製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/11/11 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
11/11:西武バス MP38オリジナル仕様(A品番)他を追記
11/11:JRバス発足30周年記念各種セットを追加
11/11:中鉄バス新旧カラー2台セットを追加
11/11:国鉄ローカル線転換・代替バス 標津線(阿寒バス)を追記
11/11:九州産業交通×ヤマト運輸「くらしハコぶバス」を追記
10/25:バスコレパーツ構成一覧表更新
10/15:バスコレパーツ構成一覧表更新
10/04:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/30:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/17:バスコレマニアックスPart.2に追記

2008/08/29  バスコレ12弾を買ってみました

先ずは…

バスコレクション第12弾発売!~早速手に取ってみました。 先ずは私が今後工作でお世話になるであろうRCを中心にしげしげと観察。 既にRMMスタッフブログにカタログのような画像は掲載されていますので、全製品のレポは割愛するとして、写っていなかった部分や私的に気になる部分、気になった部分などを取り上げてみました。

その前に…一応
いろいろ書いていますが、苦言等ではありませんので誤解無きようお願いします。 基本弄れば済む事が多いですので、あくまで私はそう感じた~ 適当に流して読んで頂ければ幸いです。

<08/30/20:40 一部クーラーの大きさ等記事を追記しました>



前面仕様違い

先ずは前面から。 通常品では全て方向幕は大型タイプを再現、ボディー一体成型ですので、これを元に標準(小型)幕を再現するには少々難儀するでしょう。 今回小型幕仕様の製品もあるにはあるのですが、何と凶悪な事にシークレットのみに選択されており、私のようにシクレに頓着しない~作品の為なら潰す事を厭わない方でも、そもそも入手に難儀する事が最大のネックとなります。 こう言うシクレは本当に勘弁して欲しいです。 現状小型幕車を作るなら、似た形態の3弾RE100製品からこの部分を移植、3弾と12弾製品で若干異なる(実車の)製造時期の差=額縁部分の彫りの深さ等を調整する方法が無難かも知れません。

京王バスと京阪バスは視野拡大仕様で製品化されてます。 前面窓が下方に大きく、それによって短縮されたフロントパネルが特徴で、通気口も高さが圧縮されています。 京阪の実車については詳しくありませんが、京王の仕様に合わせたのでしょうか?、FOGの無いタイプになっています。 その他の車両は右の標準仕様でFOGランプも表現されています。

リアパネル違い

後ろに回って…  リアパネル及びバンパーの形状で3種作り分けているようです。
(C)左の形態=土佐電鉄 / 奈良交通
(B)中の形態=京王バス / 京阪バス
(A)右の形態=京浜急行 / 名古屋市 / 広島電鉄
(A~C)はバスコレパーツ構成表の分類です。

ざっと大まかにはこのような感じですね。 しかし、低床車と標準床車では僅かに後部の切り上がりが異なっており、もしかするとバンパー位置の高さも異なっているかも知れません。 そうなると、例えば(B)のようなケースでは京王は低床、京阪は標準床で製品化されている為、各ディティールは殆ど同じものの、寸法が異なっている~なんて事がある可能性も。 京阪を持っていないのでその辺検証出来ず、何方か検証よろしくです^^;
ちなみに、同じ形のバンパーを持つ(A 低床のみ)と(C 標準床のみ)では、ほーーんの僅か(A 低床車)の方がリアパネルの大きさが大きいようにも見えます。 気のせいかな??

<この部分08/30追記>
(B)の京阪と京王の違いは無いそうです。京阪は標準床での製品化ですが、側面後部の切りあがりは低床車同様となっていて、後面も全く同じだそうです。
</追記>

クーラーの高さ

前後方向の長さ

モノコックとスケルトンの境界世代が特にツボに嵌る私には、このクーラーも重要なパーツです。 気になっていた高さ違いについては両タイプとも再現されており、ご覧のように京浜急行だけは高いタイプ、その他名古屋/京王/京阪については低いタイプになっています。

さて、作り分けて頂いたことは良いとして、一点感じた事がありました。 それはクーラーの後端位置が後ろ気味+真後ろから見るとやや高いかな?と感じてしまう点です。 実車の写真を観察してもクーラー横の肩にあるダクト?後端よりクーラー後端は前にある事が多く、この差がクーラーの高さ~とりわけ真後ろから見た時のイメージに少し影響があるように思います。 後端をもっと前に設定すると真後ろから見た高さは低くなり、丁度良い塩梅になるのではないかと想像しています。 ただ、どのように改善するかはクーラーの前端位置を確認しなければなりません。 単純にパーツ後ろ部分を削れば良いのか(この場合パーツの前後方向長さが短くなる)、それとも底面を加工してクーラーを前に移設すれば良いのか(前後方向の寸法は変わらない)、どちらの方法が良いのかは追って調べてみたいと思います。

<この部分08/30追記>
前後方向の長さ

その後画像提供頂いたり、その他資料などで大体のイメージを掴む事が出来ました。
クーラー後端位置は私のイメージしていた位置よりもっと前、前端はほぼ合っているようです。

さよまよ様よりお借りした画像
他前からのアングル等の画像を観察すると、クーラー(エバポレーター)は構造上骨組みが通る部分=鋼板の継ぎ目部分に合わせてあるように見えます。 側面から見ると前端は非常口後ろのライン延長線上、後端ははめ殺し窓の左角周辺延長線上(横のダクト後端より前)にある事が判ります。
そうなるとクーラー後ろ部分を単純に削る事で解決出来そうですが、もしこのパーツが中空構造であった場合、肉厚の影響でこれだけの長さを詰めると穴が開いてしまう可能性がありますので、合わせてこれを塞ぐ必要もあるかも知れません。 一旦輪切りにした上で短縮、後端底面の形状を整える方法でも良いでしょう。
さらに、その上でほんの少しだけ上面を削る=高さを下げても良い気がします。
</追記>

運転席側パネル

運転席側のパネルは3種を製品化しているようです。 大きく分けて屋根上にクーラーを置く車両に比較的多く見られる形態と、床置きクーラー仕様に多く見られるタイプで作り分けているようです。 屋根に機器を置く車両は何れも上の形態で、床置き仕様(もしかすると非冷房を想定した車両を含めて?)下のタイプで製品化されています。 また、広島電鉄のみ上の形態を基本とするものの、開口部は2連になっています。
窓パーツは広島電鉄のメトロ仕様は別として、同じ2段サッシ仕様でも一部の窓柱が太くなっているパーツもあります。 このパーツは床置きクーラー仕様に丁度良いと思いますが、採用されているのは土佐電鉄とシークレットのみです。

床板の違い

床板の違い2

今回低床車と標準床車では並べた時にきちんと高低差が付くようになっています。
画像のように、ボディーにあるツメに引っ掛かる部分が低床車では凸状に+標準床車では凹状に、タイヤ上の部分にある窓と接する出っ張りの大きさ、リブの厚さの差で、床板を固定する位置を変える事により再現しているようです。

小型幕~3弾製品と比較

後面~3弾製品と比較

イメージの似ている小型幕車=シークレットと3弾製品(厳密には国鉄バスセットのもの)とを並べてみました。 時期違いによる前面額縁部分の表現が異なる事や、ゴムやピラー、モールなどのモールドがシャープになった事、窓はめ込み精度の向上で完成度の違いを見る事が出来ます。 画像の後面の他、側面三角窓や戸袋窓のゴム部分が窓パーツ側に表現された事で、Nゲージ鉄道模型の表現手法に益々近付いた感があります。 塗装する事を考えると、この方が私にはやり易いです。 しかし前ドアだけは従来通りボディー側にゴムの表現があります。 何か設計上の都合なのか、ドアを改造する際にやり易く配慮してあるのか意図は判りませんけれど…

小型幕~3弾製品と

最初の画像にあるとおり、早速バラしてお漬物へと目論んだものの、実はまだ漬けていません。 屋根上のパーツが接着剤でがっちり固定されている… うーむ。 9弾~11弾製品のようにちょこっと押してやれば大抵のものは外れるバラし易さは今回無いようです。 これをやられると、例えば角型ファンカバーが再利用出来なくなる可能性が出て来るなど、いろいろと問題があるのですよねぇ。

後面窓の外し方

側面窓を固定する方法は京王MP118ワンロマ製品以来の形態になっています。 この窓パーツを外す方法も書いておきましょう。

<1>屋根と窓から伸びるツメの隙間にピンセットなどを差し込む。
<2>ツメを手前にこじる
<3>すると右のようにツメ同士が交差するように外れるので、他の部分も順番に同じ事を繰り返す
<4>全て外せばユルユルになっていると思います。

12弾ケース付属白バス

ケースに付属する白バス~形としては京浜急行製品と同じものですね。

12弾シークレット

こちらが私的に問題なシークレット。 今日は入手出来なかったところ善意の神様のお陰で何とか1つ… 先ずは某氏に感謝申し上げます。

さて、何が問題かといえば方向幕の形態違いもシクレだけ小型幕ってどうよ~が先ず一点。 それ以外に中扉後ろの車掌台付き窓に涙目… 都営ってば全車この仕様なのですよ。 無論何時も通り改造しちゃえば良いだけなのですけれど、やはりあれば重宝しますしねぇ…

って事で、余剰品絶賛募集中ですので一つよろしくです(w

by blog-MrT | 2008-08-29 23:59 | バスコレ他(製品系) | Comments(8)
Commented by MiG29@KMB at 2008-08-30 08:21 x
どうもです
まだ現時点で12弾製品を手にしていないのですが
久々のモノコック車ですが、以前の製品に比べて格段によくなってますね
早く入手したいところです

しかしそれよりも某社限定品の方が・・・w
まさか新規車種とは さすが大手らしい
Commented at 2008-08-30 08:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by blog-MrT at 2008-08-30 21:15
●MiG29@KMBさん
広電必要なら…(w
西鉄限定は公式にも掲載され、尿素仕様が確定しましたね。
ノンステ化改造するにしても手間を考えると数台程度、これと保存用に1個で3セットもあれば事足りそうではあります。

●m.mさん
確かに改造してしまえば何ら問題ない類のものですね。 今回は窓幅も様々なピッチが用意されているようですので、RCからでもよさそうな部分はあるかも知れません。

>1台くらい車掌窓付のクルマが含まれるとばかり思っていました
仰るとおりで^^
Commented at 2008-08-30 23:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-08-31 02:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 綾崎真一郎 at 2008-09-01 00:49 x
お久しぶりです。
12弾は幼少のころ見かけた記憶のある十勝バスのみ購入しましたが、今回は流石に購入数少なめになりそうです。
北海道には大型幕車が少なかったので、思い出の中にあるRCの姿を再現するにはシクレを潰すしかないのが何とも…
一方の西鉄限定品は車体完全新規の新96MCを出してくるとは、さすが西工の親会社。微塵も妥協してませんねw
Commented at 2008-09-05 14:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by blog-MrT at 2008-09-08 11:19
●非公開コメント1さん
いろいろお手数お掛けするかと思いますがよろしくお願い致します^^

●非公開コメント2さん
確かそうだったはずですよね。 その件は問題無かったです。

●綾崎真一郎さん
そうですね。小型幕を使った製品は今後何かの限定品等に含まれる可能性もあるので、本当に欲しいものでなければシクレを潰してまで作る必要は無いと思います。 あとは腕の見せ所~と言ったところでしょうか。

西鉄の方は新規金型での製品ですので、やはり欲しいですね。 とは言ってもワンステそのままでは今一つ使い道が無いので、ノンステへのベース(~と言っても精々2~3台も改造するのが精一杯かな?)と保存用に1つ=2~3セットもあれば事足りそうです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 2008/09/07  日野R... 2008/08/23  更新と... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
お久しぶりです。 ..
by とある美琴の桜子 at 04:00
ついにエアロキングが登場..
by 3501F at 21:56
ジオコレのツイッターでJ..
by 凡人オヤマダ at 18:10
■あっちーさん 実..
by blog-MrT at 00:30
■西工58MCさん ..
by blog-MrT at 00:24
■あきさん ご挨拶..
by blog-MrT at 00:21
こんばんは。 JR..
by あっちー at 00:26
先日10月14日に阪急バ..
by 西工58MC at 20:30
今日ご一緒したみなさん、..
by あき at 21:26
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.