製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/08/17 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
08/17:東急バスオリジナルセット(4弾?)を追加
08/17:JRバス30周年8社セット・アクアラインセット他を追加
08/17:新シリーズ「わたしの街バスコレクション」を追加
08/17:その他過去に溜まっていた分をまとめて整理/更新しました
08/12:バスコレパーツ構成一覧表更新
08/11:バスコレパーツ構成一覧表更新
07/26:バスコレパーツ構成一覧表更新
01/25:きまぐれレビューNo.88をアップ

カテゴリ:鉄道模型( 43 )


2005/04/22  誘導無線アンテナの製作(金属部分)

疲れました(^^;

 長電2500系用ループアンテナです。 折角細密化したのだからともうヤケク○で作ってみました。
~が、今猛烈に肩が痛い…おまけに指も焼くし、もう二度と~ですが後ろに3600系も控えているのが何とも…

 それはさておき、今回のレシピは0.8mm幅(何故か実測すると約1mm程度あるのですが)×0.2厚洋白帯板+さいどらいんNo0003(キハ54の縦トイパーツ)をこのように加工してみました。 さいどらいんのパーツは別に違う物でも良いのですが、幅が0.7mm程度あって非常に薄く、且つ15mm程度長さが取れるものがこれしか目に付かなかった為です。 エッチングパーツは相当数発売されていますが、意外とこの幅で長さが取れる部分は無いものです。
(ちなみに、カギ外しの途中にある支柱にも"これ"又はトレジャー415系用幌枠の縦部分を使っています)

 四角い枠を正確に作るのが難しく、作例では大型の方が少し歪になってしまいました。 実車画像と比較すると、枠の折り曲げはもう少し角を付けた方が良さそうです。

by blog-MrT | 2005-04-22 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2005/04/17  長電クリームは難しい…

クリームに塗ってみた

 本当は3500の方を先に進めたいところですが、妻で躓いてしまっているのでこちらを先に。 塗装パターンを考えると赤を先に塗った方が良さそうですが、発色と厚み抑えを考えてクリームを先に塗ってみました。
しかし、このクリームが厄介物でして、Webや雑誌などでは色々な色調で写っており、どの色がよりそれらしく見えるのかが問題です。 模型誌でもクリーム4号(JNR特急色:かなり赤め)やクリーム1号(JNRスカ色:少々白め)を使用した作例もあり、やはりと言いましょうか皆さんそれぞれで見え方が違うようです。 長電の色はりんごの皮と身の色をイメージした…と何処かの文献にありましたが、現役の2000系を見る限りでは、割と黄色が強め、OS10や長電バスを見るともう少し赤味(肌色っぽい)にも見えた印象が残っており、さぁどうしたものかと随分悩みました。
結局は"りんごの身"と2000系のイメージを基本に、若干赤味を入れて調色してみました。
レシピは割合不明で申し訳無いですが、確かクリ―ム1号+Mr4イエロー少々+Mr318レドーム少々+クリアレッド1滴でしたか…(画像も当てになりませんのでご注意) ん~、少々黄色が強過ぎた気もします&長電再訪も近いですので、もう一度2000系やOSを確認して判断するとします。 時間があればトレインギャラリーにも行ってみましょ。

余談:空瓶が湯水の如く…希釈液を入れると10本も使ってしまいました。 色見本のつもりで調色の度にバスに塗っていたのですが、なんだかバスも作りたくなって(略

by blog-MrT | 2005-04-17 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2005/03/19  愛知環状鉄道2000系 Wパン車完成~

愛環2000系Wパン車

 久し振りにちょろっと工作してみました。 印刷がとっても綺麗で一目惚れ、勢いで購入した愛環2000系です。
買ってみると興味が沸くものでして、色々調べるとWパン車が居るとの事です。 ただしこのWパン車はアンテナ位置が違うそうで、製品では穴が開いてしまっているおでこを埋める必要があります。 そこで問題になるのが銀色塗装のリカバリー、製品ではかなりきらめきの良い銀を使っており、この質感を再現するのは難しいな…と躊躇していました。 ~で日は開きまして、新車もさて置き旧車(100~300系の事)にも興味が沸いてしまい、いっそ取材に行ってしまえーとMLながらに飛び乗り。 そこで見たものは…何とまぁ都合が良い事に、Wパン(Wパン準備車含む)のおでこは、パンタがせり出す分一部が絶縁塗装になっているではありませんか(^^) こりゃ模型作るしか~と長い前置きですがそんな具合です。

 さてレシピですが、クモハ313-3000の屋根板がまず欲しいところです。 Assyなんぞ売ってるはずも無いので、製品からバラして持って来ました。 このままパンタ乗せれば良さそうですが、同時に避雷器も乗る為、この部分の台座と配管がモールドされていないのが気になります~なのでそこら辺はこんな感じで小細工。
配管の材料はランナー延ばし線でベタ表現(製品っぽく見せたい)、避雷器台座を取り付け、ボディー側はアンテナ穴埋めを施して同じグレーを吹いて完了です。 避雷器台座はかなり横着+穴も四角く開けるのが面倒なので真鍮線を噛まして取り付けています。
最後にワンポイントとして、シュー先端部(ホーン)をGM25=緑15号で色入れしてみました。(実車は全車緑色)
皆様もお一つ如何でしょう。 前パン振り翳して~なかなかカッコ良いかと…  拡大画像

=お土産画像=
Wパン(2108)前俯瞰  Wパン(2111)後俯瞰  Wパン(2110)斜俯瞰  Wパン準備(2112)斜俯瞰


 製品のクモハ313-3000の屋根板と見比べても殆ど同じなのが判ります。 ただ、簡単なWパン準備車であっても避雷器への配管は取り付けられており、製品ではこの部分がモールドされていないのが気になるかも知れません。 パンタ追加購入は、『品番4371F モハネ285パンタグラフ』 が製品デフォです。

by blog-MrT | 2005-03-19 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2005/02/26  長電3500/3600系用インレタ

長電用インレタ

 特に正面ロゴ、これはどうしても欲しくて作ってしまいました。 どうせ作るなら…と車番や編成番号、一部が赤になる事からついでに1500/1000の車番も…と言う具合でコスト増(^^;  自己満足の為…まぁ致し方ないでしょう。
実は別日報で少し書いたところ欲しいとのお申し出も頂いておりますが、これは長野電鉄からの回答次第になりそうです。 何しろ社紋やロゴそのものな事もあって、許可を得た方が良いかな…思っております。 節礼もありますし…
~と言う訳で、実際頒布出来るかどうか判りませんが、結果次第で告知させて頂きますので、もう暫くお待ち下さい。

 そう言えばRMM最新号に長電作品載ってますね。 やはり完成させて何ぼ、とっても良い雰囲気です。 記事の薀蓄には多少間違いがあるのはご愛嬌?でしょうが、2000や2500も完成させているのは羨ましいです。 レタも出来たし、これで資材も揃いましたので私も頑張って完成させましょう。

by blog-MrT | 2005-02-26 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2005/02/17  伊豆急買えず…

 伊豆急100系もう昨日には発売されていたようですが、出来が気になったのと木箱あったら買いましょ程度の気構えで秋葉へ。 まぁ某安売り店に当然ある訳もなく…って  あれ?伊豆急100ってそんなに人気者だったっけ? 一応見せては貰いましたが、完成品だったら及第点かな。 しかし無理して買い回るほどのものでもないと判断(負け惜しみとも言う)して見送りました。
~で、モハ185のAssyも無いし…と当ても無くぷらぷらしていたら、バスコレ国鉄MP218が晒しで定価、これをあるだけ全部摘んで…ふと横を見るとパレオな機関車も新品であるじゃない、何てタイムリーな。 結構な値引きだった事もあってこれもお買い上げ。 SL初入線です(機関車自体がこれで4台目…)
さて、家に帰るとパレオな客車のデカールが届いておりました。 先ずは12系とは何ぞや… Tomix or KATOどちらをベースにしたら良いのか、その辺りから勉強しましょ。~と言うか、誰か薀蓄語ってくれないかなぁ

パレオと言えば、毎年様々なヘッドマークで有名?ですが、マーク作成時に良いかも? リンクしておきましょ
2001年版  2002年版  2003年版  2004年版

by blog-MrT | 2005-02-17 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2005/01/14  東大宮教習車の前面加工

前面加工中

 予告通り?前面強化追加鋼板の表現を施す再改修を。 丁度テールライト上手摺位置を間違えていたので、これの修正も兼ねています。 追加鋼板には0.13mmプラ板を使用しましたが、取り付けてみるとこの厚さでもかなり大袈裟=ブ厚く見えてしまうようです。 実車は1cm程度の出っ張り=1/150ですと約0.07mmですので当然と言えば当然ですが… そこで接着後に念入りにペーパーを掛け、何とか見るに耐える状態まで薄くしてみました。
正直結構大変&かなり削ってこの状態ですので、この材料での加工はあんまりお薦め出来ません。 そうなるともっと薄いプラ板等が欲しくなりますが、市販されているプラ板では(知る限り)最も薄くて0.13mmですので、例えば弁当の蓋などから探してみるもの面白いと思います。(ちなみに"ペヤングヤキソバ"の蓋は0.13mmより厚かった)
それと、この鋼板の形状は中央のステップやジャンパを避けるような形になっていますのでご注意を。 プラ板の上にステップ等を取り付けてしまうと微妙に変?になってしまいます。 また今回は裾の延長も施してみましたが、こちらは見栄え的にはどうでも良いかも知れません。 
さらにもう一つ注意として、これら極薄プラ板で且つ今回のような大きな平面が必要な用途の場合、接着にはプラ用接着剤は使用しない方が良いです。簡単に溶けて歪んでしまいます。(最悪しわしわに) 作例ではメインがゼリー状瞬着を点付け(これも油断すると溶けますので極少量に留めましょう)、淵の隙間を見えなくする為に"極々少量"の流し込みプラ接着剤で周囲を馴染ませています。

 その他屋根にアンテナ類や昇降用手掛けを取り付け、煙管にはパトライト取り付け用に0.3mmで穴を開けておきます。(点滅LED+ファイバーで光らせようか思案中…) パトライトはカーコレクションのパトカーから持って来ようと企みましたが、古いパトカーのパトライトはかなり大きなものを使っていますので、この用途で使えるか微妙なところです。
また、画像のMcに取り付けた屋根上手掛けはM'c車には取り付けしません。 M'c車は側面には昇降手掛けが付いていますが、屋根にはないようです。

 あとはAU712用のランボードと台座、側面ルーバー取り付けで加工終了の見込みです。
余談:瞬着で付けた手摺やテールライトが上手く取れずに力を入れたら…『バキっ!!』 窓の真ん中辺りから下が大破、辛うじて修正してあるのはここだけの話?

by blog-MrT | 2005-01-14 00:00 | 鉄道模型 | Comments(4)

2005/01/07  東大宮教習車の配管加工<2>

配管加工中

 今日も引き続き教習車の配管加工、残ったカギ外しの設置と母線を取り付け、一応配管加工は完了。 しかし何時も通り?反省点が幾つかあります。 左右配管のバランスが全体的に左寄りな事、カギ外しのリンクが大き過ぎた事が少々気になる点です。 原因は前者が作用管が左寄り=妻面から折り返す部分の取り付け位置の精度調整ミスです。~と言っても僅0.1mm強程度ですが、人間の目は良く出来ているもので、直線や平行・水平など意外と目立って見えてしまうものです。 後者は避雷機からのアースの位置を0.2mm程度左寄りに付けてしまった事により、後に現物合わせで製作したカギ外しのリンクアームを長くする必要が出て来てしまった事です。 細かい事ですが、細密化すればするほど見る目もシビアになるので、この反省を次回国鉄型ネタでは生かすようにしましょう。
 それと、何時もは国鉄系車両の母線には0.4mmを使うのですが今回は0.3mmにしてみました。 微妙に細い気もしますが、プライマー塗ったり諸々で丁度良くなるかな?と期待してみます。 外径0.35mmパイプが欲しいこの頃…
次はランボードとMcの無線アンテナ周り、前面もやり直して強化鋼板の表現も施してみたくなって来ました。
えっ?その前に長電…

by blog-MrT | 2005-01-07 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

~2005/01/05  東大宮教習車の配管加工<1>

配管下加工中

 大晦日から体調が思わしくなく、結局塗装作業は出来ず仕舞い…
進んだのは長電O5編成の配管と教習車の配管、富旧新潟色のモハ114>モハ115化改造を施したのみ、何れも炬燵に潜りながら出来る作業ばかりでした。 何だかよろしくない?年越し&新年のスタートでしたが、まぁお陰でNHKの行く年来る年を見ながら蕎麦をすする… ある意味何時もの年より雰囲気はあったかも…?

 さて話を戻して…画像は教習車=103系の配管加工です。 国鉄形の配管は作用管の平行と自然な曲線出し、リンクを多用したカギ外しなど苦労が多いですね。 特に作用管の並行精度は見栄えに影響が大きいので、満足行くまでじっくり時間を掛けてみました。 カギ外しは3ピース構成として、今後の現物合わせでの取り付け時にある程度自由が効く様な構成に。 素材は手摺や幌枠パーツから切り取ったパーツに0.15mm真鍮線/0.4mm真鍮パイプなどをハンダで組み合わせています。 別角度画像

by blog-MrT | 2005-01-05 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2004/12/22  東大宮教習車 Mcの製作

クモハ103

 今日は19日の相棒Mcを製作しました。 こちらのボディーは非ATC車をベースに、窓の非サッシ化と前面を変更。 前面は3桁品から拝借して、運行幕埋め加工/シールド2灯化/各種パーツを取り付けました。
ジャンパ受けはトレジャーKE70を使用しましたが、取り付けは例によって台座の大きさと同じ穴を開けて埋め込んであります。(9/24と同様の加工)
しかし…テールライト上手摺の取り付け位置が違っていました。 実車写真を見ると、テールライト真上ではなく若干外側に付いているのが正解な様です。 前面を更新した低運車には結構ズレている車両があるようで、特定車製作の際にはチェックする事をお薦めします。 この手摺は当然M'c車にも取り付けますが、低運Mcより高い位置にあり、この編成では緑帯の中(ほぼ下辺)に入っていますので、一通りボディーを組んだ後帯との位置関係を割り出してから取り付ける予定です。 屋根は3桁品製品のものを若干幅を詰めて使用しております。

by blog-MrT | 2004-12-22 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

2004/12/19  東大宮教習車の製作~初期車発売願い

クモハ102改

 もう数日前になりますが、KATOのカタログが発売されました。 期待に胸を膨らませ内容を確認…
381系(383系ではないのがちょびっと以外)やフジサン特急など、まぁそれなりに楽しめましたが、肝心な?大本命~All New103系初期車!と言うフレーズが見当たりません。 どうしても某社103系製品は馴染めず、"KATO4桁品番103系と同レベルな製品"~に期待を抱いておりました。 改造ネタは豊富、しかし3桁品改造も少々面倒だし…

 ~それでも、一応しつこく『何時かは…』と期待は残しておくとして、少しだけ弄っていた"某あれ"を4桁品番103系をベースに作ってみる事にします。今までは3桁品を車幅調整の上はめ込み窓化する方法で初期車を製作しましたが、M'cが高運転台/Mcに方向幕が付いている/車幅調整が要らないなど好都合、そして何よりどんな感じになるのか試作的な意味合いもあります。
 作業はご想像通り?こんな加工を施す事がメインですが、量産には面倒この上なく不向きです。 窓の感じも現段階では今一つな感が…  そんな訳で、掲題の件是非お願いします>Kさん。
お願いついでに113/115系初期車はTさん宜しく!

by blog-MrT | 2004-12-19 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.