製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/08/17 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
08/17:東急バスオリジナルセット(4弾?)を追加
08/17:JRバス30周年8社セット・アクアラインセット他を追加
08/17:新シリーズ「わたしの街バスコレクション」を追加
08/17:その他過去に溜まっていた分をまとめて整理/更新しました
08/12:バスコレパーツ構成一覧表更新
08/11:バスコレパーツ構成一覧表更新
07/26:バスコレパーツ構成一覧表更新
01/25:きまぐれレビューNo.88をアップ

2007/10/01  都営バス 尿素RA仮完成~^^

尿素RA

ようやく形に~尿素RA274を仮完成状態まで組み上げてみました。
最後の課題はUVカットガラスの表現、いろいろ考えた末今回はエナメル塗料の吹き付けを試してみました。 ご存知のようにエナメル系はMr等の油性アクリル系塗料よりノビが良く、乾燥も遅い為ユズを抑え易い(透明度を保てる)かも知れないと期待、結果的にリターダシンナー使用のアクリル系より格段にユズは目立たたず、一段階~二段階良好な結果が得られました。 もちろんコツを掴むのは難しいのですが、窓ガラスの着色~厄介な問題に少し光が見えて来ました。

現状では若干ユズになった箇所、塗膜の厚みに均一性が無く若干レンズっぽくなった箇所など、まだまだ課題は残りますが、取り急ぎイメージだけでもと、手持ちの車両と並べて暫しニンマリ。 もう一歩踏み込めば無事ロールアウトしそうな予感です。 



尿素RA運転席側

リアテールは暫定的に実車の画像をそのままプリントアウトしたステッカーを使っています。 まま良いかなとも思いますが、管理人の作風ですと似合わないかも?? フロントウインカーはオレンジ一色ですので、リアだけ写実的と言うのも如何したものか…只今考慮中です。 リア窓から覗く機器も作ってみましたが、これをやるなら窓裏のツメは削った方が良かったですね。

尿素RA窓構成

窓の構成はご覧の通りです。 96MC関東/都営・7E大阪市/都営から切り出したもの、中ドアと非常口は塩ビセル板です。 先にメクラになる部分を裏からMr等油性アクリル塗料で黒に塗装しておきます(縁取りは表面に) またUVカットの着色は側面と後面のみ、前面/運転席横/前ドアは着色しません。 (この画像はUVカット色を裏から吹く寸前ですので裏側を見ています)

UVカット色材料

話が前後しますが使用した塗料です。 パクトラタミヤ(エナメル系)クリア~Cブルー/Cグリーンを中心にCイエローを補助的に使って調色しています。 調色塗料瓶の状態では結構緑色っぽかったのですが、実際吹いたらもう少し青寄りになってしまいました。 調色のレシピはすみません忘れました^^; B4:G3:Y1位+C少々かな?? この色は人によって感じ方も異なると思いますので、余分に当てにならないです。 また、この手のクリア塗料を薄める場合、溶剤のみでしゃぶしゃぶにするのではなく、クリアーを混ぜながら薄めた方がムラが出難くなり、流れ出す寸前で止め易くなります。 また、エナメル塗料は稀釈後長期間経つと沈殿した色素が粉のように固形になる事があります。 従って毎回使う分だけ薄めて使う方がよりベターです。

透明度が一番良かった試験例(多めに含ませた筆で慣らす&流す様に着色して行く方法)

この方法が一番綺麗になります。 しかし、バスコレの窓は凹状の形状をしている為、流すと隅の部分に溜まりが出来てしまい(そこだけ凄く濃くなる)その脇の部分は逆に薄く、真ん中辺は若干濃くなってしまいます。 流す方法はユズが全く出ないのでセル板のような平面の物には非常に有用ですがこのような立体物には向きません。 そこで吹き付けとなるのですが、今度は逆に隅の部分になかなか色が行き渡りません。 従って最初はブラシを絞って隅の部分を重点的に色を乗せ、最後に全体的に濡らす感じで吹きます。 ただし、吹き過ぎて流してしまうと筆で色入れたしたものと同じ状態(隅に溜まりが出来る)になってしまうので、表面にユズが無くなった程度に濡れた瞬間+流れない寸前で止める~~吹きが足りないとユズに、流すと失敗、この狭間が狙い所ですが、これが結構難しい…、管理人もまだまだ修行が必要なようです。 完全に乾くまでに少々時間が掛かりますので、埃の管理は慎重に。

パーツ分割位置

余りアップしたくなかったのですが…、メール等で何処で切り継いだのか~パーツ構成へのご質問を数件頂戴致しましたので一応アップしておきます。 ピンクのラインが分割/接合位置です。 スジ彫りを行いたくない事から無用に?パーツ点数が多くなっている部分があります。 参考程度にどうぞ。

ドア側後部から

紆余曲折はありましたが一応形になりました。
窓の着色の改善/窓表面のチリ合わせ/窓柱の隙間は黒くしたい/反射板や表記類/乗降中表示機~などなどまだ先はあります。 窓の色は少々濃過ぎた?&均一でない部分アリ&もう少し緑っぽい方が良さそう?などなど、機会を見て再チャレンジしようと思います。

方向幕は山手地区を走る橋86系統、品川営業所のA-P529/530号車としてみました。

■関連記事一括閲覧 : GARELLY-LOG(日デ PKG-RA274KAM A-P529/530タイプ)

by blog-MrT | 2007-10-01 23:59 | バスコレ(改造系) | Comments(4)
Commented by Dashi at 2007-10-03 17:37 x
おおおっ!
何時もながら素晴らしい出来栄えに感動ですw

やはり窓ガラスが入ると一層雰囲気が出てきますね~
窓ガラスの着色・・・意外な伏兵ですね
吹きつけの場合、薄めに吹く+多めにクリアーなんていう方法は如何でしょう、って私も試した訳ではないので無責任な意見ではありますがw
Commented by blog-MrT at 2007-10-05 01:00
>Dashiさん
いーえー有難う御座います。
先に塗った色が乾燥する前に吹かないとユズが出る可能性があるので、2又ジョイントでも買って来ようかしら。
2刀流なら素早く色チェンジ出来ますしね。 調色の段階で薄める事が難しければそれを試してみます。 THX!
Commented by 山口県民 at 2007-10-22 01:44 x
ご無沙汰しております

完成したんですねー
おおおおおおおおおおおおおおお
すげえええええええええええ
もういつもため息ばかり付かせていただいておりますです・・・
ガキっぽい感想で済みませんですorz
Commented by blog-MrT at 2007-10-23 20:58
山口県民さん
はははは、、アドバイスもあって何とか形になりました^^
窓の色付け効果が思ったより大きく、新車が入った雰囲気を出す事が出来ました。
11弾、これだったらなぁ… 
名前
URL
削除用パスワード
<< 2007/10/02  BRC... 2007/09/17  更新情... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
グランドリームは641-..
by あき at 18:11
私の街バスコレはまさにこ..
by 3501F at 23:14
こんばんは。お久しぶりで..
by さ63のファン at 23:44
グランドリームは、4ケタ..
by あき at 14:17
>ネタにしたいナイスなモ..
by kana86 at 22:00
こんばんは、最近更新され..
by 西工58MC at 21:38
今度の土曜(7/22)に..
by カリスマ車掌R’ at 12:40
ご無沙汰しております。皆..
by さ63のファン at 22:55
連投になってしまいますが..
by 凡人オヤマダ at 09:37
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.