製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/10/11 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
10/11:全国バスコレクション JB041-2 小変更ver. を追加
10/11:全国バスコレクション JB053/JB054を追加
10/04:阪急バスオリジナルバスセット~続報(発売日)を追記
09/29:東海自動車オリジナルバスセット第2弾~続報を追記
09/29:バスコレで行こう6  鞆鉄道5Eを追加
10/15:バスコレパーツ構成一覧表更新
10/04:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/30:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/17:バスコレマニアックスPart.2に追記
09/17:バスコレ屋根上パーツ集に追記

<   2005年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2005/01/14  東大宮教習車の前面加工

前面加工中

 予告通り?前面強化追加鋼板の表現を施す再改修を。 丁度テールライト上手摺位置を間違えていたので、これの修正も兼ねています。 追加鋼板には0.13mmプラ板を使用しましたが、取り付けてみるとこの厚さでもかなり大袈裟=ブ厚く見えてしまうようです。 実車は1cm程度の出っ張り=1/150ですと約0.07mmですので当然と言えば当然ですが… そこで接着後に念入りにペーパーを掛け、何とか見るに耐える状態まで薄くしてみました。
正直結構大変&かなり削ってこの状態ですので、この材料での加工はあんまりお薦め出来ません。 そうなるともっと薄いプラ板等が欲しくなりますが、市販されているプラ板では(知る限り)最も薄くて0.13mmですので、例えば弁当の蓋などから探してみるもの面白いと思います。(ちなみに"ペヤングヤキソバ"の蓋は0.13mmより厚かった)
それと、この鋼板の形状は中央のステップやジャンパを避けるような形になっていますのでご注意を。 プラ板の上にステップ等を取り付けてしまうと微妙に変?になってしまいます。 また今回は裾の延長も施してみましたが、こちらは見栄え的にはどうでも良いかも知れません。 
さらにもう一つ注意として、これら極薄プラ板で且つ今回のような大きな平面が必要な用途の場合、接着にはプラ用接着剤は使用しない方が良いです。簡単に溶けて歪んでしまいます。(最悪しわしわに) 作例ではメインがゼリー状瞬着を点付け(これも油断すると溶けますので極少量に留めましょう)、淵の隙間を見えなくする為に"極々少量"の流し込みプラ接着剤で周囲を馴染ませています。

 その他屋根にアンテナ類や昇降用手掛けを取り付け、煙管にはパトライト取り付け用に0.3mmで穴を開けておきます。(点滅LED+ファイバーで光らせようか思案中…) パトライトはカーコレクションのパトカーから持って来ようと企みましたが、古いパトカーのパトライトはかなり大きなものを使っていますので、この用途で使えるか微妙なところです。
また、画像のMcに取り付けた屋根上手掛けはM'c車には取り付けしません。 M'c車は側面には昇降手掛けが付いていますが、屋根にはないようです。

 あとはAU712用のランボードと台座、側面ルーバー取り付けで加工終了の見込みです。
余談:瞬着で付けた手摺やテールライトが上手く取れずに力を入れたら…『バキっ!!』 窓の真ん中辺りから下が大破、辛うじて修正してあるのはここだけの話?

by blog-MrT | 2005-01-14 00:00 | 鉄道模型 | Comments(4)

2005/01/07  東大宮教習車の配管加工<2>

配管加工中

 今日も引き続き教習車の配管加工、残ったカギ外しの設置と母線を取り付け、一応配管加工は完了。 しかし何時も通り?反省点が幾つかあります。 左右配管のバランスが全体的に左寄りな事、カギ外しのリンクが大き過ぎた事が少々気になる点です。 原因は前者が作用管が左寄り=妻面から折り返す部分の取り付け位置の精度調整ミスです。~と言っても僅0.1mm強程度ですが、人間の目は良く出来ているもので、直線や平行・水平など意外と目立って見えてしまうものです。 後者は避雷機からのアースの位置を0.2mm程度左寄りに付けてしまった事により、後に現物合わせで製作したカギ外しのリンクアームを長くする必要が出て来てしまった事です。 細かい事ですが、細密化すればするほど見る目もシビアになるので、この反省を次回国鉄型ネタでは生かすようにしましょう。
 それと、何時もは国鉄系車両の母線には0.4mmを使うのですが今回は0.3mmにしてみました。 微妙に細い気もしますが、プライマー塗ったり諸々で丁度良くなるかな?と期待してみます。 外径0.35mmパイプが欲しいこの頃…
次はランボードとMcの無線アンテナ周り、前面もやり直して強化鋼板の表現も施してみたくなって来ました。
えっ?その前に長電…

by blog-MrT | 2005-01-07 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)

~2005/01/05  東大宮教習車の配管加工<1>

配管下加工中

 大晦日から体調が思わしくなく、結局塗装作業は出来ず仕舞い…
進んだのは長電O5編成の配管と教習車の配管、富旧新潟色のモハ114>モハ115化改造を施したのみ、何れも炬燵に潜りながら出来る作業ばかりでした。 何だかよろしくない?年越し&新年のスタートでしたが、まぁお陰でNHKの行く年来る年を見ながら蕎麦をすする… ある意味何時もの年より雰囲気はあったかも…?

 さて話を戻して…画像は教習車=103系の配管加工です。 国鉄形の配管は作用管の平行と自然な曲線出し、リンクを多用したカギ外しなど苦労が多いですね。 特に作用管の並行精度は見栄えに影響が大きいので、満足行くまでじっくり時間を掛けてみました。 カギ外しは3ピース構成として、今後の現物合わせでの取り付け時にある程度自由が効く様な構成に。 素材は手摺や幌枠パーツから切り取ったパーツに0.15mm真鍮線/0.4mm真鍮パイプなどをハンダで組み合わせています。 別角度画像

by blog-MrT | 2005-01-05 00:00 | 鉄道模型 | Comments(0)


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
■非公開コメント様 ..
by blog-MrT at 01:44
■西工58MCさん ..
by blog-MrT at 01:44
■さ63のファンさん ..
by blog-MrT at 01:41
■3501Fさん ..
by blog-MrT at 01:34
■ももうらさん 岡..
by blog-MrT at 01:28
■さ63のファンさん ..
by blog-MrT at 01:22
本日発売の『阪急バスオリ..
by 西工58MC at 20:58
こんにちは。朝から京成バ..
by さ63のファン at 11:32
Mr.Tさん 毎度..
by さ63のファン at 11:29
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.