製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/08/17 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
08/17:東急バスオリジナルセット(4弾?)を追加
08/17:JRバス30周年8社セット・アクアラインセット他を追加
08/17:新シリーズ「わたしの街バスコレクション」を追加
08/17:その他過去に溜まっていた分をまとめて整理/更新しました
08/12:バスコレパーツ構成一覧表更新
08/11:バスコレパーツ構成一覧表更新
07/26:バスコレパーツ構成一覧表更新
01/25:きまぐれレビューNo.88をアップ

2008/06/29  都営バス N/T代車~P-規制キュービックの工作

P-キュービックを弄ってみる

先日来告知させていただいたエアロスターの形態について、お蔭様で補完する事が出来ました。 ご協力頂いた皆様に先ずは御礼申し上げます。有難う御座いました!

さて今日は11弾発売以降余り触っていなかったP-規制仕様のキュービックを取り上げてみます。 エルガ/CLM/キュービックと、何故かいすゞ車の仕掛かりはどれもこれも中途半端。 それならば「そろそろ仕上げてみますか」~となるのが本道でしょうが、そこは管理人、懲りずに仕掛を作る事を楽しんじゃいます。 仕掛かり万歳!
実は既に臨港バスセット発売直後に作った車両もあるのですけれど…これは訳あって地下へ^^

左はP-LV314K T代後期仕様で、一般車で屋根上にクーラーが乗る事と角型テールが特徴。
右はP-LV314K(S) M/N代車に相当し、ショートオーバーハングが特徴です。



ショートオーバーハング化

都営バスでは初期のM/N代(車掌ポスト付き)の車両はショートオーバーハングで投入されているとの事で、こちらはその加工がメインになります。 先日触れた寸法表を見るとオーバーハングの違いは実物で140mm、1/150換算で0.9mm強とほんの僅か、工数を考えれば苦労の割には地味な成果になってしまうかも知れません。

加工は画像のような感じで切り出しています。 残したいディティールとの兼ね合いから切る形がL型に&短縮する長さも0.9mm強と余裕が無い事もあり、今回前頭部は別の余剰車から持って来ています。 ちなみに前作は種車1台で作ってますので1台からでも出来なくは無いですが、僅かな寸法を切り詰める=余裕が無い事から、切り出し時にL型の部分にどうしても隙間が出来てしまいます。その為少しだけ煩雑な切り継ぎとなります。
(余談:削るスペースに余り余裕の無い部分の隙間埋めにはバスコレの切れ端など同じ素材のプラ材を使うと良いです。 違った素材のプラ材を使うと固さが違う事による削れ方の違いで仕上げに苦労する事があります)

その他、後ろのマーカーランプ撤去とパーティングライン&屋根上のヒケを修正、角型ファンカバーを4機乗せています。

角テール化

ここから下の記事に間違いがある可能性があります。 正しくは画像左のような加工=V代車に最適 右のような改造=T代後期車に最適 ~の可能性があります。 只今再調査中です。

こちらはT代後期車(若しくはV代車)で、角型テールランプを採用している事が特徴です。 

製品では京都市交通局が角テールを採用しているのでこれを有難く頂戴します。 どうやって組み込もうかと思案した結果、車体の基本寸法を崩さずストップランプ一体型の後退灯(角型コンビネーションランプ~以下補助灯)も流用しようと、一石三鳥を狙って先ずは作例左のようにエンジンパネルごと埋め込む方法を取ってみました。 しかしそう甘くは無かったようで、改めてT代車の後部写真を見てみると、補助灯はもっと高い位置にあり、丸型の反射板の上方に取り付けてあるようです。 ~となると、結局モールドされている補助灯は要らない事になり、それなら種車の丸い反射板を使って補助灯だけ追加加工した方が効率が良いのではないか… 結果右のようにテール部分だけを埋め込む事で落ち着きました。(種車の丸い後退灯だけ削除しておきます) 補助灯は塗装後にでもトレジャーのパーツを使って表現する予定です。

その後角型ファンカバーを4機、後ろのマーカーランプを削除しています。 その他のディティールについてはほぼそのままでOKなようです。

そう言えば、製品がまだクリーム色の試作品だけ発表されていた当時、この車を作るのにぴったりなパーツを採用していた事を思い出します。 P-短尺4枚折り戸でサッシ窓~~この窓パーツ何処行った??

(余談:この形の角テールを採用した車両は都営ではT代後期とV代になります。 T代前期も角テールですが、大きさや形状が違ったものが採用されています)

by blog-MrT | 2008-06-29 23:11 | バスコレ(改造系) | Comments(7)
Commented by kana86 at 2008-07-01 01:24 x
屋根上のクーラーと言えば、トレジャータウンからタイムリーで魅力的なパーツがリリースされるそうで、楽しみですね。JNMAに間に合うのかなぁ。
Commented by 大ナラ at 2008-07-02 01:35 x
いつも参考にさせていただいております。
先日の記事を読むまでフロントオーバーハングに違いがあることすら知りませんでした(^^;)
しかもそれを再現なさるとは・・・
L尺をストレッチしてKC-LV280Qを作ろうと思っているのですが、短縮より大変そうなので現在悩んでおります。
前作で尺変更をオミットしましたが、9mmの差はやはり大きいです(^^;)
バスコレの車体を切継いだことがないので質問なのですが、接着はタミヤセメントで大丈夫ですかね?
Commented by blog-MrT at 2008-07-05 07:59
すみませんレス遅くなってしまいました。

●kana86さん
先程見て来ました。私的に欲しいのは1点~キュービック/エルガ用5つファンタイプでしょうか。
以前一つ作りましたが、結構面倒なのですよね。 KL-(エルガの初期に良く見るタイプ?)とあるのが少し気になりますが、KC-(キュービックに乗っているタイプ)のものでしたら買う予定です。微妙な違いですけれども…
Commented by blog-MrT at 2008-07-05 08:09
●大ナラさん
オーバーハングは事業者によって~になりますね。改造した私が言うのも変な話ですが、1/150ではオミットで良いと思いますけれど…

>L尺をストレッチしてKC-LV280Q~~
種車が2台あった方が良い事を除けば切り継ぎの作業自体は一緒ですよ。
ただ、もし側面パネル等弄る必要があるのであればその分手間ではあります。
最近友人の作品(長尺)を拝見しましたが、カッコ良いですよ! 是非一つ作ってみては如何でしょう?
Commented by blog-MrT at 2008-07-05 08:18
>接着はタミヤセメントで大丈夫ですかね?
私の場合、タミヤの緑キャップで先ず断面を接着>位置を微調整(これが一番大切~くれぐれもこの時点で段差が出ないよう念入りに調整)>裏にもう一度緑キャップを流す>さらに裏に瞬着を流す>「表に修正が必要なら瞬着を微量(アートナイフの先端等に取ってちょんちょんと乗せて行く感じで~絶対にこんもり塗らない)又は白色溶きパテを微量塗布して仕上げ」 ~と言った感じでしょうか。
最初の断面に塗布する際、一回塗りでは直ぐに乾いてしまって接着できない~でも塗り過ぎると必要以上に表面にニュルっと出て来てしまいますので、その境目の感じを狙います。(言葉だと難しい…)
接着力については今のところこの方法で支障が出た事は無いので問題ないとは思っていますが、組み上げ後に床板を取り外す際(車体を広げる作業を伴う場合)は念の為慎重に。

「」の作業はやらない~最小限に越した事は無いですので、接着以前の突合せ…まずはここを慎重に。
Commented by 大ナラ at 2008-07-05 12:39 x
管理人さん

詳しいご教授ありがとうございます。
種車は2台揃いましたのでニコイチしようと思います。ただ、側面のパネルラインは両側とも製品のものは使い物にならないので彫りなおす必要があります。。。。
切継も何とか形にできるよう頑張ります。
Commented by blog-MrT at 2008-07-05 22:20
大ナラさん

いえいえ、少々くどい文章失礼致しました。
パネルラインの再彫刻となると大変ですね。最近少しずつ解消して来てはいますが、私…筋彫りが苦手で^^;
ですが、手を入れた分完成した時の満足度はもぅ^^ 完成の暁には是非また拝見させていただければと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< 2008/07/02  都営バ... 2008/06/26  都営エ... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
グランドリームは641-..
by あき at 18:11
私の街バスコレはまさにこ..
by 3501F at 23:14
こんばんは。お久しぶりで..
by さ63のファン at 23:44
グランドリームは、4ケタ..
by あき at 14:17
>ネタにしたいナイスなモ..
by kana86 at 22:00
こんばんは、最近更新され..
by 西工58MC at 21:38
今度の土曜(7/22)に..
by カリスマ車掌R’ at 12:40
ご無沙汰しております。皆..
by さ63のファン at 22:55
連投になってしまいますが..
by 凡人オヤマダ at 09:37
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.