小さく、雨トイを下げる加工やクーラーの形状が違っていてさらに手が掛かるものです。 また中ドア窓形状はR代(後期)までは角が丸まっております。 初期のHTやRTを作る場合、工程上今回のS代までの加工は必ず行う必要があるので正直言って飽きそう… 来年にはHTセットなるものが予告されておりましたので、尺違いや時期違いなど作り分けてリニュされれば嬉しいな~と淡い期待を。



=工作メニュー=

・前面方向幕角部にプラ材を追加して整形(初期タイプの方向幕へ)
・前面蓋を小型化
・前バンパー内のフォグランプを丸へ加工(元の部分を埋めてピンバイスで穴を開けただけ)
・運転席窓のコーナー部分を角張らせる(彫り作業)
・運転席窓直上の凸凹を少なくする(下から2番目だけ残してあとは削除)
・前頭部屋根上にプラ片製マーカーを取り付け
・リアテールランプ類を全て削除(柿種テールは塗装後にパーツ取り付け予定)
・リアナンバープレート削除(少々大袈裟に見える為仕上げ時にステッカーなどで復活予定)
・リア向かって右下にBU04から削ぎ取って来た後退灯を取り付け
・リアバンパー内の後退灯など凹みを埋める
・屋根上に角型通風機を4基載せる(クーラー後ろ等間隔タイプ)
・各所パーティングラインなどの仕上げ

大した工作はしていないようですが、文章で書くと結構あるものですねぇ。
そうそう、この記事の参考資料として、都営バス大型スケルトン車の形態をまとめてみたのですが、とてもブログ内に書く量ではなくなってしまったので別ページにアップしてみました。 各所不明な点や曖昧な点、間違いもあるかと思いますので、一応先達サイト様やその他資料で裏を取って下さい。 また、曖昧な部分についてご存知の皆様どうかご教示ご指摘頂けますと嬉しいです。 画像が無いので興味のない方~予備知識が無いと判り難い点ご容赦下さいませ。

P規制HTの前面周り

都営バスに限らず、P-規制車のHTを作る場合はこの画像の加工部位はほぼ同じだと思います。 前面蓋は管理人の工法では厄介なので余りお勧めしませんが、メイン加工の方向幕は別として、運転席の窓形状やその上の凸凹の数など手を加えると結構それっぽくなります。

机上の空論?合成画像です

もう一つ思い付きで画面上で合成してみた画像です。 何をやっているかと言えば、方向幕を加工する際、RJの方向幕を2個使って(幅が足りないので2個使います)取り付けてみるとどうなるか?を見てみたかっただけです。 この画像を見て即『出来る!』と思わないで下さいね。 画面上ではまま雰囲気は出ていると思いますが、実際に工作した訳ではありませんので実際には高さが足りなかったりなど問題が出る可能性もあります。 管理人もジャンクを使ってで何れ試そうとは思いますが、興味のある方捨てたと思って試してみませんか?(w

S代後方から

後方からも一応。 後退灯はBU04から持って来ました。

S代実車後方より

S代実車の後方からの画像です。 HTVon様大変参考になりました御礼申し上げます。

PS:記事の内容とは関係ないですが、都営バス駄画像倉庫も更新しておきました。

by blog-MrT | 2006-11-06 23:59 | バスコレ(改造系) | Comments(8)
Commented by TH at 2006-11-08 21:30 x
ここにレスを入れてしまうのをためらったのですが・・・
ブルーリボンの形態分類、これは凄いリストですね。

懸案の2点ですが、

まずR代後期ですが、窓の大型化や側面のモール消滅、クーラー形状変更などS代一般車と、ほぼ同じ形態になっているようです。
ただし、中扉は角が直角の物となったのはリストの通りS代からですね。
これは、都営バス資料館さんの発行した、都バス車両全集より記述と写真がありました。

もう1点の屋根上のラインクロスファンですが、W代車までは後ろ2つが離れていない形態のようです。
少なくともW代新都市バスのW768はエアコンから後ろの3つが等間隔に並んでいます。
一般車については、函館バスの移籍後のW代車を撮影したことがあり、確かに3つが等間隔でした。
前期導入分と後期導入分での差異は残念ながら私には判りません。

それにしてもこのリスト、形態分類の決定版となると良いですね!

TH←今後はこのHNで投稿します(葉賀)
Commented by blog-MrT at 2006-11-09 05:40
>THさん
いえいえ、もちろんここで構いません。 貴重な書き込み何時もながら感謝しております。
ご教示頂いた部分は早速修正させて頂きました。

角型通風機の並び方については、W代都市新バスは第1期、一般車は第1・2期が存在しますが、ご教示頂いた情報から少なくとも第1期は従前のままで間違いないでしょう。 また、配置が変更されている事を確認している超低床車は第3期ですので、それ以降(X代以降)は確実に変更されているかと思います。 問題はこの間の第2期投入分、W178~198の屋根上の様子が判別出来る画像があれば一発解決ですが… 取材された函館バスの元車番が気になりますね。

>それにしてもこのリスト、形態分類の決定版となると良いですね!
有難う御座います。 先ずは自身が今後工作する際に複雑な系譜をまとめておきたかった~がきっかけですので、今のままでは少々判り難いですね。 文章では形態の表現も難しく、予備知識が無いと何の事かさっぱり判らない方もいらっしゃると思います。
とにかく初期の頃の写真や画像が自身では全く用意出来ませんので、今となっては同好者に頼るしか術が無いのが苦しい所です。
Commented at 2006-11-13 05:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-11-13 05:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ろんぐしーと at 2006-11-16 23:11 x
こちらでははじめまして。ろんぐしーとと申します。
先日、某店内にてバスコレ5Eのガラスについてご教示頂いた者です。その節は、大変楽しいひと時を過ごすことができ、ありがとうございました。ほかにも色入れのコツなど、参考になるお話が多く、自分も腕を磨かなければと思っている次第です。今後ともよろしくお願いいたします。

都営ブルリの形態変遷リスト、すごいですね…。よくここまで形にされたと思います。模型趣味としての歴史が鉄道に比べて浅いバスにおいては、このような細かい(模型化前提の)形態チェック・分類・記録が少ないのが現状ですので、貴重なデータになるのは間違いありません。我々趣味人のネットワークを駆使して(笑)、他車種のリストも構築していきたいですね。私も微力ながらお手伝いできればと思っております。
あとは、都市新用途への指定/解除による局章・行灯の変更など、後天的な改造についてもフォローできると面白いですね。

前置きが長くなってしまいましたので(汗)、リストへの補足については、別に投稿させていただきます。
Commented by ろんぐしーと at 2006-11-16 23:17 x
前投稿からの続きです。

まず、Z代HIMRの運転席側クーラーコンデンサ次位パネルのルーバーですが、手持ちのB-Z320の画像を確認したところ、A代以降と同様のヨロイ戸状になっていました。
次に、S代前期からの仕様変更点として、中引戸の窓形状の他に、ワンマン構造要件の変更に伴い、ドアガラスへの「自動扉」文字表記と前面のワンマン札が省略されています。但し後年の画像ではR代車まででもワンマン札が写っていないものもあり、内側に折り畳んだか撤去された可能性もあります。ただ、これらの模型への表現については賛否あると思いますが…。
また、B代HIMR2における後部補助灯の位置変更についてですが、上方向に高いだけでなく、手前方向にも通常より出っ張っています。レンズが厚いのではなく、車体色のベースの上に通常と同じレンズがついており、レンズ最上面が乗降中表示灯とほぼ同じくらいの高さ(厚さ)になっています。
さらに、都市新バスやHIMRなどの行灯設置車は、通常左側前照灯脇にある牽引フックが、バンパー内に設置されるため、バンパーに長方形状の大きな穴が開いている点、特徴として記載いただければと思います。

以上参考になれば幸いです。それでは。
Commented by blog-MrT at 2006-11-18 08:48
>ろんぐしーとさん
ようこそ!コメント・情報感謝です。
頂いた情報については後ほどページに反映させたいと思います。

しかし、先ずはその前に先日相互リンクさせて頂いたこちらのページ
http://homepage2.nifty.com/mamma/index.html
(←左カラム下の方に MaMMaの気のまんま様 のリンクがあります)
表紙>都営バス>年代別形態分類~のコンテンツを覗いて見て下さい。
日野のみならず他メーカーまで網羅されており、イラスト付きですのでとても判り易いです。
私の表と対照されると理解し易いかも知れません。

私のページは今のところブログの記事の参考程度と考えておりましたが、コンテンツとして完成させるには、どうしても古い車両の画像が集まるか如何か次第になってしまいますね。
~と言うわけで、画像(通常の画から特徴ある部分のアップまで何でも)はじゃんじゃん募集中です(^^;
Commented by blog-MrT at 2006-11-18 08:49
~つづき
HIMR2車について改めて観察すると仰るようにゲタを噛ませた上で設置されていまね。
エンジンフード内部にランプのユニットが出っ張らない構造になっているように見えますが、エンジンぎ装の関係からなのでしょうか?何かしら理由がありそうですね。

バンパー蓋については確かに仰る通りで、行灯装備車はそこにフックが付けられませんから、移動されたと言う事になりますね。 1/150模型で表現はちょっと難儀かも知れませんが、なるほど言われてみれば…書き込みを見て気が付いた点です。

もう一つパーツに関連する部分では、後部乗降中表示機は初期の頃の車両も最初(新製時)から付いていたのか?後付けされた車両もあるのかのか?~も知りたくなりますし、さらに言えば、枠が後期になると車体色(初期の頃は濃茶仕上げ)になったのは何時?~など細かい部分も出て来ますね。 

今後ともよろしく~また今度談義でも盛り上がりましょう^^
名前
URL
削除用パスワード
<< 2006/11/08  都営バ... 2006/11/02  都営バ... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
■あきさん 先程は..
by blog-MrT at 01:03
東武バス5台セットの内容..
by あき at 20:35
■非公開コメント様 ..
by blog-MrT at 01:44
■西工58MCさん ..
by blog-MrT at 01:44
■さ63のファンさん ..
by blog-MrT at 01:41
■3501Fさん ..
by blog-MrT at 01:34
■ももうらさん 岡..
by blog-MrT at 01:28
■さ63のファンさん ..
by blog-MrT at 01:22
本日発売の『阪急バスオリ..
by 西工58MC at 20:58
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.