製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/08/17 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
08/17:東急バスオリジナルセット(4弾?)を追加
08/17:JRバス30周年8社セット・アクアラインセット他を追加
08/17:新シリーズ「わたしの街バスコレクション」を追加
08/17:その他過去に溜まっていた分をまとめて整理/更新しました
08/12:バスコレパーツ構成一覧表更新
08/11:バスコレパーツ構成一覧表更新
07/26:バスコレパーツ構成一覧表更新
01/25:きまぐれレビューNo.88をアップ

2008/10/30  エルガ3題の塗装~都営バスR代/PKG-KVの製作

燈色を塗装してみた

先日カッティングプロッタを使用してお験しカット頂いたマスキングシート、折角のご好意は無駄には出来ません。 そんな訳で、もう半年以上前に着手していたエルガ2台にこの時試作していたR代も「ついでに」追加して塗装してみました。 何しろ一番手間な曲線のマスキングが省力化された事で、この手間を余り考えずに着手出来る強みは大きいです。 R代は厳密にはPKG-KV=ブルーリボン2で、今日はそれの加工についても少し書いています。

そそそうだ、西鉄本社から鉄コレが回着。 情報収集中にたまたま見つけたイベントページのクイズで当選したらしいです。 この手の抽選で当たった試しがないのに。  でもね…編成にならないのねーー



楽だなぁ

先ずは燈色塗装へのマスキング完了の図。 以前は3台をこのような状態までマスクするのにどのくらい掛かったでしょう。 それが今回は3台で1時間ほどで完了してしまうとは… 嬉しいナーー
あ、ゾルはこんなにボテボテ塗る必要は無いです^^;

PKG-KV加工点
 
今回追加した1台はPKG-KV(R代車)へ加工しています。 都バスセット2に入っているPJ-仕様をベースに、ライトの2灯化 / ドア側後部側面に開口部を追加 / 非常口後ろの窓下辺を他の窓と同じになるように拡大+窓枠をプラ材で復元 / 後面蓋を移植 ~等を施しています。 このバスの特徴として、ヘッドライトの2灯化と非常口後ろの窓の加工(+出来れば着色窓ガラス)さえ押さえておけば、他の部分はまぁどうでも良い部類でしょう。

各種蓋等についてどうやって加工しているのかご質問を頂きました。
私はスジ彫り作業が苦手な事もあり、テンプレートのようなものを作って彫るのではなく、似たようなディティールを探して埋め込んでしまう方法を取っています。 例えば今回のように蓋を別の位置に表現したい場合、先ずは様々な製品から同じようなディティールを持った部分を探す(バスコレに限らず)>目標位置にピンバイスで下穴を開け、そこから徐々にアートナイフで埋め込むパーツに合わせて開削>慎重に位置合わせして埋め込む>表面を仕上げる~です。 この時必要なものは、保持力のあるピンセット(埋め込む小パーツを削る際に保持力が無いと困る)、アートナイフ(穴の開削に)、ピンバイス(下穴に)、#400/#1000ペーパー(アルミブロック等平らなものに貼り付けたものとペーパーそのままのもの)、流し込み接着剤(仮止め&位置調整)、瞬間接着剤となります。

今回使ったディティール用素材は10弾旧セレガから。 前輪後ろにある四角い凹みをKVの左側面エンジン開口部に見立て、運転席側に2つある蓋(どちらもほぼ同じ)を横倒しにしてリアナンバー右上辺りに埋め込みました。 このような加工は製品の仕様に極力合わせて如何にも加工したと思われないように作りたいと言った、ある意味工作とは相反した目的がある為です。 従ってこんな妙な拘りが無ければ、デカールやマーキング他、作者それぞれの手法があって良い筈ですし、モデルの大勢に影響しないような部分ならいっそ端折っても良いと思います。

現状~ドア側前方より

現状~運転席側後方より

現状ここまで塗装完了。 3台まとめて塗装しましたが、流石デジタル機器の威力ですね。 殆ど個体差も無く量産する事が出来ました。

前面2灯ライトの表現ははっきり言って似て無い気がします。 どうして似ないか原因は掴めて来ましたが、もうそれを実行する気力が続かず。 どうせ周囲は黒になってしまうし~と、一応これで良しとしておきました。
N代CNG車では側面ウインカーや蓋の位置が違っていましたが、R代はこのままでOKなようです。

後ろから

似たようなエルガ一族ですが、時期やタイプによって少しずつ変化しています。 画像右のKL-エルガには(実車は)ナンバー右横に蓋があります。 他は弄るのにこれは弄らない… 拘りがどうのと言いつつ、結局はいい加減なものです(汗

以前加工したエルガ2台の記事(2008/02/10)

<左=PKG-KV(R代)>
種:都営バスセット2/PJ-仕様(右側面にあるエンジン開口部やナンバー位置、パネルライン等一番似ている)
<中=PJ-LV(N代CNG)>
種:大阪市セット1(左側面にあるエンジン開口部とナンバー位置&照明具が有利)
<右=KL-LV(L代)>
種:立川バスセット(無論通常品でもOK。他と揃える意味でこれを使用。大阪市セット2もボディーは同じ)

by blog-MrT | 2008-10-30 23:59 | バスコレ(改造系) | Comments(2)
Commented by kana86 at 2009-01-04 21:04 x
本年もよろしくお願いします。

ところでヘッドライトベセルのマスキングシート、設計しようとして種車(都営セット2のPJ車)をIPAに浸けて引き上げたところ、重大なことに今更ながら気がつきました。フロントパネルのプレスラインとヘッドライトベセルの上辺が何故か一致しません。7弾通常品や白バスなどの初回品は大丈夫なのですが、フロントウィンドゥ下に手すりのついた、所謂改良品は軒並みダウトで塗装でごまかしてあります。いやはや参りました。
Commented by blog-MrT at 2009-01-07 05:39
○kana86さん
うはーー、確認しました。 仰る通りなんか違いますね。
7弾通常品と比較すると、側面に回りこんでいる部分は高さが同じ~正面の部分は角がダレてしまっているようで、真正面から大きく見えてしまいます。 あーーこれで掴めた~ブルリ2の2灯ライトが似て来ない理由…
ライトケースの高さ(面積)が実物より大きく見えているのが僅かな違いとは言え影響してしまっています。 4灯のエルガは極端におかしくは見えないのですけれども…

例のマスキングシート、是非通常品規格でお願いします。
作品の方で何とか誤魔化してみようと思います。

末筆になりました、今年もどうぞよろしくお願い致します。
名前
URL
削除用パスワード
<< 2008/11/09  うーむ... 2008/10/22  カッテ... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.