製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/09/22 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
09/22:東海自動車オリジナルバスセット第2弾を追加(続報待ち)
09/22:東武バスオリジナル5台セットの兆しあり??(続報待ち)
09/20:大阪市営バス開業90周年記念セット~臨時先行販売について追記
09/14:新旧カラーセット:奈良交通・東京ベイシティ交通を追加
09/17:バスコレマニアックスPart.2に追記
09/17:バスコレ屋根上パーツ集に追記
09/17:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/12:バスコレマニアックスPart.2に追記

カテゴリ:鉄道模型( 43 )


2005/08/15  思いつき…パレオの幌吊り

幌吊り試作

 何となく思いつきで一つ作ってみました。
しかし取り付けが面倒この上ない+4両でも12箇所~と言う事もあって多分やらないですね。
正面に出ているならともかく、妻では必要ない気が…

by blog-MrT | 2005-08-15 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2005/08/14  CTK3000系前面加工他

CTK3000系前面加工中

 本日は顔にイエロートレインのパーツを取り付ける加工です。
先ずは貫通扉閉塞用のパーツを取り付け。 このパーツの位置はライトの位置とも相関していますので、位置決めは慎重に行います。 位置合わせが出来たらパーツを取り付ける前にデフォ貫通扉窓をパーツに合わせて四角く拡大しておきます。  お次はライト、当然ながら四角い穴を開けてはめ込みますす。

~ここまではまぁすんなりと。 さてこれから…イエロートレインのパーツ取り付けで一番難しいおでこ補助灯の取り付けです。 後退角がある部分に真正面から見て四角い穴を開けるのは何度経験しても難しい。
開口は慎重に、0.8mmドリルで一点穴を開け、そこからアートナイフと極小彫刻刀で少しづつ切り広げて行きます。 上部はプラの肉厚が邪魔になるので、これを削いでおく必要があります(これをやらないと真っ直ぐ刺さらない)
さらに、穴の部分を上から見ると斜めの曲線になりますが、これも左右で同じ形/同じ見え方になるように、慎重に穴の形を整えて行きます。 また、張り出し具合を調整して行くと、特に上から見た時に実車より飛び出して見えてしまいます。 これはパーツの縦横がほぼ同一な正方形に近い為(実車は縦が短い偏平)、どうしても少々上方向に穴が大きくなってしまうのが原因の一つ、結果としてパーツの見える部分が大きくなる=飛び出したように見えてしまいます。これは致し方ないかも??
結果は上の画像の通り、100点満点とはなかなか行きませんね。

 その他煙管を取り付け、Tomixは線が細いのでKATOを使ってみました。 微妙に何かを弄ってますが、書かなければ気付かないでしょう。 次いで下部のステップ取り付け準備の穴開け、パーツはこの段階では接着しません。
運転席側乗務員扉横の昇降ステップは要らないようなのでこれも撤去しておきます。 屋根には手摺が残されていますが、側面ステップは撤去されているようです。

3003側面解説  3003灯具類の張り出し参考  小細工  (おまけ)3001編成  (おまけ)3101のAU71他

by blog-MrT | 2005-08-14 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2005/08/13  パレオ客車の妻面加工他

パレオ客車妻面加工

 手摺類の埋め込みと幌吊りのモールド/銘板を1枚撤去、オハの側面方向幕を埋め込んでみました。
手摺がある部分の実車画像  パレオ客車は3000系と違い妻面は国鉄時代のままなようです。 最下部の手摺がオハ/スハフで違う程度でしょうか。
幌吊りのモールドは少々大袈裟に見えたので撤去してしまいました。 一応車体側のステーだけはボナの配管留め
パーツを埋め込んで、その後吊りバネが取り付けられるようになっています。(やるかどうかは判りませんが…)
側面方向幕を埋める際には、12系車体の側面コーナー斜め面取り部を乱さないように注意します。

by blog-MrT | 2005-08-13 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2005/08/12  12系後期形改造試験 後方監視窓と貫通扉(パレオ客車)

後期形12系の後方監視窓あれこれ

 今日はパレオ客車が該当する12系後期形の特長=後方監視窓の細幅化に際して、試しに失敗ボディーを利用して使えそうな窓をはめ込んでみました。 試した窓はKATOオハネフ25の妻窓とKATOオロネ10側面窓の一部です。
実車後方監視窓
~どうでしょう? 幅はオハネフ25用/オロネ10用どちらもほぼ同じ、縦方向はオハネフ25用はKATOデフォ12系より極僅か小さく、逆にオロネ用は僅かに大きいです。 角の丸みの雰囲気はオロネ側面用に軍配かな。 大きさは… どちらを使うか迷っています。

 さてもう一つ、後方監視窓を細幅化すると一段と目立ってしまうのが貫通扉の窓です。 KATOデフォではHゴム支持ですが、パレオ客車は挟み込み支持になっております。 鋭い方ならお判りと思いますが、単に窓のHゴム表現を削るだけでは窓の面積が不自然に大きくなるだけ、これを解消するには窓を全体的に小さくする必要があります。 色々工作方法を検討していたところ、友人W氏より支援の一報を頂き、貫通扉をモデラにて作り直す事にしました。 パレオ客車では扉の取っ手部分に窪みがない事、マーク取り付けステーの表現まで作れてしまう、幌枠を取り外した貫通扉の外形は長方形(上部の丸みは要らない)である事などなど、いろいろと有利な部分が多いです。
良いものが出来そうな気配が…ご支援無駄にしないよう加工精度に気合を入れてみます。
実車妻面  モデラ製作試作品

=御礼=
S様:スハフボディー他ご提供有り難う御座いました。ご一報頂いた皆様にも大変感謝しております。
W氏:ご支援感謝、毎度恐縮です。

by blog-MrT | 2005-08-12 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2005/08/04  長電の夢??

オリジナルな色に期待しましたが…

 先ずは、長電公式発表 小田急公式発表
その昔、現在の2000系D編成を新造する際に3000系として展望車の計画があったのは今から約40年前…
当時は前方視界云々とかタブレット閉塞云々とか色々な議論があったそうで実現しませんでしたが、今回譲渡という形でようやく展望車入線が実現する運びとなったようです。
個人的には名鉄8800の方が似合っていたような気もしますが、地方私鉄好き=古い車両好きとはちょっと異な私には何れにせよストライクなネタには変わりません。
実は随分前に…は良いとして、フライング気味にこんなもの↑を用意、しかし長電公式ペ-ジによると~
『なお、譲渡後も現在の小田急ロマンスカーの外装を当面引き継ぐ予定です』 ~だそうで、あらら余計な事をしてしまったようです。 模型としてはオリジナル色の方が作り甲斐があるのですがねぇ
まぁKATOHi-SEは前述の12系と同じく、帯カスレ防止の変なモールドが沢山付いてます(その分ドアの彫りがTomixよりはっきりしている気がしますが)ので、今ならリニューアルされるTomixの出来を見てどちらにするか待った方が良いでしょう。 連結ルールはKATO/Tomixで違うかも知れませんが、ボディーの加工が無ければカプラー関連の移植程度で出来てしまいそうですね。

=余談=
長電幻の3000系形式図は、鉄ピクNo431の45ページ、小林宇一郎氏の記事中に記載があります。
確かTMSの1997年頃にHOスケールで製作された方がいらっしゃた記憶もあります。

by blog-MrT | 2005-08-04 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2005/07/25~29(前編)  パレオ客車

種車はKATOに

 先日秩父鉄道を再訪して来ました。 今回第一の目的は3000系ではなくてパレオ客車。 皆さんやはり興味は機関車の方に行くようで、Webで調べても客車の方はなかなか出て来ません。 客車の方にしか興味が無い私こそ変なのかも知れないですが… その証拠に機関車に見向きもせず専ら客車の写真を撮っていたのは私だけでした(w

 早速手持ちの12系~Kばんえつ物語客車を種に加工してみました(塗装剥離はIPA約3日程漬け)
ご存知のように、KATOとTomixでは特にスハフのプロトタイプが違い、後期形のパレオ客車にはKATOの方が電源エンジンルーバー位置などが好都合、さらに青12系は色を落とすのが手強い場合があるとの情報を頂いていた事から、KATOばんえつ客車を種にしてみました。 ただしKATOには厄介な部分もありまして、白帯の印刷カスレを防止する為か、ドアの下部に余計なモールドがあるのです。 先ずはその辺りを加工、4両で16箇所は骨が折れましたが、完成した時の満足感を想像しながら何とか終了、その後幌枠を削ってみました。
しかし…ここで失敗ー、1両削り過ぎてしまい、3面折妻の面の見え方が歪になってしまいました。 修正も考えたのですが、大切な顔もあって清く諦める事に。 (~そんなこんなで掲示板に書き込みさせて頂いた次第です)
もう1両入手するまでは一旦加工は休止する事にして、後編に続く~

=パレオ客車今後予想される加工=
・スハフの妻窓を縦長細幅に(オハネフ25-100用を試してみるつもり)
薀蓄:スハフ12-149以降の車両は幌関連変更に伴い車掌室窓の形状が細い=製品デフォと異なる。
パレオ客車の種車はスハフ12-149/152で、このタイプに該当(ハァ…
・貫通扉の窓。実車は挟み込み支持でHゴム支持でない=窓を小さくしないとマズイ可能性が…無視しようかなぁ
・オハの側面方向幕を埋める
・テールライトはパーツに変更したいような気がする
・今なら通風器は別パーツかな
~などなど

by blog-MrT | 2005-07-29 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2005/07/25~9(後編)  懸案の3000系作り直し

CTK3000加工中

 体調崩して塗装はちょっとキツイ… パレオ客車にアクシデントが発生した事もあって懸案の3000系の作り直しを。
既に色だけは落としてあったのですが、種は塗装薄塗りに都合の良い白成型のTomix169長野新色です。
先ずは各所撤去作業を~サボ受け/号車札受けを撤去、妻面:配管/手摺/屋根布押さえ/冷却風取り入れ口(妻面に付く箱状のもの)も全て撤去、さらに前面ライト/テールライト/足掛け/幌枠も撤去します。 幌枠撤去にはパレオの轍を踏まないよう慎重に(w
 次に各所埋め込み作業を~WC窓/洗面所窓/モハの妻面窓/先頭車の助士席側乗務員扉後ろの細い窓を全て埋め込み、Tomixは前頭部種別幕に穴が開いているのも父鉄3000系には不向きなので、ここは成型前に埋め込んでおきます。 もちろんライトやテールライトも白プラ棒引き伸ばし線で埋め込みます。
ここで白プラ棒を使用するのは車体の白成型をより生かす為で、灰色ランナーで埋めてしまうとその後の塗装(塗膜の厚さに)僅かながら影響する為です。 こう言ったところを少し拘ると、仕上げが楽に&見栄えも良くなります。
ぁ…タミヤの白プラ棒は使えません。何故か延ばして埋め込むと灰色に… この用途では Evergreen 又は Plastructのプラ棒がお勧めです。

 さらに、今週は+妻面手摺にパーツを埋め込むまで進めてみました。
この妻面手摺は国鉄時代の"それ"とは配置が全く異なり父鉄オリジナル、さらに各編成で違いがあります。
かく言う管理人も一部早とちりして修正したクチですが…(^^;

各部分の簡略図(大体の配置です 特に高さについては実車画像等参考に調整して下さい)

3001編成妻実車画像> その1  その2
3003編成妻実車画像> その1  その2

=秩父鉄道3000系今後予想される加工(ボディー関連)=
・実車は妻面数箇所にジャンパ栓受けが付いている Nではカーブのクリアランスを考えて付けるか無視するか検討
・トイレ点検蓋が実車は全て他のドアエンジン点検蓋と同じ小型なもの、別車体から持って来ようか無視するか…
・側面ドアコック蓋 3001/3003にするならデフォのまま、3002にするならデハ3002のみカバー付き(角)に。
~と思ったのですが、妻面の手摺を植えた位置が3003限定でした。
・ライト類の取り付け:イエロートレインのパーツ使用
・前面貫通扉にパーツ取り付け 同時に窓もパーツに合わせて拡大
・前頭部種別幕の撤去&成型
~などなど

by blog-MrT | 2005-07-25 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2005/06/24  何故か東急9000系

簡単なのは良いけれど…

 ここ最近各種エディターをある程度使えるようにとPCと睨めっこばかりでしたが、ようやく塗装OKな環境が復活しましたので早速。 ~でも、何故か東急9000シャボンです。 かつて京急800系を組み立てて以来の一体成型塗り済み製品、全くの巣組み&地元に近い割りに疎い東急=知識がないのも幸いして?サクサク進みます(笑)
実車資料を前に目を吊り上げながら濃い内容の工作も楽しいですが、完成形がなかなか見えなくてついつい頓挫しがち(長○とか…)、あっさり組み上げてしまうこう言った工作もこれまた楽しいですね。

~ところで、私が東急?と思われた方も居るとか居ないとか? はい自分でも不思議~何てのはウソで、実は頼まれ品です。 正直ご自身で作って頂いて工作の楽しさを味わって貰いたいと思っていました。 しかし、塗装はマスキングなしでたったの3色(床下/クーラー/内装)だけ、組み立てもお膳立てが出来てるので"巣組みなら"至極簡単ですが、簡単が故に楽しいより先に面倒~って思う方も居るのかも?何て少し思ったりしました(少々複雑…  クーラー換装やライト点灯など一味加えた方が、この手のキットではより達成感や楽しさが味わえるかも知れません。

 さて、東急と言えば8500系が長電に譲渡とのニュースが私にとってストライク、これもあってアナログ/デジタル工作用にとよく取材に出掛けてます。 2連なのか3連なのか(まさか4連は…)、先頭改造はあるの?~とか、置き換え対象は何?など、興味は尽きません。

by blog-MrT | 2005-06-24 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2005/05/07  長電2500系 誘導無線アンテナの設置

誘導無線アンテナを設置してみた

 先日製作したループアンテナ本体ですが、今日は屋根板への設置作業を。
先ずは屋根側の台座に0.75mm角プラ棒を小さく刻んだものをアンテナ本体の足と現物合わせで接着>上面を平らに仕上げておきます。  これに穴を開けて取り付けますが、実際に取り付けに使用する足は2本のみで、足は8本の内2本を残して取り付け高さに注意しながら切り取っています(全部穴を開けるのは大変かと…) 位置合わせが出来たところで細かいディティールを追加、配線は屋根から逆L型に出ている部分は0.3mm真鍮パイプ、本体への線は0.1mm銅線です。 本当は線は2本なのですが、パイプ内径との兼ね合いで1本で誤魔化しました(^^; アンテナ本体はこの段階では接着せず、塗装後に接着します。
屋根加工は残すところクハの無線アンテナとベンチレター、徐々に完成形が見えて来ました(楽し

by blog-MrT | 2005-05-07 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2005/05/05  コピペ大会

捏造中(^^;

 本日の工場は自宅ではなく友人宅にて、レジン師匠の手際よい作業とアイデアを観察しつつ、ヨタ話に花を咲かせる楽しい作業です。 車両はともかく?パーツは使えそうなものが多数ある某社、依然として分売の気配すらない事もあって、先ずはAU712や京成AE用など、某社製クーラーなど小パーツを題材にしてみました。  ~(中略)~
結局のところ如何にして隅々まで樹脂を流すか~に行き着きますが、これさえ押さえればディティールはメッシュ部分まで綺麗に取れるようですので、上手く出来そうな予感がします。
『脱泡機あるよ』~と某氏より心強いお言葉も頂いておりますので、後日量産大会と行きたいものです。

by blog-MrT | 2005-05-05 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
東海バスは品番がK170..
by カリスマ車掌R’ at 22:43
■オヤマダさん い..
by blog-MrT at 03:42
■スターマインさん ..
by blog-MrT at 03:38
こんばんは。 全国バス..
by スターマイン at 22:56
3Dプリントのデータ修正..
by 凡人オヤマダ at 12:21
■西工58MCさん ..
by blog-MrT at 21:50
■オヤマダさん t..
by blog-MrT at 21:49
本日、胆振線 転換・代替..
by 西工58MC at 14:20
上の方で全国バスコレで登..
by 凡人オヤマダ at 21:32
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.