製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス  ●バスコレパーツ構成一覧表  ●バスコレ屋根上パーツ集  ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室  ●工具/用具の紹介  ●TRMフォント  ●Legacy-PRODUCTS  ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2017/10/17 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
10/17:東武バスオリジナル5台セットの詳細を追記
10/11:全国バスコレクション JB041-2 小変更ver. を追加
10/11:全国バスコレクション JB053/JB054を追加
10/04:阪急バスオリジナルバスセット~続報(発売日)を追記
09/29:東海自動車オリジナルバスセット第2弾~続報を追記
10/15:バスコレパーツ構成一覧表更新
10/04:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/30:バスコレパーツ構成一覧表更新
09/17:バスコレマニアックスPart.2に追記
09/17:バスコレ屋根上パーツ集に追記

<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2005/12/26  PJエルガ嬉しいけれど…

都営の限定セット、またしても出るそうですね。 その中にはPJエルガ=模型的にはでっかいクーラーが新規製作との事で、種車としてとっても欲しいアイテムではあります。 実車を撮影していると、このクーラーでなくともBタイプは少数ですから、Aタイプと言うだけでも欲しい仕様ですね。 ~とここまでは手放しで肯定。 しかし2台ともエルガ(しかもCNG)てのは何とも安直な…、もしかして今後1月は殺伐とした光景が恒例になるのか? など何だかなぁ~と思う部分もちょっとあります。 さて、コピペの準備でもしておきますか…
交通局の告知ページ  トミー公式ページ

by blog-MrT | 2005-12-26 23:59 | バスコレ他(製品系) | Comments(4)

2005/12/15  485系沼垂色ブルーグリーンの調色

沼垂グリーン試験
        拡大画像A (PC上でレタッチ修正)                 拡大画像B (元画像)

掲示板でのご質問もあって485系沼垂ブルーグリーン(太い方)の調色を試してみました。 この手の色は隠蔽性のある塗料では鮮やかさを保って~濁さず調色するのは難しく、混ぜれば混ぜるほど濁ってしまう傾向があります。
ではどうするのか… 結論から書くと、ベースに白を、着色は"全て"クリアカラーで行うと濁りを抑える事が出来ます。
沼垂グリーンの場合、白をベースに、クリアグリーンを1滴ずつ慎重に混ぜながらある程度調整したグリーンを作り、
後にクリアブルーをほんの僅か加えて調色しています。 クリアカラーは濁さず調色したい場合に有用で、RGBYを持っておくと非常に便利です。 また、例えば最後のクリアブルーを入れ過ぎた場合にはクリアイエローを足すと調整可能、度重なる調整で濃くなり過ぎた場合はベースの白を入れてやればリカバリー出来ます。
ここまでで十分なベースが出来ますので、少し落ち着かせたい場合は通常の色を極僅か混ぜるなど工夫すると良いかと思います。 塗料は一度濁らせると何を入れても鮮やかにする事は難しいのでその点を注意します。

485系と言えば、かもしかカラーのピンクも同様、クリアレッドを利用すれば良い色を作る事が出来ます。
その他、115系長野色/伊豆急8000系の帯/和歌山の青い近郊型などが濁り易い同系統の色ですね。

*画像の色はカメラのWバランンスやモニタ他環境で変わりますので参考程度とお考え下さい。

=参考画像=

by blog-MrT | 2005-12-15 01:40 | 技とか逸品とか | Comments(0)

2005/12/14  V代以前の都営バスHTの車体 ~都営バス駄画像倉庫

初期~中期HT車体

今日はW氏よりモデラ削り出しの角型送風機ver.Dが届いた事もあって、これのチェックと試作を兼ねてバスコレ製品とは幾分表情の異なるV代以前のHTを加工してみました。 角型送風機はまだ改良が必要、作例も高さ/長手方向に大き目です。 この手の小さなパーツはサイズ設定が非常に難しく、ほんのちょっとの差が人間の目には捉えられてしまう事に改めて思い知らされました。 加工箇所は下記リンク参照。

さて、突然ですが都営バス駄画像倉庫を公開しました。
今の時代は良いもので、作ろうと思い立つ>Webで検索すればある程度のところまでは資料が集まります。
しかし鉄道もそうですが、模型製作上どうしても知りたくなる屋根上俯瞰/真横や特徴ある部分のディティール画像等がなかなか見つからず、バスの場合はリアが写っている/電車以上に多用されるロゴ正面アップなどにも苦労します。
そう思うなら先ずは自分から~と言う訳で、最近興味を持ち始めた都営バスを中心に、模型用として特化した画像集を作ってみました。 模型製作の足しとして少しでもお役に立てればと思っております。
先ずは江戸川界隈あたりから順次、まだまだ少ないですが取り急ぎ。   都営バス画像倉庫
~~モデラー視点のコンテンツが広く作成される事を願って…

=加工箇所=

by blog-MrT | 2005-12-14 00:00 | バスコレ(改造系) | Comments(0)

2005/12/06  RE100の小加工~用具についてご質問の件2題

RE100小加工

今日は体調崩して布団の中で一日中モソモソと。 症状は熱だけ…痛いところなしの悪寒だけなのが逆に時間を持て余します。 そんな訳で、見える所にあったRE100をちょっとだけ弄ってみました。 ~って何処? そう思って頂ければ先ずは成功(^^  "記憶に御座いません"+きっと作らないであろうオーバルライトを、普通の4灯にするべく国鉄REの前面とすげ替えています。 そう、バス窓タイプはデフォではオーバルしか設定がないのです。 製品をよく見ると、丁度切り離す部分にパーティングラインがあるのでそれを目安に僅かに余裕を持って切り出し、直線を維持しながら慎重に調整します。 それほど難しい加工ではないのですが、簡単な加工故粗も案外目立つ場所、いかにも繋いだとバレないように工作精度は保っておきたい部分です。 "私は"こう言った加工には真鍮ブロックにペーパーを貼り付けたツールが欠かせません。 直線を維持したい部分/屋根ツルツル化/切り継ぎ部分/面取り/バリ取り… いろいろ使ってます。 また、ペーパーを貼る際にはほんの僅かはみ出す様に貼り付けると、そのはみ出した部分がこれまた便利だったりします。 各人それぞれ工作スタイルがありますので、必ずしも皆に良いものとは限りませんが…

その後、前面方向幕モールドを撤去、屋根など各パーティングラインを消してみました。 さて何にしましょう?

もう一つご質問頂いた件(フィルム精密尺とは?)

by blog-MrT | 2005-12-06 23:59 | バスコレ(改造系) | Comments(0)

■ 随 時 ■  バスコレ交換 PECOポイント放出

この度はバスコレ交換の呼び掛けに多くの皆様より応じて頂き有難う御座いました。
お陰さまで今回の希望分についてはお取引頂く目処がつきました。 
お取引出来なかった皆様にはお手数のみお掛けしてしまい、本当に恐縮です。
皆様のご協力深く感謝すると共に、今後ともよろしくお願い申し上げます。


尚、現在までに全てのメールを返信させて頂きましたが、万が一まだ返信が届かない方がいらっしゃいましたら、
お手数ですがこの書き込みに非公開メッセージとしてご連絡下さい。

*PECOポイントについては、こちらをご覧頂ければと思います。
よろしくお願い致します。(お陰さまで譲渡先が決定いたしました)

by blog-MrT | 2005-12-03 08:36 | 四方山 | Comments(1)

2005/12/02  都営バス 各所少しずつ進展

ステッカーと角ベン試作品

今日は前回塗れなかった超低床車の前面周り&方向幕の試作などいろいろと。

超低床車はバンパー内のフォグランプが丸なので、先ずはゼリー状瞬着でデフォフォグを埋め込み>成型、ピンバイスで丸穴を開けて表現しました。 このフォグとライトに銀を筆塗り(フォグだけその後クリアイエローを色入れ)>フォグ・ライトをマスク>ウィンカーをマスクしてから黒を塗装、その後ウィンカーにMr59オレンジで色を入れています。  この時、ついでにノンステ車にも色を入れてみましたが、案の定~それぞれで色が違ってしまいました。 これはノンステは緑・超低床車はアイボリーが下地、オレンジの隠蔽力が弱い事に起因しています。 どちらが良いかは微妙ですが、緑下地の方が少し濁って実物っぽいかな? 本音は両者で揃えたかった部分、ちょっと横着してしまいました。

そして方向幕、今回はステッカーにインクジェットプリンタで印刷。 画面上で見るデータと印刷結果は全く違うものになるので、各所修正や印刷モードも様々変えながら良好な基準を探す作業が非常に手間です。 とりあえずは次第点レベルまで調整してみましたが…(まだまだ?

さらに、前に転がっている白い物体(光の加減でよく見えませんが…)は、友人W氏にモデラで削り出して頂いた角型送風機の試作品(ver.A)です。 手作業でも幾つか作りましたが、同じものを綺麗に揃えて製作する事は思った以上に難しいもので、これが量産出来ればかなりの工数削減になります。 大きさは第2弾HUの成型品を基準に、約0.1mm浮かせて設置出来るようになっています。(少し改良予定)

またまた重箱の隅突つき

by blog-MrT | 2005-12-01 23:59 | バスコレ(改造系) | Comments(0)


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
今日ご一緒したみなさん、..
by あき at 21:26
■カリスマ車掌R’さん ..
by blog-MrT at 01:43
今度の土日に海老名の"小..
by カリスマ車掌R’ at 23:19
■あきさん 先程は..
by blog-MrT at 01:03
東武バス5台セットの内容..
by あき at 20:35
■非公開コメント様 ..
by blog-MrT at 01:44
■西工58MCさん ..
by blog-MrT at 01:44
■さ63のファンさん ..
by blog-MrT at 01:41
■3501Fさん ..
by blog-MrT at 01:34
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2016 MrT All rights reserved.