製品系コンテンツ ●バスコレマニアックス ●バスコレパーツ構成一覧表 ●バスコレ屋根上パーツ集 ●気まぐれレビューTOP
工作系コンテンツ ●塗装剥離実験室 ●工具/用具の紹介 ●MDプリンター向けインクまとめ ●TRMフォント ●作品ギャラリー
blogカテゴリー バスコレ改造系 バスコレ製品系 お立ち台 バス実車 鉄道模型 ミニカー 技とか逸品とか FONT 四方山 頒布物

2018/03/06 バスコレクション新製品情報まとめ  ←クリックで記事を展開 その他の更新情報
03/06:横浜市交通局オリジナルver.(JB041A-2)を追加
02/25:全国バスコレクション アルピコ交通・宇部市交通局を追加
02/08:わたしの街バスコレクションMB1~MB8再生産を追加
02/04:東京都交通局 さよならN-K468号車を追加
02/04:神奈川中央交通オリジナルセットⅦを追加
02/25:バスコレパーツ構成一覧表更新
02/09:バスコレマニアックスPart.2追記
02/09:バスコレ屋根上パーツ集追記
01/31:バスコレパーツ構成一覧表更新
01/03:バスコレパーツ構成一覧表更新

2007/03/21  あれれれ… 失敗? SDN実験

SDN試験

唐突にSDNです。
今日は←左カラムでも紹介していた樹脂用染料を試してみました。 購入前に綺麗に染まったGM製キットの窓を見ているだけに、まぁ簡単に染まるのだろうと期待して夜中にちょこちょこっとやってみました。 ~~が、あれれれれ??上手く染まらい。 芳しくない結果になってしまいましたが、取りあえず状況報告でも書いてみましょ。



SDN試験2

検体はバスコレ58MC琉球バスの窓。 青色に染めるべく青色染料を水で20倍に薄め、50度程度に温めたところでネットに入れた窓をドボン。

3分経過 : 縁の部分に若干…
10分経過 : 今一つ…
ここで染料を追加して濃度を濃く、10度程度温度を上げてみる
5分経過 : んーー
10分経過 : ん"ん"ーーーー
30分放置 : ・・・・・しーん 
今日は時間が無いのでここでgive up。

SDN試験3

結果はご覧の通り。(一番上は比較用製品そのままのHT用窓、下2枚とリア窓が検体)
確かに色は付いているのですが、もう少し濃い感じを狙っていただけに少々残念。
何か根本的に間違っているのかなぁ? 濃度/温度/それとも薄板ではこんなものなのか? 実験した条件で考えられる事は樹脂の性質による適温を間違った位しか考えられないのですが、もっと加熱が必要となると変形の恐れが出て来ます。 ちなみに青色染料777円(東急ハンズ)20倍と言えどボトルの1/4ほど消費した+手間+今のところ結果も今一つ ~これらを考えるとバスコレの窓への実用度は低いかも知れませんね。 窓を入れていた樹脂系素材のネットと指は綺麗に染まったのが何とも… まぁ何でも試してみるのが好きな管理人ですのでこれはこれで有益な経験でしたが、次の実験(リベンジ)は無いかも。

あ、この窓何に使うかって?? この実験とリハビリの為に作ったバスで塗装も完了。 しかし先の通り完成には至らずでした。 今度はクリア塗料で普通に着色して近日アップしましょう。 ただし、どうでも良いバスなので苦情はなしでよろしくです(^^;

by blog-MrT | 2007-03-21 23:59 | 技とか逸品とか | Comments(2)
Commented by kana86 at 2007-03-22 21:50 x
私、実は貴ブログで紹介されてから一度試用したことがあります。
そのときは空色を使いましたが確かに染まりにくく、何度も漬けたり引き上げたり繰り返しました。まぁ、染まりすぎるよりは始末がよいかと。トータルで30分くらい漬けましたかねぇ。
因みに液温は70℃くらいとしました。バスコレの窓はその硬さからアクリル素材と思われましたので。100円ショップの温度計は基本的に室温計なので50℃くらいまでしか目盛りがなく、仕方なく東急ハンズでアルコール温度計を買ってきました(^^;

私なりの結論は、塗料に比べるとコストパフォーマンスと手間暇の点で難あり。着色ではなく染色なので、サッシへの色入れに失敗してもシンナーの影響を受けない(だろう)点で有利かも、といったところでしょうか。
Commented by blog-MrT at 2007-03-24 05:08
kana86さんどうも~
いやいや、正に…
材質に関しては接着剤との親性でスチロール若しくはそれに近いものかと思っていましたので
50度近辺で試してみたのですが、アクリルならもっと加熱が必要ですね。
それと時間も30分ほど~との事ですので、ボトル裏面の目安はあてにならないのかも?

手間暇とメリットに関しては全くもって仰る通りです。(温度計に関しても私も全く同じ経験をw)
窓の色付けは厚みを考えて極力窓の表に被せたいと思っていたので尚更…
付け加えるならば、染色の方が透明感に勝る点でしょう。
しかし、リターダシンナーを使い多めに吹く感じで作業すれば塗装でも問題なさそう。
もし透明感が気に入らなけらば窓の裏に塗ってみる、それでも気に入らなければ
もう一回染色にチャレンジしてみようと思います。

コメントthanksです!

名前
URL
削除用パスワード
<< 2007/03/27  フライ... 2007/03/12  何時か... >>


月別の過去ログは以下のダイレクトリンクよりお進み下さい。

2016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/09│2016/10│2016/11│2016/12
2015/01│2015/02│2015/03│2015/042015/052015/062015/072015/082015/09│2015/10│2015/11│2015/12
2014/01│2014/02│2014/03│2014/042014/052014/062014/07│2014/08│2014/092014/102014/11│2014/12
2013/01│2013/02│2013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/10│2013/11│2013/12
2012/01│2012/02│2012/03│2012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/12
2011/01│2011/02│2011/032011/042011/052011/062011/07│2011/08│2011/092011/102011/112011/12
2010/01│2010/02│2010/032010/042010/052010/062010/072010/082010/092010/102010/112010/12
2009/012009/022009/032009/042009/052009/062009/072009/082009/092009/10│2009/11│2009/12
2008/012008/022008/032008/042008/052008/062008/072008/082008/092008/102008/112008/12
2007/012007/022007/032007/042007/052007/062007/072007/082007/092007/102007/112007/12
2006/012006/022006/032006/042006/052006/062006/072006/082006/092006/102006/112006/12
2005/012005/022005/032005/042005/052005/062005/072005/082005/092005/102005/112005/12
2004/01│2004/02│2004/03│2004/04│2004/05│2004/06│2004/07│2004/08│2004/092004/102004/112004/12

2004年8月以前は未処理です。 その他のハイライトされていない月は管理人サボリの為記事がありません。



これ以前のレポートはこちら


補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
鉄道系旧コンテンツ
長野電鉄3500系の詳細
JR103系3000番台の詳細
国鉄急行型電車を屋根から分類
リンク
都営バス資料館
ATB MODELS
龍山模型
とんび我楽多堂
バス模型改造記録
ねじふぁくとりーBLOG
とまれみよ
へっぽこ出戻りモデラーのページ
TOMYTEC-ジオコレ
かなちゅうこだわり.com
最新のコメント
トミーテック(ジオコレ)..
by 西工58MC at 22:40
仙台市営の「所属営業所を..
by カリスマ車掌R’ at 23:53
昨日、トミーテック(ジオ..
by 西工58MC at 10:23
本日ジオコレホームページ..
by 西工58MC at 22:59
新製品がジオコレホームペ..
by 西工58MC at 20:59
もう2点 全国バスコレ ..
by 西工58MC at 18:00
本日商品が届きましたので..
by 西工58MC at 17:57
先日詳細がでましたが、都..
by U-HU2MMAA at 15:28
24弾のラインナップが発..
by 3501F at 15:34
検索
ABOUT

無駄こそ人生、失敗の中にこそ醍醐味が隠されている~が信条らしい。能書きが多い典型的な駄目理系である故、このブログを快適に読むには咀嚼力が必須です。模型工作を楽しむ方には適しているかも知れません。
ご挨拶/メール/ガイドラインなど
トップ | ログイン




skin : SYMPLE ONELINE
by Mr.T 2014



Copyright(C) 2002-2018 MrT All rights reserved.